ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 02日

記憶の景色に、似ている

e0235910_930542.jpg


e0235910_931890.jpg


e0235910_9312080.jpg


e0235910_9313539.jpg


e0235910_9315083.jpg


e0235910_932391.jpg


e0235910_9321584.jpg


e0235910_932273.jpg


e0235910_9323990.jpg


e0235910_932539.jpg


e0235910_933498.jpg


e0235910_9331686.jpg


e0235910_9332646.jpg


e0235910_9333626.jpg


e0235910_9334575.jpg


e0235910_9335556.jpg


e0235910_934649.jpg

(※平成24年4月30日撮影)

by Okamekikurin | 2012-05-02 09:36 | シャシン | Comments(6)
Commented by iMacLupin at 2012-05-02 09:46
今月帰省予定ですが、時間の関係で夕張周辺には立ち寄れないだろうと
思います。モノクロの似合う街、夕張。私にはメロンしか頭にない街ですが、人は今もそこで生活しているんですよねぇ。

お葉書ありがとうでした。
一瞬「ん???」悩んでエレベータで部屋に「あっ!」小さな字で,,,,,。
ありがとうございます。
郵便受けにまともなブツが入っているのは何ヶ月ぶりだろうか。
Commented by 眼志 at 2012-05-02 11:08 x
私は炭鉱町で育ったので
似た風景と言うよりそのものズバリですよ

北海道の炭鉱町は釧路と羽幌以外
山あいの谷間に有ったから
よく似ているんでしょうね(^-^)
Commented by hiro at 2012-05-02 20:54 x
夕張の鉄道には、まだスイッチバックのあの坂がまだあるのでしょうか。
もう・・・昔になりました。産炭地担当で夕張へも、よく行きました。
まだ大夕張の三菱、新鉱の北炭・・・操業していましたが、坑口から出て来る黒い顔の鉱内員の人々。今でも覚えています。取引先の人の名前も忘れているのに・・・(笑)
夕張その1と2・・・そのうちUPします。
Commented by Okamekikurin at 2012-05-03 00:15

★iMacLupinさん★
今回のスケジュールは相当過密ですものねぇ...
夕張も、時間をかけてゆったりと周りたいマチです。できればクルマから降りて徒歩で。
人口は減ってしまったけれど、味わい深いお店がまだまだあります!都会では決して味わうことのできない空気、景色、人とのふれあい。いいですよぉ~。

郵便受けに届くアナログの便りも、メイルとは違ったワクワク感があると思うのですよねぇ。こんな時代にこそ「手紙」!...文通が再びブームになることもあるかも(笑)

Commented by Okamekikurin at 2012-05-03 00:15

★眼志さん★
今夜はhonokaママさんのお店で楽しいお時間を過ごされてきたことでしょう(^^♪
ママさん手作りの美味しいお料理、たっぷり召し上がりましたか?

空知管内を歩いていると、ふと「時が止まっているかのような」錯覚に陥るときがあります。上砂川や歌志内、そして北空知方面も、魅力あふるる土地ですよねぇ。

夕張の映画祭に行き始めた20年前頃は、本町のホテルは全然予約が取れなかったもので、清水沢のホテルに泊まりながら通っておりました。あの頃よりも随分マチが淋しくなってしまったな、と今回歩きながら感じました...。

Commented by Okamekikurin at 2012-05-03 00:17

★hiroさん★
そうでしたか...夕張も、hiroさんにとっては思い出多きマチだったのですね。
今訪れたなら、おそらくかつての賑わいとは程遠い静けさに驚かれることと思います...加えてこの冬の豪雪の影響で、ずいぶんと崩壊が進んだ空き家が目立ちました。しかし、主を失って朽ちていこうとする家々もまた、歴史と人の想いを土にとどめている気がします。

祖父が国鉄マンだったもので、父が高校時代あたりに夕張に住んでいたようなのですが、今となっては思い出話を聞くこともままならず...たまに鮮明によみがえるらしいのですが(^_^;)...そういえば先日は、室蘭の母恋時代の話をしておりました。

先ほど、夕張動画その1、早速拝見しました!
いつも素敵に作っていただき、本当に感謝感激です。
動画を再生しながら、ときにしんみり、ときにワクワク、色んな想いがこみあげます。



<< 三分の一      浦島ビックリ子 >>