2011年 09月 30日

カタツムリの気持ち

e0235910_844685.jpg

カタツムリは、何を想いながら生きているのかな。

走ることを、
その機能を身体にもたない彼らは
たやすく襲われ踏みつけられ、

だけどそんな我が身を恨むことはないのかな。

e0235910_8462395.jpg

久しぶりに
不登校時代の夢を見た。

珈琲屋勤務時代の夢は、頻繁に見る。
特に
ランチタイムのラッシュ時、お客様の昼休み終了時間までに注文の品を出し切れないで
焦りまくる夢が多い。



不登校時代はそれよりさらにさかのぼる。

三十数年...四十年近く前か。

e0235910_8482978.jpg

覚えているものなんだな。そんな昔の事。

日常の中では思い出すことなんてまず滅多にないのに。


記憶っていうのはフシギだ。

e0235910_8491548.jpg

休み時間になると、クラスメート達にからかわれて
笑われる

恐怖感、疎外感、孤独感、

それらの感覚が夢の中で凝縮濃縮状態になって
よみがえってしまった。

e0235910_8535322.jpg

あの頃の私はカタツムリみたいだった。

学校にまつわるもの、人、
全てから離れたくて
カタツムリの殻に閉じこもった。

e0235910_8545240.jpg

だけど
カタツムリは

ゆっくりとでも
進めるものなんだ。

e0235910_8554092.jpg

殻に入ったり出たりしながらでも
進んでいけるものなんだ。

by Okamekikurin | 2011-09-30 09:04 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by HIRO.Y at 2011-09-30 12:25 x
今の私がそんな状態ですね、社会生活から乖離して殻の中でごそごそやっております、いつかまた前進するために
Commented by Okamekikurin at 2011-10-01 01:11

★HIRO.Yさん★
いやいや、HIROさんは充電期間でも十分すぎるほどに密度の濃い時間を過ごされてますよぉ。つくづく、羨ましいです。

あ、改めまして、合格おめでとうございますっ!
新境地開拓、これからますます写真の幅が広がりますねぇ。
...てか、鬼教官はホントは照れ屋さんで、ハートフルなお人だったのではないでしょうか?



<< 『英国女王陛下の近衛軍楽隊』      長月の終わり >>