2012年 03月 19日

グランプリ作品など@「ゆうばり映画祭」その7

『ゆうばり映画祭2012』から、あれよあれよという間にひと月が経とうとしていて。
そういえば、拙ブログでは今年の上映作品について何一つ触れていなかったのだよな...
と、プチ焦ってみるも、まぁこの地味なブログだもの、いつも通りヨタヨタゆるゆる、ヒッソリでいいかぁ...と思い直し(笑)

e0235910_12313721.jpg


そんなわけで今更のように、ちょいと自分自身への備忘録的に書いてみます。


三日間の滞在中に観た作品が約10本。
例年よりは少ない方かな?
その分、まち散策やイベント参加など、気ままに楽しませていただきました。

e0235910_12324620.jpg

今年の映画祭では、何といってもグランプリ受賞作『大阪外道』のインパクトが強烈だった。
宿泊滞在中(2月23~25日)にはうまくスケジュールに組みこめなくて未見だった本作、一旦自宅に戻り、最終日(27日)にふたたび朝から夕張に向かい、受賞作品上映の回での鑑賞だった。

外道、というからには、“その世界”の方たちの物語である。
あるいは、その子供たち。
作品は、子供の視点から描かれるのだが、演じているのは大人子供いずれも殆どが俳優さんではないというから驚きだ。
とりわけ、外道でありながら父親でもある男たちの演技が秀逸。
ストーリーの軸を支える3人の男たち(=父親)が、それぞれの「子どもへの愛」をストレートに、あるいはねじれた形で表現していて目が離せない。

e0235910_12363861.jpg

映画祭の、本当にラストになるイベント、『さよならビュッフェ』会場にて。
地元の女性ボランティアの方たちの手作り料理がふるまわれるこのパーティ、毎年とても和やかで、よって、なかなか根強いファンが多い。


『大阪外道』チームもいらしていたので。
これが間違いなく今年の映画祭のラストチャンスだよな、と、サインをいただくことに。

e0235910_1238878.jpg

石原貴洋監督さんに色紙をお渡しすると、「メンバーのみんなで1枚に?」とおっしゃるので、いえいえ監督さんがおひとりで思いきり書いてください、とお願いした。


e0235910_12393774.jpg

父親役のお三方にもそれぞれに色紙を、と思ったのだが、
「1人で1枚全部なんて、とてもそんなことは...」
とあまりにも謙虚に皆さんがおっしゃる。
サインに慣れていない、ということで、3人で1枚の色紙に書いていただくことにした。

e0235910_12405861.jpg

ちなみに、向かって左側の方は本業が落語家さん。
真ん中の方が絵師さん、右側の方が刺青師さん。
皆さん、映画の中でのコワモテなイメージとあまりにもかけ離れた人懐こいお方ばかりでビックリ。

とてもひょうきんなお人だった刺青師さん、でも映画の中では↓↓こ~んなに恐い表情↓↓
e0235910_12424076.jpg

(※画像はゆうばり映画祭オフィシャルサイトよりお借りしました。)

e0235910_12433091.jpg

刺青屋さんのお名刺もいただきました(嬉)

e0235910_12441428.jpg

カッコいいですねぇ~~。
ヨウムの刺青は、おいくらかなー(*^m^)




映画祭では、深夜上映にからめて“お色気系”のサービスイベント?もあったりするわけで。
そのサプライズ感がたまらない。もう、参加者は男女問わずに大盛り上がりとなる。
今年のお色気サービス大賞は、やっぱコチラのお方でしょう↓↓↓
e0235910_12482862.jpg


『ゾンビアス』という作品の上映前の舞台あいさつに登場された時のイデタチ。
上半身はなんと、ガムテープでニプレスのみ、という思い切りの良さ!
カメラのフラッシュ、シャッター音、場内はものすごいことに(笑)

e0235910_1249492.jpg


井口昇監督の作品はとにかく「エログロ」「クレイジー」「スプラッタ」。
本作も度肝を抜かれるキモグロ系で、トイレ臭がスクリーンから出まくってきそうな、
ずばり言ってしまうと「うんこ映画」である。
だから、全ての方におススメしたいですとはとてもじゃないけれど言えない。
私は個人的にこういう作品が非常に好みなのだけれど、サワヤカな余韻には程遠いということだけは断言しておきます。
e0235910_12504774.jpg


YouTubeに予告編がアップされていたので、気になるお方は↓↓再生ボタン↓↓を。
女子のお尻フェチな方は萌えるかも...あくまでもお尻は「トイレ時」のそれですが。







『ウルトラマンサーガ』という、当初、自分のチョイスからは思いきり外れていた作品を何故か観てしまったのは、ゲストにお越しになっていたDAIGOさんという俳優が、今人気上昇中のお人だという話を耳にしたもので。
ミーハー的思考に引っ張られての鑑賞。

e0235910_12523094.jpg


お昼上映の本作、しかしDAIGOさんのファンのお方は朝8時から会場前に並んだそう。

e0235910_1254613.jpg


対して、私はそのお名前すら知らなかったというナンチャッテ人間。
ウルトラマンサーガ、とてもとっても楽しい作品。
AKBのカワイイお方も出演されているのだけれど、これまたお名前すら知らず。
んー。まいったねこりゃ。

e0235910_1254497.jpg

e0235910_12551182.jpg

e0235910_12553245.jpg

e0235910_12554667.jpg

e0235910_1256596.jpg

サクサクとしたトークがとてもイイ感じでした、DAIGOさん。
彼は、チョー有名なお方のお孫さんでいらしたのですねぇ。

う~む。自分も少しテレビ見ないとダメだなこりゃ(汗)


e0235910_1258483.jpg

N@北方支部さまご夫妻より、今年も貴重な梅酒をいただきました!
今年はなんと、2種類の味わいが楽しめます!!!

