ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 20日

あかずの踏切

井上陽水の『あかずの踏切』という隠れ名曲。
実はあの曲には3つのバージョンがある、ということをご存じの方は
...はてさて、どれくらいいらっしゃるのでしょう。


...という話ではないンです。




ホントに
「あかなかった踏切」の話です(+_+)




昨日の朝。
ひとつ前の記事にも載せた「リス君」に逢いに、いつもの森へ行ったわけです。
冬の間は停められなかった公園の駐車場が使えるようになったということで、そちらを目指しました。


...でも、駐車場に向かう道は

e0235910_9184535.jpg

こんな風にね、深く長い冬の名残がまだまだ行く手を阻んでいたりします。

気をつけて
気をつけて。


e0235910_9345216.jpg

まぁこのくらいのモノならば、一旦クルマから降りて木を道路脇に寄せて...


大袈裟に騒ぐほどのことではございません。ハイ。



e0235910_9213970.jpg

駐車場からの眺めは最高。

なんにもない。
その
「空間の贅沢」



今朝は雲が低いですねぇ~~。
山が殆ど見えません。


e0235910_9224482.jpg

3匹のリス夫くん、リス子ちゃんに逢えました。




そして
帰り道。


踏切直前で、滅多に下りない遮断機が下りたので。

「あ、列車が通り過ぎるシーンを撮ろう!」

と、
すぐさまカメラを構えたわけです。



e0235910_924811.jpg

わくわく列車待ち~~~(*^。^*)








5分経過。








e0235910_9244446.jpg

列車待ちーーーーーーーーーーーーー。
















10分経過。
















e0235910_9251261.jpg

列車......










来ない.......(T_T)







お~~~~い、列車はどこだ~~~~い?????




もしかして。
人身事故????




てゆか、
アタシ、しっこしたいンですけどー。

踏切過ぎて、すぐに左折したらそこは道の駅だから。
温かい便座のトイレが待っている。待っている待っている待っている。



でも


踏切あかなーーーいっっっ
(>_<)
(>_<)
(>_<)
(>_<)
(>_<)




e0235910_9281281.jpg

さぁ、こういう時。
貴方ならどうしますか?



その1
Uターンして、別なルートを探す

その2
その辺の空き地でしっこする

その3
踏切を無理やりこじ開けて通過し、道の駅へGO

その4
関係機関へ電話してみる



e0235910_9374520.jpg


結局「おそらく踏切の故障だろうなぁ」と判断し、踏切のボッコに記載されていたなんたらかんたらという場所に電話をしてみたのですが...
状況と場所を特定してもらうまでのラチのあかなさというか...
しっこもれそうというか...

そんなこんなで

作業の方がいらっしゃるまで(※T川から向かうということでした)3,40分はかかるでしょう、ということだけが明確に分かった唯一のことだったので。

んなもんまってられんわしっこたれるべさ

と、
クルマをUターンさせ、
ぐるーーーーんと遠回りして道の駅へたどり着いたというわけであります。


あの踏切がいつ開いたのかということも気になったのだけれど
それより
踏切の向こう側にいた軽トラックのおじさんが
あの後ずっとあの場で待っていたのか
ナニゲにそっちが気になります(^_^;)




あぁ
うん子でなくてよかった。

by Okamekikurin | 2012-04-20 09:56 | ツブヤキ | Comments(12)
Commented by 眼志 at 2012-04-20 12:56 x
そりゃ大変でしたね(^◇^;)
そんな時のために携帯トイレか
大人用紙オムツの用意が有ると安心ですが
一歩間違うと、あっちのプレイになりかねないから
是非にとはお勧め出来ないのが残念です(笑)
Commented by yu-ra at 2012-04-20 14:37 x
あかずの踏切ですか〜〜!何だったんでしょうね。

水曜にオアシスパークへ行ったんですが、
わんこのうんこだらけで、うんこ見に行ったんだか、白鳥見に行ったんだか…。
あ、ごめんなさい、kikurinさんの上品なblogで、うんことか連発で‥。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
Commented by michiko at 2012-04-20 18:32 x
へぇぇぇぇ~ あの駐車場へ登る道の先は行き止まりだと
思ってました~
ぐるっとどこへ出るのでしょうにゃ・・興味津津^^

エゾエンゴサクとカタクリが咲くのはいつごろになるだろうね~♪
Commented by ピン at 2012-04-21 01:39 x
回り道、お疲れ様でした。
あの道を通ると、会社に近いので、
時々通ります。
Commented by Okamekikurin at 2012-04-21 07:08

