2011年 07月 03日

彼らのキモチ

e0235910_828159.jpg

こーゆー世界のお話を、聴きたいっ!(はぁと♪)
こーゆーイベントになら、絶対足を運びたいっっ!!

...と、思われる方たちが世の中にどれくらいいるものか。
私はトンと知りませんが。

今宵も天然ウララに素敵オーラを放たれる乱子ちゃんにお誘いをいただき。
らったったと出かけてゆきました札幌は円山動物園へ。
6月26日のことでございます。

e0235910_8281290.jpg

e0235910_8282034.jpg

そなたとこなたの違いがどーであれ
ひっくるめて「いやっ!」「苦手っっ!!!」「怖いっ!」「キモいっ!」
...と、ここで思われたアナタさまは。

これ以下の画像はどうかご覧になりませぬように。

これ以下、
これでもかこれでもかこれでもか、と、出てきます。

こんなそんなあんなお方たちばかり、が。

e0235910_8282968.jpg

『美しき は虫類・両生類の世界へ ようこそ』
書いてて、改めて思うワ。

...マニヤックだな(苦笑

e0235910_8283774.jpg

e0235910_8284632.jpg

e0235910_8285957.jpg

e0235910_829823.jpg

e0235910_8291769.jpg

さぁ、それぞれのヘビの名前を答えましょう。
(※出題は徳田龍弘氏より)

クイズ全問正解のあなたには。
ヘビ1年分進呈しちゃいたいと、個人的には、ええ。
思います。


e0235910_8292874.jpg

円山動物園のカリスマ飼育員、本田さま。
今日も嬉しそうに語ってくださいます。

は虫類・両生類館がオープンして、ますますそのカリスマオーラは虹色七色パッションカラー。

e0235910_8294148.jpg

講師陣との楽しい質疑応答。
ムツカシイ話もやわらかい話も、なんでも来いの皆さま。

「好きな女性のタイプは、ヘビ系ですかトカゲ系ですか」
...訊いてみたかった。


e0235910_8295878.jpg

乱子ちゃんとアタシがウフフアハハと萌えている背後で、
ヲタク夫は何を思っていたのだろう。

...ま、さっきの熱いセミナーでしっかりと舟漕いでいたヲタク夫は
ある意味「フツーの世界のヒト」なのだ。

責めるまい。
責めるまい。

e0235910_8301491.jpg

e0235910_8303144.jpg

は虫類は、可愛い。
何故かそう表現するのは女性の方が多い気がする。

なんでだ。

e0235910_8304340.jpg

フシギなお口。


e0235910_8305421.jpg

流し目。


e0235910_831528.jpg

ま正面。


e0235910_8312321.jpg

鼻の孔。


e0235910_8313651.jpg

哲学系。


e0235910_8315029.jpg

主張系。


e0235910_832232.jpg

ブルーブルーブルー。


e0235910_8321582.jpg

ぽっち。


e0235910_8322875.jpg

打たせ湯。


e0235910_8323964.jpg

ウニ。


e0235910_8325257.jpg

おちこむでない。


e0235910_83369.jpg

ベジタリアン。


e0235910_8332686.jpg

ベジタリアンズ。


e0235910_8333718.jpg

ホラー映画でよくあるシーン。


e0235910_8334940.jpg

そうくるか。


e0235910_834488.jpg

いい顔だなぁ。


e0235910_8341750.jpg

脱皮後の使用済み皮。お目目つき。


e0235910_8342986.jpg

脱いだお方は見事なお色。


e0235910_8344145.jpg

もはや、アートとしか。


e0235910_8345054.jpg

連れて帰りたい。


e0235910_835082.jpg

どんなプレイでその汗を(違w


e0235910_8351670.jpg

シヤワセ。


e0235910_835267.jpg

どれ、オジ蛙に悩みを話してごらん。


e0235910_8353777.jpg

は虫類・両生類館にお邪魔してしみじみ思ったのは、緑がいきいきしているということ。
緑が元気だということは、そこで暮らす『彼ら』もまた幸せなのだろうなぁ。

以前のは虫類館の、あのレトロ感満載テイストも捨てがたいのだが
新しいは虫類館になって、見学するヒトビトの食いつき、反応がまるで違うことに驚く。

この日、動物園のゲートをくぐるやいなや、後ろから駆けてきた男の子が
「は虫類館へ行こう!!」と叫んでいた。

ワクワク空間を造り、維持し、さらなる環境づくりに励む大人たちは大変だけれども。
その大変さもまた、本田飼育員さんは楽しんでいるように、見える。
どう見ても、そう見える(笑)

e0235910_8355261.jpg

こういう貴重なシーンも見せてくれるし。


e0235910_836336.jpg

6月26日に、頭だけちょこんと見えていたオオワシのお子様。


e0235910_8361354.jpg

パパとママ。


そして、その1週間後の7月3日に。
わずか小一時間ほどだったけれど再び動物園にお邪魔してみたら、ちゃんと外に出てた!

