2012年 03月 24日

命日

e0235910_010580.jpg

命日、

というのは



「いのち」の「ひ」と

書くのだよなぁ...


そんなことを

思っていた。


e0235910_0102372.jpg

お墓参りに行けなかった、
3月24日に。

by Okamekikurin | 2012-03-24 23:55 | ツブヤキ | Comments(10)
Commented by 眼志 at 2012-03-25 08:37 x
私は20日だったけど、心の中でお祈りしましたよ
Commented by 多少、占い師 at 2012-03-25 15:16 x
Kikurinさま

ええと、私の本棚には読んでいない本が詰まっています(-_-;)
それから、お墓参りは行ける時に。という主義でございマス(゜_゜>)
「自称占い師」さんに抵抗、いや、対抗してみました( ..)φ
Commented by Okamekikurin at 2012-03-25 19:50

★眼志さん★
管内は残雪がまだまだたっぷりだから、参ろうと思っても雪に阻まれるお墓もあるのでしょうねぇ。
せめて部屋の仏壇にお線香を上げたいのですが、ヲタク夫の喘息が出てしまうので、一人のときじゃないとお線香も焚けません。

今日も一日雪が降ってましたねぇ~。でも、そろそろフキノトウが登場し始めるころかな。
白鳥さんも飛来してますねー。

Commented by Okamekikurin at 2012-03-25 19:51

★多少、占い師さん★
本棚に読んでいない本があると、「楽しみがまだある~♪」という嬉しい気持ちになれそうです!
私は「持ってる」ことを忘れて同じ本を二度買ったりしています(T_T)

実はお墓に行くのが好きだったりします...。
積雪時期はさすがに自粛ですが、お墓に行くと心が落ち着くので...
高台にある手稲の墓地で、人目を気にせず二胡を弾いてみたいです(^_^;)
静かに眠る魂がうなされてしまうかな(汗)

Commented by 多少、占い師 at 2012-03-26 18:01 x
Kikurinさま

広大なお墓ならではですネ☆☆☆気がつくと見えない人達に囲まれてそうな^m^
その光景、私がシャッター切ります。(笑)

二度同じ本を買う人、私の身近にもいますヨ。
私からすると不思議ですぅ~(+o+)
Commented by Okamekikurin at 2012-03-26 19:43

★多少、占い師さん★
手稲墓地は、山の麓にある昔ながらのお墓なのです。
キツネや熊にバッタリでくわしそうな、そんな環境。
う~~ん、もしかして本当に、二胡の音に何かが反応して写りこんだらスゴイことです。
曲は『もののけ姫』あたりでしょうかね?(^_^.)

同じ表紙を本棚に見つけてガックシ、
それと最近よくあるのが
「この間買ったばかりなのに、それを忘れてまた買った」という調味料や粉類。
しまおうと思って棚を開けると「げっ!買ってたんだ!!!」
...ホント、記憶力がボロボロですわ~。

Commented by ぴこぴ at 2012-03-26 20:48 x
そういえば 実家で残ったものと言ったらお墓だけだと
薄情者なわたしは 今思い出しました。←ばか者!
田舎のお墓は お参りに行くとカラスの軍団に取り囲まれ
相当怖いです。 お供え物狙って寄って来るんですよね。
やつらは 何でも食べますから 子供の頃は自分も突付かれ食われると思ったものです。
Commented by Okamekikurin at 2012-03-26 23:32

★ぴこぴさん★
お墓があるというのは、何かこう、還る場所があるというか、安心するのです...私。
でも、自分の「入る」スペースはもう実家のお墓にはなくて。
自分が「入る」のは、夫の親が買った納骨堂なんですよねー。ま、死んでしまったら空が見えなくてもいっか~、というか、何処に居ても見えるのか?ハテさて、謎ですがねw

カラスにカツアゲされる...なんとまぁ、おそろしや~。
ヒチコックの「鳥」状態だったのですね。
彼らは頭脳プレイでやってきますからねぇ。幼い頃に出逢ったならばなおのこと、あの黒光りするボディはとても大きく見えたでしょう...(>_<)

Commented by インコ母 at 2012-03-27 02:38 x
実家では、父が逝く前にお墓を造っていました。
子供に面倒を掛けないようにとの、心配りでした。

遠いので、命日もお盆もお彼岸も お参りに行っていませんが、
南を向いて手を合わせています。
供養とは、「折につれ想い出した時にその人を語る事」と思っている私
は、自分の時は 散骨希望です。
なんかね、お墓に納められてしまうと「閉じ込められた」ような感覚になってしまうんです。
魂だけフワフワ飛んで、好きな所に行きたいのですよ。

お墓ってカラスが多いですよね。 昔、祖父母や親戚のお墓参りに行くと、お供え物を狙って、大きな松の木から見張っていました。


Commented by Okamekikurin at 2012-03-27 08:16

★インコ母さん★
実は私も散骨希望派なのですが、散骨って結構手続きが大変だという話も聞きました。
本心は、死んでしまったらこの管内の山にでも置いてもらって、野生動物のエサになれればなぁと思うんですが、それじゃ死体遺棄ですものね(^_^;)
自ら山にこもって、枯れるように命を閉じられれば最高なんだけれど...果たしてその頃の自分が自力で山に行けるかどうかという問題が(^_^;)(^_^;)

平岸墓地に行くと、手乗りインコなみにカラスが「餌よこせ~」のモォドで近づいてきます。ダメだよなぁと思いながら、ついつい供物に持って行った枝豆とかおすそわけしてしまうんですよねぇ。黒いびび太に見えちゃって(笑)



<< 隠れ家的      そんな理由で >>