2011年 09月 22日

コンデジはやめられない

デジタル一眼レフカメラを使い始めたのは、ブログ開設からかなり後になってからのことで。

いまだ、その素晴らしい機能の数々の、一部しか使えていないのだが
そうこうしているうちにどんどん新商品は登場するわ機能はさらに向上するわで。
一体全体、デジタル製品ってどこまで進化するのでしょうね。

まぁそんな“ナンチャッテ一眼ユーザー”の自分ではあるわけですが、
それでもほんの少しは「一眼レフらしい」写真を撮れるようになってきたかもしれません。

e0235910_0145741.jpg

だからといって、コンデジが不要になるのかというと、そんなことは全然なくて。

コンデジにはコンデジの便利さが、やっぱりあるわけですね。

e0235910_0161448.jpg

例えばこういう、街ナカで「あ!」と感じるシーンに出逢ったときは。
おもむろにデジイチを取り出すということは、なかなかできません。
(というか、通常はデジイチを持っては歩かないですね)

例えば、虫さんやお花のマクロ撮影などには、デジイチを使っているのですが。
街へのお出かけバッグの中に同行してもらうのは、やっぱりコンデジ。

e0235910_0201030.jpg

悪いことに使うわけでは決してないけれど、シャッター音を出したくないシーンでも
コンデジが役立つ。

e0235910_0213470.jpg

最近はケータイカメラの機能や画素数も、コンデジに引けを取らないくらい充実しているから。
ケータイカメラがあればコンデジは要らないのでは?というお声も多い。

しかし、自分はケータイカメラがからきしダメだ。

便利な機能が、コンデジのそれと同じくらい搭載されている、らしいのだが。
画質も同様、むしろコンデジを上回るほど、らしいのだが。

e0235910_023437.jpg

自分のケータイはスリムサイズすぎて、シャッターが押しづらいのなんのって。
ここはやっぱ、結構肝心な、譲れない箇所だと思うのよね。

e0235910_0251953.jpg

現在使用しているコンデジも、いわゆるポケットサイズのもので。
夫いわくはこれも「小さすぎて使いづらい」と。

つまり、小さければ良いというものではないのだろう。
使いやすさ、を考えたならば、小さすぎるのは不可ということ。

だから、今よりコンパクトなものが仮に出たとしても、自分は買わないだろう。

e0235910_0282999.jpg

...というか、
一台のコンデジを買って大満足していた頃が、ある意味シヤワセだったのか??


レンズがこんなにも高いなんてことを、知らなかった時代の方が。
レンズが何個でも欲しくなるものだなんて、知らなかった時代の方が。


e0235910_0364935.jpg


もどれないー。

知ってしまったら

もどれないーーーーー。
・°・(ノД`)・°・

by Okamekikurin | 2011-09-22 23:55 | シャシン | Comments(9)
Commented by ゆんぐ at 2011-09-23 14:54 x
あい。知ってしまったら、もう戻れなーい戻れない♪
知らない頃には戻れないっと。
いわゆる泥沼化している状態っすかね。(-_-;)
いくら世界最少を売りにした一眼でもさすがに持ち歩くのは、ちょっとシンドイですね。
お散歩用コンデジの良さ、私も実感していますヨ。

下の2枚の写真の日、空が萌えるような夕陽でしたね。
私も思わず部屋の窓から撮ってしまいました。
イマイチ樹kikurinちゃまのように絵になるモノではありませんが日記として私も後でUPしまっせー。

Commented by ゆんぐ at 2011-09-23 14:56 x
あっ、失礼しました。
燃えるような夕陽のまちがいですたw。
Commented by おさむ at 2011-09-23 19:59 x
確かにレンズはあれもこれも欲しくなりますよねぇ~(*^_^*)
フィルム時代は単焦点ばかりで、ズームは邪道だと思ってました。
でも、デジイチ(D40)にしてからはWズーム、いまのD7000は18-200とTAMRONの90マクロです。

コンデジを初めて買ったときは当時最高の100万画素でした。
技術の進歩は日進月歩ですから、『欲しい時が買い時』だと思わないと。
あっ、先日お散歩カメラが欲しくてCX4ポチッとしちゃいましたぁ(笑)
Commented by ぐんそー at 2011-09-23 22:18 x
冷麦美味しかったですよ~。
昨日はお酒を呑まれたのですか?

