2011年 07月 16日

桜井邸

e0235910_230041.jpg

e0235910_2301157.jpg

e0235910_2302346.jpg

e0235910_2303571.jpg

e0235910_2305162.jpg

e0235910_231573.jpg

『美唄市立公民館 桜井邸 分館』
(※パンフレットより転載)

【桜井邸のご案内】
桜井邸は昭和58年、桜井家のご遺族から寄贈を受け、公民館分館として開館しています。
当主でありました桜井良三氏は、美唄開拓の先駆者のひとりとして、明治24年6月17日屯田兵屋番号7番に入植致しました。以後、農場経営にあたる一方、公職を歴任、美唄町長(2代目、3代目)として自治行政を担当致しました。
ご子息省吾氏も町長・市長(7代目町長、初代、2代目、3代目市長)を歴任、商工・経済団体等の指導・育成にもあたられました。
美唄と縁の深い桜井家の人々が暮らしたこの建物は、屯田兵として入植した当時の7番兵屋に増築して完成されたもので、外観、内装すべてが和風様式なのに、小屋組に洋風のトラス構造が用いられている極めて特殊な建物で、大正時代の北海道建築物の中でも貴重な例として評価されています。
また、生活・文化・文書関係資料等2千数百点に及ぶ寄贈も同時に受け、当館と郷土資料館に保存・展示しています。
「資料展示」と表示してある場所には郷土資料館所蔵資料のうち農機具や生活器具等、およそ400点も収蔵・陳列してあります。建物とあわせてご覧ください。


★入館無料
★開館日・時間
 5月1日から10月31日までの 日曜日・水曜日
 10時から15時まで


e0235910_2353910.jpg

e0235910_2355186.jpg

e0235910_236591.jpg

e0235910_2361745.jpg

e0235910_2362845.jpg

e0235910_2364018.jpg

e0235910_2365121.jpg

e0235910_237583.jpg

e0235910_23165879.jpg

e0235910_2372123.jpg

e0235910_2373626.jpg

e0235910_2374930.jpg

e0235910_238187.jpg

e0235910_2381473.jpg

e0235910_2382545.jpg

e0235910_2383692.jpg

e0235910_2385312.jpg

e0235910_2395100.jpg

e0235910_2391732.jpg

e0235910_2393259.jpg

e0235910_2394646.jpg

e0235910_2310092.jpg

e0235910_23101182.jpg

e0235910_23102694.jpg

e0235910_23103911.jpg

e0235910_23105149.jpg


by Okamekikurin | 2011-07-16 00:00 | シャシン | Comments(8)
Commented by michiko at 2011-07-16 04:42 x
寝ぼけ眼だけど建物好きとしては眼が❤
モノクロのフォトからはチョンマゲが出てきそうだね。
音楽が好きだったのねとか、巨大な金庫にお宝を入れたのかしらんとか
妄想はふくらみますナ。
なんといっても読めないけど(ヲイ!)書がスンバラシイ♪

厳寒な蝦夷でご先祖様たちは窓ガラス1枚!
さぞ寒かったでしょうね~
今朝も7月というのに寒くて目覚めました。
週末はまた雨ですにゃ
Commented by Okamekikurin at 2011-07-16 08:01

★michikoさん★
今朝も空気がひんやりとしていますねぇ~。
暑くて食欲減退なんて、いつの話ぢゃ~~って感じです(苦笑)

建物って「人の想い」がどれだけ詰まっているのだろう...と、この邸宅の廊下から外を見ているときにふと思いました。
さりげなく掛けられている帽子もご本人の使用されていたものだといいます。
何かが聴こえるわけもないのに、思わず耳をすましてしまいたくなる。
フシギなひとときでした。

美唄が昔、沼貝村、という地名だったことをこのたび初めて知りました。
Commented by chopper at 2011-07-16 17:46 x
あらま、すごい建物ですね。風格があってすばらしいです。
人形とかが、ちょっと怖い気もするけどw
Commented by ひだまり at 2011-07-16 21:22 x
大正浪漫でしょうか。

ついついこういう場所に行くと、その時代を感じようとする自分がいます。
古い集合写真も、いいですねぇ。
近くて遠い歴史があります。

好きだなぁ~。こういうとこ。
Commented by Okamekikurin at 2011-07-16 21:53

★chopperさん★
美唄ですから、機会があったらchopperさんも是非行かれてみてくださいませ~。chopperさんならば私よりも何倍も何十倍も素晴らしいお写真が撮れるはず!(それにしても立坑と花火のコラボ写真はすごい!思わず「おぉおっっ!」と声が出ましたワ(笑))

人形の置かれている場所は結構薄暗かったですからねぇ。あの場で夜ひとりで向き合いたくはないかも(^_^;)人形が動き出しそうな気がします。
以前は庭ももっと鬱蒼と栗の木が茂っていたのだそうです。切り倒した、とのことですが、何だかもったいない気がしますね~。栗拾いしたかったなぁ。
Commented by Okamekikurin at 2011-07-16 21:54

★ひだまり(@゜▽゜@)chan★
建物も味わい深いのですが、実はここを長年独りで管理している女性がいらっしゃるのです。このお方が、建物と同じくらいに雰囲気のあるお方なのですよ~。
市職員という事のようですが、以前は平日はフルタイムだったとおっしゃっていましたから、現在の水・日のみ開館というのは嘱託になったのかな、と何となく思ってみたり。開館した昭和59年からずっと独りでこの建物に詰めているのだそうです。「自宅にいるより落ち着くんです。」と慎ましやかに微笑んでいましたが、この広いお屋敷に独りかぁ...コワくないのかしら、とか考えちゃいました(^_^;)

ひだまりさんのバッグ、お疲れさまでしたね~。
買われた時の記事を覚えているのですが、うーん...早かったですね...背負うものの多さを、改めて感じましたよ。いやほんとに、バッグもひだまりさんもお疲れさま!ですよ~。
Commented by kitanohide at 2011-07-17 07:09 x
お早う御座います.いつもながら貴方の行動力には
驚かされます 美唄にこの様なすばらしい物が実存
しているのを初めて知りました。一度行って見たいです。
Commented by Okamekikurin at 2011-07-17 08:50

★kitanohideさん★
雨続きですけれど、畑は大丈夫でしょうか...毎日気にかかっております。
いえいえ「行動力」といったらkitanohideさんの右に出る人はいませんよぉ~!
断言しちゃいますっ!!!(^O^)

桜井邸は、美唄在住の友人に教えてもらったのですが、国道沿いなのに意外と目に留まらないのですよねぇ。木が手前にあるからかもしれません。
そこだけ時間の流れが止まっているような、とても味わい深い空間です。
ああいう場で写真展開催とかも粋なのでは、と、ふと思いました。
ちなみに自分は一度でいいからあの畳の間で二胡を弾いてみたいで~す(^^)/


<< 雨つづき      そんな時期 >>