ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 20日

夫の不満に妻不安

1月18日のエキサイトニュースに出ていた
『夫が妻に抱えている不満3つ』
という記事を読んで、「うぉおおおっ!もしかすると全部当てはまっている気が...」と、
ナニゲに不安になりました(汗)

以下、エキサイトニュースからの転載です。
...もしや、読まれた貴女も不安に思ったりされました??
...もしや、読まれた貴男も「同感!」とおっしゃっていたり???


e0235910_234624100.jpg


===============

よく「結婚は我慢だ」と言われますが、何年も一緒に生活していると、どうしても相手に不満は出てくるものですよね。しかし、不満がピークに達すると離婚に発展してしまうなんてことも……。

不満は、たまりすぎて爆発する前に対処することが大事です。そこで今回は、夫が妻に対して、結婚生活で不満に思っていることを3つご紹介します。

旦那さんがどんな不満を持っているかを把握して、最悪の事態を避けましょう!



■1:料理がマズくて不満

「飯マズ問題は深刻だぞ。特に味覚音痴・味覚障害気味の料理は劇マズ以上」

「何年たっても飯マズなのが問題」

「マズいというより作らない」

食べ物の問題は一生ついてまわりますよね。美味しいご飯が食べられると思えば、家に帰るのも楽しみになりますが、マズいご飯をずっと食べるのだと思うと、毎日が憂鬱になってしまうかもしれません。

全く料理を作ってくれないというのも、日常の楽しみのひとつが欠けてしまうわけですから悲しいですよね。夫が、妻を料理上手に矯正できるのが一番なのですが……。

でも“料理をつくるのは妻”と決まっているわけではありません。妻の料理がまずいのなら、夫が自分で作るという選択肢もありますよね。



■2:女を捨てたようなところが不満

「子供が出来てから嫁がオッサンになった」

「女性らしさとか慎ましやかさが無くなると確かに嫌」

子育てにいっぱいいっぱいになると、洋服や化粧に構えなくなるのは想像できますよね。ただ、オッサンになるのはまずいですよね。せめて“オバサン”でキープしておきたいところ。

夫は、妻にいつまでも女でいてほしいのです。子どもができようが、年を取ろうが「女性なのだ」という意識は持ち続けないといけませんね。



■3:結婚後に太ったことが不満

「さすがに3年で20kg増は太り過ぎだろ」

「子供できたら、おばさん体型まっしぐらだからな。うちもお歳暮のハムになったよ。毎晩俺の隣でハムが寝てるんだよ」

「うちの嫁は、10キロ太った」

体重は、増え始めると天井知らず。気づいたら、驚くような数字がヘルスメーターに表示されたりします。結婚後の体重は、10キロ単位で増えてしまうのでしょうか。

女性は、出産で体型は崩れますし、加齢とともに代謝が落ちて太りやすくなるのは仕方のないこと。とは言っても、最近では“美魔女”と呼ばれる女性たちもいますから、加齢を言い訳にして、自分磨きに手を抜くをことは許されないかもしれません。


====================

e0235910_23465057.jpg


「結婚後の体重は、10キロ単位で増えてしまうのでしょうか」
というくだりに、「そのとおりっ!!!」と、ハゲシク頷きました。


そうしていつのまにか、たかが2、3キロの変化では一喜一憂しない自分が出来上がりました。
ヤレヤレ...


e0235910_2347148.jpg



さて。
いきなり話題は変わります。

先日の、新年イッパツ目の二胡教室は風邪で休んでしまいました。
インフルエンザも流行しはじめたようですね。
寒い日が続きます。乾燥対策も含めて、皆さまもくれぐれもお気をつけて。。。


風邪症状も治まってきたので、ひっっっさしぶりにオケ屋練習行ってまいりました。
先月、教室で頂いた楽譜に『氷雨』というのがありました。
ヒットした曲なのに、実はほとんど知らなかったのですが。
何となく楽譜を追っていくうちに分かってきたような。。。

そんなわけで久々の一日だけヨ動画、
「ヒマで暇で~」と思われているお方がいらっしゃいましたらお付き合いくださいませ。
不協和音につき、ボリゥムは控えめで(汗)約1分50秒の辛抱ですっ。

e0235910_21134660.jpg


by Okamekikurin | 2012-01-20 23:53 | ニュース | Comments(10)
Commented at 2012-01-21 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 月光 at 2012-01-21 21:35 x
不満云々より動画に釘づけです(^。^)