撮られたお写真を拝見いたしますと
1眼ではなかなかこうはいかないですよね。
この2年間一眼を肌身離さないようにしていましたが
手軽にチャンスに向き合えるのはいいかも。
いや、菊りんさんの腕のよさなんでしょうね。
Commented by Okamekikurin at 2011-09-24 00:35

★ゆんぐさん★
世間はどうやら連休なのですねぇ~。
ゆんぐちゃんも三連休なのかな???
あまりにも一気に風が冷たくて、いきなり冬仕様のインナー装着の巻ですわ(笑)

ゆんぐちゃんのカメラよりもさらに軽量&コンパクトバディの、PENTAXミラーレス、この間某Yのつくカメラ屋さんで穴が空くほど見て触りまくってきやした(笑笑)スタッフさんから色々と説明もお聞きして、「なぁるほどなぁ~」と、その進化した機能あれこれと、デメリットの話なんかも教えてもらいました。それにしてもホント、ちっちゃいです。保定のしやすさで考えると、せめてゆんぐちゃんのカメラくらいの重量感がほしいです...個人的には、ネ(笑)

赤い空の画像2枚は、それぞれ別な日に撮ったんですワ。
一番下のが、ゆんぐちゃんも撮られていた、あの燃えるような一面まっかっかの日です。
二胡教室の日で、ちょうど列車の中だったんですよ~、まるで血の海のようだ、と思いながら車窓からの信じがたい色にざわざわと心が不安になりました。
去年も同じように赤い日があったけど、今年の方が強烈だったなー。

Commented by Okamekikurin at 2011-09-24 00:38

★おさむさん★
デジカメもここまで来ると画素数が決め手にはならないな、と思うけれど、それにしてもどんどんものすごい速さで画素数も増えましたよねぇ。
そうそう、私がデジカメを手にした頃も、そうだったのです、30万画素(笑)
個人で購入した第一機目は150万画素のファインピクスでした。A4サイズに出力すると輪郭がギザってたっけなぁ(懐)

私が今一番欲しいレンズは円形魚眼でして、先日もカメラ屋さんの店頭で涙目になってましたよぉ。

ニコンのミラーレスも登場したし、あれもきっとカメラ女子に大人気になるのだろうなぁ...
そろそろ自分もカメラ新調したいです...へそくり73円くらいしかないですが(涙)
おさむさんがポチ♪♪された機種も、すごく人気ありますよねぇ。
画像お披露目、楽しみにお待ちしてますよぉぉー。



Commented by Okamekikurin at 2011-09-24 00:40

★ぐんそーさん★
まさに「秋の夜長」な時期になってきましたねぇ~。
昨夜も今夜も、自家製ハスカップ酒(峰延のハスカップ狩りで摘んできた実です)をチビリチビリやっております(^^♪
酒の肴は、ヨーグルトです。はははっ。

ずっとデジイチお持ちでお出かけなのですか~。いや、ぐんそーさんのお写真を拝見していると、「こりゃあまさに、カメラと一心同体状態だよなぁ」と心の底から思いましたよ。
エナガ(だと思うのですが)の足が、木の枝からちょこっとずれてる写真ありますよね?あれなんかはもう、いったいどういう瞬間にこうなれるのだろう???と、不思議で仕方ありません(^_^;)
いつか是非、解説をお願いいたしますっっっ。

Commented by N@北方支部 at 2011-09-24 20:53 x
Kikurinさん、ごぶさたしてます。

沼はいたるところにあります。
F支部長はドッブリとレンズ沼とカメラ沼にはまっています。
なんと先日ツイニふるさいずな5Dを...
パノラマはフトコロには優しくなさそうです。
(僕は他の沼にはまっているので、カメラまでは手が回らなくて救われています)

頑張って息ができる程度にハマッテください。
シヤワセになれます。
Commented by Okamekikurin at 2011-09-25 07:27

★N@北方支部さん★
ご無沙汰でございます~。
今年のクサクサイベント見送りは、心の底から残念でございました。ヲタク夫もなんとかかんとか生還したのですが、その後の仕事がこれまたちと地獄のようで...早朝出勤&深夜帰宅の日々。おかげで私は夫が居てもほぼ独身生活続行中の有様です(苦笑)

な、な、ななななんですとーーーーーーっ!!!!
おトしゃんさん、フルサイズ買われたんですかぁ~~~~。
ぐー。
ひー。
ふぅー。
ハァハァハァ。

.....いやいや、いや。
おトしゃんさんと自分は、もともと住む世界が違いすぎるのです。
ヒトとしても、それと何より、オサイフの世界も(笑)
次なる宴会密会総会集会チャンスがありましたらこれは是非とも頬摺りさせてもらわねば、です!あ、おトしゃんさんにではなくて、フルサイズセンサーのカメラに、ですよ(^_^;)
秘境先生とおトしゃんさんのパノラマコンビブログも楽しいですよネ。
N@北方支部さまは音の世界のプロフェッショナルでいらっしゃるし。
皆さん、愛する世界をしかとお持ちで羨ましいかぎりです~!


<< 葡萄畑の秋を満喫      土に還るいのち >>