★眼志さん★
実はうちのクルマには積んであります。大人用紙おむつ。
...何せ、超腸弱ニンゲンなものでね....今回のようなアクシデントはまぁ滅多に起きることではないけれど、ひたすらな田舎道を走っていてコンビニとかが延々ないエリアでハライタに襲われた時はとても有難いアイテムとなります(^_^;)
普段はなるたけお世話にはなりたくないアイテムですが、あれは実はとてもお腹があったかいンですよ~~。体験した者だけが知り得る感覚...自慢にはならんよなぁ~。

Commented by Okamekikurin at 2012-04-21 07:09

★yu-raさん★
踏切の故障だったと思います...滝川寄りに位置する「墓地前踏切」は普通に通れましたので。
それにしても、電話のやり取りの効率の悪さには少し呆れましたデス。

そうそう、オアシスパークの糞の多さはビックリですよねぇ。私もついブログに書いてしまいましたけれど、あれは犬のものなのかなぁ?キツネ???とも思ったんだけれど、どうしてあんなに多いのかがね、謎だわー。
白鳥のそれとは明らかに違うものね。
糞を踏まないように歩くのが大変でした(-.-)

Commented by Okamekikurin at 2012-04-21 07:10

★michikoさん★
25日からしばらくの間「高温注意報」なるものが出てますねぇ!
イッキに残雪が姿を消して、開花へ...と、ならないかな(笑)

実は私もあの道は行き止まりだとばかり思っていたのですが、カーナビにはちゃんと表示されていたので、初めて通ってみました。
「あら、そんな風になっていたのね」と、ちょっとビックリ(^_^;)

昨夜の高橋君、すごかったみたいですねぇ...新聞で知りました(T_T)
見たかったなぁ~~~。
そうそう、Webからお誕生日のグリーティングをお送りしたのですが、無事に届いたかな~。

Commented by Okamekikurin at 2012-04-21 07:12

★ピンさん★
あの道、なかなか便利ですねー。
...といっても、私は利用することがないか...(^_^;)

考えてみると、いつも森にお邪魔していてもあの時間帯に踏切の音を聴いたことなんてなかったのですよね。
緊急電話を受ける立場の方は勿論管内のお人ではないのだけれど、場所を特定してもらうまでに結構かかりました...はて、道内に踏切って何ヶ所あるのでしょうね。膨大な数なんだろうなぁ。でも、その道のプロならば、その膨大な数をだからこそ網羅していてほしいなぁ...なんてね、ふと思いました(笑)

Commented by ピン at 2012-04-22 02:16 x
追伸、
ある意味、うんがつかなくて良かった、良かった(笑)
Commented by Okamekikurin at 2012-04-22 09:32

★ピンさん★
う~~~ん、うんはやっぱつかないほうがよいですかね。
ついてほしいうんと
ついたらたいへんなうん

まぁ色々ありますねー。

ピンさんのブログにも書いてありましたけれど、ホントに日の出が早くなってきましたねぇ~。
日の出撮りを目指すと昼間の仕事が睡魔との闘いになるやうな(^_^;)

Commented by unigiri at 2012-04-23 02:00 x
アンドレのときにはなかったかな
戻り道と、氷の世界のと、東京ワシントンクラブのと
楽しい遊び心だったですね。

それにしても、捉え方次第で
日常は非日常に満ちているものですね。
故障ももしかすると日常の中で埋もれ、
気がつかない日常になったかも…。

それが楽だったり、苦痛だったり。
Commented by Okamekikurin at 2012-04-23 08:49

★unigiriさん★
わぁ~~~っ(*^。^*)
unigiriさんは陽水を聴かれていたのですねぇ。
感激ー。
いちばん浸透していたのが、アップテンポのバージョンのような気もするけれど。
ご自身がコンサートで歌われていたのはスローバージョンが多い気がします。
あの頃は陽水さんも斬新な曲をこれでもかと世に送り出していらっしゃいましたね。

そういえば、アリス=紗良・オットの札幌コンサートが来月末にあるのですわ~。行きたいなぁいきたいなぁ。

日常と非日常って薄皮一枚の背中合わせなのかもしれませんね。
ホント、捉え方っていうのは様々だし。
悲劇と喜劇も案外表裏一体かなぁなんて思うことも、、我が身を通じて(^_^;)



<< 春、ぐんぐん      後ろ萌え >>