エレガントでお洒落ですね!!
いつか生二胡聴かせてください。
Commented by Okamekikurin at 2012-01-21 23:59

★鍵コメさま(^_^;)★
いつも有難うございます~、鍵コメさまっ。
ご存知でしたか、『氷雨』。
ゆーちぅぶで検索すると、結構色んな人が歌っているのですねぇ。

うふふっ。某センセの掲示板、見ましたデスよ。
小樽、粋な企画やっているんですねぇ。
私も参加したい(笑笑笑)...かま栄のかまぼこ買いに行きたい(笑笑笑)
モノトォンな日本海見つめながらかまぼこ食べたいですわ~~。
♪♪ひゅーるりー♪ひゅーるりーららー♪、と、森昌子さんの歌声が聴こえてきそうだな。

...なんか、お正月もあっっっっという間に終わってしまいましたねぇ。
次なるイベントは、チョコ祭りですわ。マイチョコマイチョコwww

Commented by Okamekikurin at 2012-01-21 23:59

★月光さん★
不協和音な1分50秒にお付き合いいただきまして、感謝感謝でございます~~。
昨日はカラオケ屋さんの暖房が冷風しかそよがずに氷雨ならぬ氷室でギコギコでしたが、アパートの我が家では隣家を気にして消音機を装着してしか弾けませんので久々に思いきり音を出せました。キモチE~~♪

ギコが二胡になる日はまだまだ遠いのですが、もうちっとだけ踏ん張ってみます...
せめて楽器代のもとを取るまでは(笑)

Commented by kitanohide at 2012-01-22 06:38 x
お早う御座います.初めて二胡なるものを見ました.
自分の世界が持てるってすばらしいことですね.
二胡で民謡を(江差追分)など聞いてみたいな
かってなおねがい(笑)(^_-)-☆
Commented by インコ母 at 2012-01-22 07:42 x
① 飯マズ。
う~~ん。ウチは食事の文句は言わないですね。
(言わさないが正しいかな?)
② オンナを捨てる。
スッピンでも化粧品代がかからないので 経済的。
なので何も言わない。(化け損なう確率が高い)
③ 結婚後に10kg単位で体重が増える。
さすがにそこまでは増えません。
身長がカワイイので そこまで増えたらダルマさんになります。

でも、、、耳が痛いですねぇ~~(--;

二胡の曲は知っていましたよ。
弾き手が美人なので、じーーっと聴き惚れて(見惚れて)
しまいました(^^)
Commented at 2012-01-22 09:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Okamekikurin at 2012-01-22 23:34

★kitanohideさん★
音楽も写真も、楽しいけれどもこだわり始めるととことん奥が深い世界なのですよねぇ。
二胡に関しては、何も知らずにその世界の扉を開けてしまったのですが、とんでもなく難易度の高い楽器だったということをイヤと言うほど思い知りましたよ(笑)
でも、これも縁だったのだろうし、大変な世界だけれど楽しくもあります。

なるほど...二胡と民謡というのも、これは案外相性が良いものかもしれませんね!
是非、チャンレンジしてみたいと思います。

それにしてもkitanohideさん、写真展が終了後の、鶴撮影にお出かけになるまでのその速さ!!!改めて、驚きましたよぉー(笑笑)

Commented by Okamekikurin at 2012-01-22 23:34

★インコ母さん★
インコ母さんの場合は3つの項目全部当てはまらないですよねぇ。
インコ母さんのダンナさま、しみぢみお幸せなお方だなぁと(笑)

結婚後に太る女性が大勢いらっしゃるなかで、インコ母さんのスリムさは羨むばかりです。
やはり甘いものを習慣的に召し上がらない、というのはポイント高いのでしょうねぇ。

二胡は一向に上達しないのが悩みの種です。
音楽的センスのまるでない自分が何とも悲しいです。
以前のように毎日練習ということもなくなってしまい、たまに動画を録って自分に喝入れ、というわけでありました(苦笑)

Commented by Okamekikurin at 2012-01-22 23:35

★鍵コメさま(*^_^*)★
鍵コメさまは小樽にもよく行かれるのですね(^^♪
実は先月、私もマイミクさんとご一緒させていただき、小樽散策行ってきたのですよぉ。
ブログにアップしようと思いながら、あらららという間に年を越してしまいました(^_^;)
あ、かま栄は寄りませんでしたけれど。ルタオには行きましたよん♪
運河の撮影ポイントからも、しっかりと撮らせていただきました!

運河撮り 「帰りたくない」 小樽の夜

ホント、いつまでもここにいたいなぁと思わせる、美しい眺めでございました。



<< ×△◇×入りのホットサンド      『どんど焼き』は何を焼く? >>