ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 30日

雪ノ音

e0235910_922277.jpg

e0235910_9301225.jpg

e0235910_9224845.jpg

e0235910_923761.jpg

e0235910_9231869.jpg

e0235910_9232723.jpg

e0235910_9322524.jpg

e0235910_9234373.jpg

e0235910_9241063.jpg

e0235910_9242162.jpg

e0235910_9342795.jpg

e0235910_9243034.jpg

e0235910_9244381.jpg

e0235910_9245319.jpg

e0235910_925348.jpg

e0235910_9251486.jpg

e0235910_9252315.jpg

e0235910_9253574.jpg

e0235910_9254680.jpg

e0235910_925564.jpg

e0235910_926527.jpg

e0235910_9261412.jpg

e0235910_9262418.jpg

(※平成23年11月21日撮影)

Special thanks:GIFさん

by Okamekikurin | 2011-11-30 09:36 | シャシン | Comments(8)
Commented by ぴこぴ at 2011-11-30 11:09 x
雪慣れしていない人には 堪らない白の世界。
足跡の無い雪面を転げまわりたい衝動に駆られるでしょう。
そういう場合「雪ノ音」は聞こえないのかも知れません。
なんとも美しい景色ですが やはりそればっかりじゃないのが現実なんですよね・・
子供の頃聞いたことのある「音」が聞こえてきた気がしました。
Commented by Okamekikurin at 2011-11-30 16:59

★ぴこぴさん★
いよいよ、というか、あっという間に今年も師走になろうとしていますねぇ。
やはりこのあたりは、このまま根雪になってしまいそうです。
ドカ雪も融けてはきたものの、やはり完全に融けるまではいきませんでした。
雪は、美しくて、でも、恐怖でもあります。
抗えないこと、それだけは分かってますからねぇ...

雪の音もしかりで。
温かいときもあれば、残酷なまでに耳の奥深くに響いてくることもあります。
穏やかな冬であってほしいです。
しんどかった1年のしめくくりがせめて、少しでもね。

Commented by saba at 2011-12-01 09:10 x
並べられた写真にドラマとセンスを感じます。
雪降る日の撮影もいいですね。
カメラを構える人の姿って撮りたくなりますよね。ふふー。

来月がもう来年なんだって!信じない!!
Commented by ぐんそー at 2011-12-01 18:52 x
写真ごとに音が聞こえてくるようです。
素晴らしい。写真に気持ちを乗せれるのは特技ですよ。
自分的には「静寂の音」が聞こえる風の無い時が
一番スキです。
Commented by Okamekikurin at 2011-12-01 23:28

★sabaさん★
アルテピアッツァは本当に、どの季節のどんなお天気の日に訪れても絵になりますよねぇ。今年はsabaさんとも撮影ご一緒させていただけたし(あの時は緑が元気な季節でしたよね。時の経つのは早いなぁ...)、何度お邪魔したかなぁ、アルテには。

来年もまた、チャンスがあったらご一緒しましょう!
...カメラ持っていきます?それとも三線&二胡???(*^-^)

Commented by 眼志 at 2011-12-01 23:29 x
やっぱりアルテは年中いかないとダメですよね
季節ごとに違う雰囲気だもの

Kikurinの後だけど私も行って来たよ
何故だか23日と26日の2度です(^^)

23日に行った時、「ヤマに在り ヤマへ還る」の作者萩原さんと1時間ほど話をして
作品の中に有った三井三池炭鉱の竪坑櫓が、解体後に三井芦別鉱業所で再利用されていた話とかを面白い話を伺ったり
撮影背景などを聞かせていただき
26日に時間に余裕が出来たので再度行って
さらに突っ込んだ話とかも聞かせていただきましたよ♪

その後は二日ともcafe arteで珈琲とオレンジタルトね(^^)

ライトアップした野外彫刻を写しそこねちゃたは残念だったけど
今年は札幌中心部でやっていた安田さんの野外展のおかげで
冬囲いが遅かった分、雪の中に佇む彫刻が観られたのでラッキーでした
いつもならとっくにブルーシートに覆われちゃってるからね
Commented by Okamekikurin at 2011-12-01 23:30

★ぐんそーさん★
ぐんそー大先生に、そのやぅなお言葉をいただけるなんて...パソコンの前で大汗かいてしまいますよぉ~~~(;´▽`A``
アルテピアッツァという場所、どの季節にどなたが撮ってもドラマティックになるような気がします。なかなかそういう味わいのある場所っていうのも、ありそうでないような。ですから、貴重な空間だなぁと思うのです。

青空の日は勿論綺麗な画像になるけれど、雪もまたイイものですね。
というか、この日はかなりの吹雪だったんですけれどもネ(^_^;)
この少し後、今度は雨の日に訪れたのです...その日もモノトーンな感じで個人的にはハマる景観でしたよぉ。
『ぐんそーさんのアルテピアッツァ』も是非に拝見したいと。強く希望いたしますっ!!!

Commented by Okamekikurin at 2011-12-01 23:39

★眼志さん★
え~~~っ!!!そうだったのですかぁ。なななんと、実は私、この後は27日に行っております(笑)すれ違いだったんだ...残念っ!
ちなみに27日も萩原氏はいらしてましたよ。ご友人(?)と写真見ながら色んなエピソードをお話されていました。
私はカフェでまたしても「ぽこぽこパン」でした(笑)
雨降りだったけれど、モノトーンな景色がココロ落ち着かせる日でした。

今年は眼志師匠のお写真をあまり拝見しておりません~~~。
S師匠さまからも数日前にメイルをいただいていますが...なかなかお目にかかるチャンスがありません...あのマチに通勤しているのにね(^_^;)
S師匠さま、ミラーレスのカメラ買われたそうで...S社の.....羨ましいなぁ~~。



<< 国境と時代を超えて      そして私は途方に暮れる >>