N@北方支部さま、ご馳走さまでした~。

e0235910_12584024.jpg

夕張の熱い夜に乾杯!...がなかなか現地で実現できませんが、来年こそは。
あ!...今年も4人揃っての記念撮影していなかったヨ~~~(T_T)



e0235910_12592236.jpg


by Okamekikurin | 2012-03-19 23:55 | エイガ | Comments(8)
Commented by ゲロルシュタイナーのおトしゃん at 2012-03-20 18:56 x
わぁぁぁ♪
3枚目の写真にゲロルシュタイナーが写ってますネ♪
凄いですネ♪(万歳万歳万歳!)
夕張市民も映画のお祭りの関係者も解っているのですネ♪


Commented by Okamekikurin at 2012-03-20 21:45

★ゲロルシュタイナーのおトしゃんさん★
よくぞこの小ささで発見していただけました!
そうなんです、映画祭の、ウエルカムパーティでもさよならビュッフェでも。
ゲロルシュタイナーがずらり並べられていました!!!
関係者さんの中にゲロルシュタイナーファンクラブのお方がいらっしゃるのでしょうねぇ。
私もホテルの部屋に持ち帰ったり自宅に持ち帰ったり(笑)させていただきました(*^。^*) 
そのまま飲むのが一番気に入っております♪

今日は吹雪の一日だったので、外撮影はせずに半日ギコ練習しておりました♪♪
亀より遅い歩みですが、曲はだいぶ覚えてきましたよぉ~。

Commented by iMacLupin at 2012-03-20 23:11
お疲れ様でした(^_^)v
Commented by Okamekikurin at 2012-03-21 07:45

★iMacLupinさん★
ありがとうございます(^^♪
映画祭ネタは、かかわった方達以外はあまり興味のないカテゴリかな、と思ってはいるのですが。
のちに、検索などからお越しいただくケースが少なくないもので。アップさせていただいております。
いつもお越しになられている皆さまの中にも、読んでくださった方がいらしたとしたら感謝感謝です!
Commented by N@北方支部 at 2012-03-21 08:32 x
あれからもうすぐ一ヶ月、早いものですね~。
それにしても「大阪外道」見損なってしまったのは大失敗。
どこかで見られるのは何時の日でしょうか?

「ウルトラマンサーガ」ツイニ出しちゃいましたね~!

p.s.
ゲロルシュタイナーのおトしゃんは、昨日の昼ごはんのあと、約3リットルのBEERで上機嫌でした。
Commented at 2012-03-21 13:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Okamekikurin at 2012-03-21 14:52

★N@北方支部さん★
本当に、あっという間のひと月で...
そしてきっとあっという間に一年が巡るのでしょう(笑笑)
今年のファンタは、インフルエンザという有難くないお土産付きになってしまいましたねぇ。ゾンビアスの時に不調でいらしたのは、既にお身体の中でインフル菌が活動し始めていたのでしょうね...

梅酒があまりにも美味しくて美味しくて、ケチケチ作戦で飲もうと心がけてはいるのですが、昨日で1本が空っぽになってしまいました。昨年は梅が不作だったというのにこんなに美味しい梅酒を味わえるなんて、実に幸せ者でございます。N@北方支部さまに感謝感謝です。

サーガの君、画像アップをどうしたらよいかと少し迷いましたが、会場内の皆さんがいいだけ撮影したあとでのあの一言でしたからねぇ(^_^;)
『大阪外道』はおそらくDVD化されるでしょうし、きっとこれからご覧になれる機会が必ずやあることと思います!

おトしゃんの飲まれた3リットルのBEERの中にクンパルシータの楽譜が溶けて流れて行っていないことを祈ります(笑)
Commented by Okamekikurin at 2012-03-21 15:00

★鍵コメさま★
大泉さんはいつのまにやら「全国区」のお人になってしまわれましたものねぇ。
以前、パコダテ人という作品の舞台あいさつで夕張ファンタのステージに立たれた時は、起き抜けのお顔でぼさぼさ頭でいらしていたのですがねぇ。あの時は確か、宮崎あおいちゃんもいらしていたのでした。

この映画祭から大きく羽ばたかれた監督さん、大勢いらっしゃいます。
ファンタのリピーターの方たちって、それをね、ちゃんと知っているのですヨ...

おぁっ!カメラ新調されるのですか??
これから買われるとなると、MarkⅢあたりでしょうか??
やっぱどうせ買われるのならばフルサイズですよ~~~。
私も欲しいです...闘いです...
でもレンズも欲しいしなぁ.....
プリンタも欲しいしなぁ.....


<< なごり吹雪      半分、はんぶん。 >>