2011年 12月 03日

あの家

e0235910_3263453.jpg


12月1日(木)の北海道新聞朝刊に、こんな記事が載っていましたね...

(※以下、新聞記事より転載させていただきます)

============

~倒壊危険空き家 放置許さない~ 『滝川市、条例制定へ』
持ち主が放置した空き家が老朽化し、周囲に危険を及ぼす老朽危険家屋が道内で増加する中、滝川市は所有者に家屋の適正管理を求める勧告や命令を行い、従わない場合は氏名公表や撤去などの行政代執行を行うことなどを盛り込んだ条例案を、12日開会の定例市議会に提案する。道建設部は空き家のみを対象にした条例は「道内で聞いたことがない」という。

老朽危険家屋は過疎化の進行とともに各地で増え、景観や治安の悪化にもつながるとして問題化している。同市には倒壊などの危険がある住宅が現在16軒あり、経済的理由で所有者が管理を放棄している建物もある。

条例案では、所有者が適正な管理を行う責務を明文化。市民の情報提供に基づき家屋の立ち入り調査を行うことも盛り込んだ。施行は来年4月の予定。
建築基準法でも所有者への命令や行政代執行を行うことができるが、「適用するための時間がかかる」(同市)といい、条例制定により、「市の判断で素早い対応ができ、放置を防ぐ効果も期待できる」としている。


============



市内に16軒、かぁ...
やっぱり、ご近所の“あの家”も。該当しているのだろうなぁ...

e0235910_326120.jpg


「この冬、もつのだろうか」
...って、毎年ついつい拙ブログに書いてるわけで。

ところがどっこい、心配をよそに、毎年ちゃんと春を迎えているこの家屋。

いや、ここの持ち主さんはなかなかこまめにメンテ(?)されているんですよ。
この状態であっても、ね。
今回の冬到来にあたっても、実は地味に手をかけています。
廃屋にしか傍目にはうつらなくても。
持ち主さんにとっては大切な思い出の詰まった場所なのでしょうね...


e0235910_3312795.jpg

12月1日、昼間の月。

by Okamekikurin | 2011-12-03 03:35 | ニュース | Comments(4)
Commented by necojiji at 2011-12-03 08:32 x
まさにここですね
屋根の穴開いたほうはネットがかけてありしっかり?補修?してます
この家なかに植物がジャングルのように生えていたりもしてます(笑)
Commented by michiko at 2011-12-03 09:23 x
おはようさまです。
確かに危険なのでしょうが・・私のような年代だと
思い出もあって懐かしい景観なんですよね。
ちゃんとお商売してたころの記憶もありますよん。
こまめにメンテされてる持ち主にしてみれば・・と
複雑な思いがします。
今年も家の中の植物、ウォッチングしてました。
Commented by Okamekikurin at 2011-12-03 22:23

★necojijiさん★
はっぴぃばぁすでぃnecojijiさんっ(^^)/(^^)/(^^)/
なんかすごい吹雪になってきましたねー。積もりそうだワ...

白◆商店さん、と、その両隣、緩やかに朽ち度が進んでいるけれど、ハラハラ感がまたたまりません。家の中に生えている緑が、ナニゲにすごい勢いだなと表から眺めて思いますよ。ジャックと豆の木みたいに天まで届きそう(笑)

ひたすらお一人で、補修工事(?)してますよねぇ...あのオジサンの、屋根の雪下ろしのシーンはちとコワいです。

Commented by Okamekikurin at 2011-12-03 22:24

★michikoさん★
あの建物ってその昔はかなり立派な造りでそこに在ったのだろうな、と思うのです。
何とか残せないものなのかな、と思うけれど、まぁ確かに危険であることは否めないですよねぇ...。

今夜は市内のホテルで東京ロマンチカのディナーショーでした。母の代打で、行ってまいりましたよ。それこそまさに、「昭和」がムンムンで。懐かしくも熱いひとときでした。
御一行さま、終了後はそのまま札幌に移動するのかな、と思っていたら、今晩もう一泊されるのだそうです(昨日T川入りされていました)...この吹雪の中、明日の移動の方が大変そうですよネ...(^_^;)



<< クリスマスは下着から      妙な空 >>