e0235910_8362397.jpg

右側が母親鳥。
もう外見の大きさは同じなんだねー。


e0235910_8363467.jpg

元気に育ってね~。

by Okamekikurin | 2011-07-03 23:55 | イベント | Comments(12)
Commented by HIRO.Y at 2011-07-05 11:22 x
人生初はちうるいは、確か幼稚園の時に畑で紐みたいなの引っ張ったら青大将だったってことで、三つ子の魂百までじゃないけど、いまだにはちうるい楽器を毎日愛でています。
Commented by 乱子 at 2011-07-05 15:43 x
先日はありがとうございました!

ほんと、本田さんうれしそう。
おっしゃるとおり、多忙であればあるほどカリスマパワーアップしてそう・・・。
Commented by Okamekikurin at 2011-07-05 22:35

★HIRO.Yさん★
あ、『ヘビ楽器』は私も仲間でございます(^^♪
スネイクさん、HIROさんのお住まいエリアならば、今もフツーに生息しているのではないでしょうか??管内あちこちで写真を撮っているときなども、結構多い頻度で遭遇しますよね~。
あの長い身体でも俊敏な動きをするので驚きます。

ヘビとお散歩、とか出来たらいいなとホンキで思うのですが、周りの皆様がドン引きでしょうか(笑
Commented by Okamekikurin at 2011-07-05 22:36

★乱子ちゃん★
あっっという間でしたねぇ~、あの日は。
もっともっと時間が欲しかった。
撮る時間、喋る時間、眺める時間。
全てにおいて、足りなかった~~~!

3日は午前中にホンットにちらっとだけ寄るチャンスがあったのですが。何せ日曜午前ということもあり、家族連れがどっと押し寄せていました。は虫類館も案の定、落ち着いて写真を撮れるような状況ではなく...やはり平日ですねぇ...夏休み以外の。
カリスマ飼育員さまもウキウキとお忙しそうでしたよ~。
Commented by ぴこぴ at 2011-07-06 02:39 x
kikurin様のおかげで はちゅーるいの写真は平気になりましたw
次のステップは『なま』に耐えられる事ですw
どう?
だいぶ新化したでしょ?ワタシ(≧∇≦)
Commented by Okamekikurin at 2011-07-06 07:40

★ぴこぴさん★
進化したぴこぴサマ、すばらしゅーございまつ(^o^)
ナマに「耐え」られたら、次は「かわゆい♪」へのステップです(え?要らないって??笑)
はちゅうるいな仲間たち。結構お茶目な顏だと思うんですけれどねぇ~。
ヘビだって、襟巻だと思って巻いてしまえば親近感わきますよぉ~(ホントかぃ)

マムシだけは、要注意ですねマヂメな話。
野山でヘビに遭遇して、五円玉様の模様が見えたら警戒避難ですっ。
Commented by ぴこぴ at 2011-07-06 11:38 x
エッ・・・(゚口゚;)・・・・・リマキ。。。
Commented by at 2011-07-06 17:13 x
哲学系に一票!第四問は、マムシかな?
Commented by ひだまり at 2011-07-06 20:55 x
もうここらで勘弁してください・・・!(ToT)/~~~
初めて、まともに記事が読めませんでした。

ダメです。
超苦手分野です・・・(@_@;)
Commented by Okamekikurin at 2011-07-06 22:51

★ぴこぴさん★
ヘビって首に巻くとなかなかヒンヤリしていて夏にはおススメです(ホントよw)
Commented by Okamekikurin at 2011-07-06 22:52

★寅さん★
哲学ケロ君、お目目がよさげでしょぉ♪
そう、第4問は5円玉様柄が要注意!の、マムシです。
マムシ酒にしたら高く売れるけど...いやいや、それは色々問題ありなのだそうです(^_^;)
マムシだけは、マヂ要注意!ですね。
Commented by Okamekikurin at 2011-07-06 22:53

★ひだまり(@゜▽゜@)chan★
あちゃー。苦手でいらっしゃいましたかぁ。
お口直しにキリンさんベイベでお許しを~~~。

そうそう、この講演会でもカリスマ飼育員本田氏が語っておられました。
「たとえば、シマウマが「ものすごくキライ」という人はあまりいないでしょう。逆に、シマウマを「ものすごく好き」という人もあまりいないでしょう。でも、は虫類は、ハッキリ分かれるんですね。「命かけてキライ」あるいは、「命かけて好き」という風に。」
まぁこれはたとえ話ですけれど、なるほどそういう傾向はあるかもしれませんよねぇ。
そういえば我が家のヨウムもどちらかというと、は虫類系の顔だもんなぁ...(^_^;)


<< あたらしい命      『北のテンペ』 >>