ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 10日

眠りへ

4月30日(※相当時間が経過していますね)に、久しぶりに通りました。
....K山町のK明館前を。

e0235910_18574713.jpg

2月下旬、ゆうばり映画祭への往復で通った時には、雪が多くて建物の様子は窺えず。
しかし、管内は記録的な大雪に見舞われた冬だったので、
おそらくここも倒壊が進んでいるだろうなぁと、予想していたものです。


e0235910_18594867.jpg

2009年10月に撮影したものと比べてみると、よくわかりますね...


e0235910_190497.jpg

この部分はすっかりぺしゃんこになっています。

ここはたぶん.....


e0235910_1912264.jpg


e0235910_1914078.jpg

かつて事故があったといわれている場所、のような気がします。


e0235910_192405.jpg


e0235910_1925640.jpg


e0235910_1931155.jpg

雪がもたらした倒壊という眠り。
やわらなか色の春の芽吹きは、まるでそれを見守るかのようでした。

e0235910_1932572.jpg


by Okamekikurin | 2012-06-10 23:55 | ツブヤキ | Comments(12)
Commented by D・T at 2012-06-11 19:27 x
昔、深夜ここに行った時 後から地元の若い子が数名きて合同探索になりました。
入る前に正面三角上に女の人が…
内部に入って二階に女の人が…
二階の客室に女の人が…
二階廊下を走りぬける人影が…
一階大広間で声が…
とにかく強烈な建物でしたねぇ~www
Commented by chopper at 2012-06-11 19:47 x
廃墟♪廃墟♪
Commented by ポンママ at 2012-06-11 20:13 x
うわー
ここ、私も以前気になって写真撮りましたが
私が見たのは2009年だったのかな・・・まだ
崩壊してなかったような・・・
Commented by Okamekikurin at 2012-06-11 22:37

★D・Tさん★
D・Tさん、そのエピソードはあまりにも怖すぎますっっっ。
夜に行かれたのですか....あの闇の中に....
それはハッキリ言うと、お墓で肝試しをするよりも怖かったのでは、と思います。
昼間でもあの裏側の一帯は独特な空気が立ち込めていますね。
私は一人で行っているのですが、「もしかしたら戻れないかも?」と、突然不安がよぎったりしますヨ。

ちなみにA平の、「お城」近くの有名エリアでは何も感じませんでしたが...

Commented by Okamekikurin at 2012-06-11 22:38

★chopperさん★
こちら系カテゴリの写真を出すのはなかなか思いきりが要るもので...(^_^;)
いつのまにやら、こんなに日数が経過してました(汗)

ここは毎年冬を越すごとに少しずつ倒壊が進んでいるのですが、さすがに今春はイッキにきたなという感じがしましたねぇ。

Commented by Okamekikurin at 2012-06-11 22:39

★ポンママさん★
あら、ポンママさんが撮影されていたのも2009年でしたか。
毎年夕張映画祭に行く時に気にはなっていたのですが、私も2009年秋に初めてここで車を停めてみました(正確には、隣の公衆トイレの駐車場ネ)。
撮影してからネットでここの情報を収集してぶったまげました...
知らないということは恐ろしいことだな...と、思いました...
稲川氏のDVDは未見ですが(^_^;)

Commented by R子 at 2012-06-12 08:29 x
Kikurinさま

不思議写真シリーズですか!?
何となく新倉イワオ様が亡くなられた件を思い出しました。(しみじみ)
Commented by Okamekikurin at 2012-06-12 10:30

★R子さん★
記録的豪雪の影響で、空知管内では倒壊したまま放置されている空き家が結構あるのです。
...いや、この建物はもうずっとずっと長いこと放置され続けているのですけれども。
なにせ、通りに面しているもので、ついつい見入ってしまうのです...
正面からよりも、建物の裏側に回ると何とも言いようのない悲しげな空気が淀んでいる気がします。

かつて賑わっていたであろう場所ほどなおさら...そのギャップゆえに廃屋になると悲哀感は増してしまうものなのでしょうねぇ。

『あなたの知らない世界』は、夏休みの一番の楽しみでありました...(懐涙)

Commented by こたつ猫 at 2012-06-12 18:37 x
そこはだから近づいては・・・・・

なんだか変な感じがします。

う~~ん、近づきたくない・・・・
Commented by D・T at 2012-06-12 19:22 x
僕もここには一人で行きました。
明かりは携帯電話のバックライトのみです。
昔はバリケードもなく建物の目の前まで車で入れました。
若者6名とたまたま一緒になったのですが全員が上に書いた事を体験しました。
自我を強く持てば帰ってこれます。自論ですが…
稲〇氏 ユーチューブで検索してみてください。出てきますよ。
結構適当でいい加減な事言ってますよwww
Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 00:23

★こたつ猫さん★
えっ。
「何か」...感じますか...

空気が止まっているというか、何かもの悲しい淋しい感じはしましたが...

この廃屋の前に、まさにこの名称のままのバス停があるのです。
日常的に利用されている住民の方たちは、慣れっこになっているのでしょうかねぇ。

Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 00:24

★D・Tさん★
おぉっ。YouTubeにアップされていたとは知りませんでしたー。
以前、我がマチのレンタル屋さんで探してみたのですが、あのシリーズは置いていなかったのですよねぇ。

そっか.....かつてはあのバリケードがなかったのですか。
相当色んな方が入っていたような形跡はありましたものね。サバゲーの跡とかも。
それにしてもD・Tさん、勇気ありますね~。

ちなみに、隣のおトイレはなかなか綺麗なのでありますル。



<< 見つめて、向き合って、思う      夕張鹿鳴館にて >>