2012年 03月 29日

携帯写真

今朝--- 夫はA川勤務、始発列車出勤の最後の日。
明日は荷物をA川からT川に運ぶために車出勤するという。

始発列車の中で食べてもらう朝食代わりのおにぎりを握るのは今日が最後。
おにぎりとお昼のお弁当を作るために4時半に起きる生活からやっと解放される。
このリズムの暮らしがスタートした時は「しんどいよ~」と泣きそうだったけれど、
人は順応するイキモノなのだと身を以て知る。
どんなことにも、「慣れて」いけるものなのだ。
だけど、寝坊しないようにと少なからず緊張はしていた。
たった2年半ではあったけれど、
一度も欠かすことなくマンネリなおにぎりを握り続けたことには自分を褒めてやりたい。

夫からは、2年半有難うなどと言ってもらえるはずもなく。
それどころか今夜は罵倒された。
凹んだ。
涙がにじんだけれど、泣いたら悔しいから奥歯をくいしばる。
夫婦という家族は、時として他人より遠い。

明日の朝には気持を切り替えよう。
引きずらないこと。忘れること。


新しい月からは、暮らしのリズムが変わる。
近い職場になる夫は、以前のように二十四時間体制で呼び出しがかかるようになる。
何にせよ、一長一短だ。
何にせよ、始まりがあるということは終わりがある。

なるようになるさ、
今までだって、何とかなってきたのだもの。

e0235910_23261550.jpg

(※携帯で撮影)

by Okamekikurin | 2012-03-29 23:49 | ツブヤキ


<< 香り効果      待ってるネ♪ >>