ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 17日

石狩金沢

e0235910_139195.jpg

「石狩金沢」は、母の故郷で。

私がうんと幼かった頃、母が祖父母やら兄弟やらとかわす会話の中で登場する地名だった。

いしかりかなざわ。

幼き日の自分に、その町は遠く、とても遠く。
そこがどんな町なのかは、想像することもできなかった。

e0235910_1311383.jpg

先日、当別に写真展を見に行った帰り道で、駅舎に書かれた地名を見て
「いしかりかなざわ」と、母の声が頭のどこかしらから響いてきた。

車から降りて、駅舎を撮った。
ちいさな、小さな駅舎を撮った。

e0235910_13134669.jpg

遠い町、の「石狩金沢」は
案外近かった。


近くて、でもやっぱり
記憶の中の「いしかりかなざわ」は
はるかに遠いものだった。

e0235910_13153766.jpg


e0235910_13345234.jpg

(※平成23年5月22日撮影)

by Okamekikurin | 2011-06-17 23:55 | シャシン | Comments(5)
Commented by ぴこぴ at 2011-06-18 17:04 x
今なら何処へ行くにも割と簡単に行ける時代だけど
子供の頃って足元だけが身近で 一歩先は遠い世界に思えました。
その一歩を踏むと案外近いということがわかる。
冒険はそんな感じでした。
親の故郷は 話し言葉の端々を繋ぎ合せるように想像し 何もかもを輝かせて記憶にとどめ 愛すればこそ更に強い憬れを抱き時に夢に見たりして・・・。
心の中の懐かしい風景は 創りあげた分切なかったりしますね。
Commented by Okamekikurin at 2011-06-18 21:37

★ぴこぴさん★
幼い頃にはとても長く感じた道路、大きく見えた建物、、、大人になってから訪れてみると「あれ?こんなに細い道路だったんだ」とか「小さな建物だったのね」と思うことがあったりしますよねぇ。

子供時代の探検、冒険は神秘的で謎だらけでドキドキワクワクでした。
そういう時間をいつしか人はどこかに置いてきてしまう。大人になるためには仕方がないのかなぁ。

何かと不自由だったあの時代の方が、空想力はあったかもですネ(^^)
Commented by 通りすがり at 2011-06-19 12:28 x
 通りすがりの者です。たまたま寄り道しました。力作ですね。
Commented by 通りすがり at 2011-06-19 13:21 x
 コメント入れる場所を間違えました。上のコメントはカナディアンワールドへのコメントです。失礼。
Commented by Okamekikurin at 2011-06-20 00:10

★通りすがりさん★
通りすがりさん、有難うございます。カナディアンワールド、かつてのにぎわいこそありませんけれども、美しい場所だなと改めて今回撮りながら思いました。
人の有無にかかわらず、緑や花々は活き活きとしているものですしね。6月は本当に良い季節です。ナデシコ、ジャーマンアイリス、ベニシタン、etc...身近でも色んなお花が見られますものね(^^)v


<< そらいろ      緑満喫♪@アルテピアッツァ >>