2012年 06月 11日

見つめて、向き合って、思う

春。

森では新しい「いのち」が誕生し、
そして
親となった者たちは
新しいいのちを育てることに懸命です。

e0235910_9354658.jpg

クマゲラのヒナが巣穴から顔を出していますね。

「とーちゃんまだかなぁ。かーちゃんまだかなぁ。」
...とでも言いたげに。


e0235910_9364130.jpg

母ちゃんクマゲラが戻ってきました!


e0235910_93769.jpg

ヒナ達は必死に餌をねだります。


e0235910_9373816.jpg

平等に与えるのは結構大変なことのような気がします。
ヒナにもおそらく個性や個体差があるのでしょうから。


e0235910_940418.jpg

ちょっと休憩..?


e0235910_9403724.jpg

もう餌はなくなってしまったのかな。


e0235910_942269.jpg

頭のてっぺんの赤がハート型ですね(笑)


e0235910_9422821.jpg

「とーちゃんまだかなぁ...かーちゃんまだかなぁ...」
...親鳥が飛び立って、ヒナ達は再び待ち始めます。


e0235910_9434592.jpg

あ、戻ってきました!


e0235910_9442026.jpg

今度は父ちゃんクマゲラです!!

さてさて、
「父ちゃん」と「母ちゃん」の見分け方はお分かりになりますか??


e0235910_9464788.jpg

実は、こうなっております。


e0235910_947372.jpg

あれれ? ヒナ鳥は3羽いたのですね~♪♪♪


e0235910_9481654.jpg

「とーちゃん、もっとー。もっとごはんー。」


e0235910_9495813.jpg

巣に持ち帰った餌をヒナに与えきってしまうと、すぐさま


e0235910_950492.jpg

親鳥は再び餌を求めて飛び立ちます。


e0235910_95102.jpg

一日に、何度繰り返すのでしょうか...



この日、巣穴を見つめて概ね4時間過ごしました。
その間に、母鳥が二度、父鳥が一度、巣穴に戻りました。
餌を与えている時間はせいぜい3分ほどの出来事なので、
故に殆どの時間を「待つ」ことに費やします。

親鳥のひたむきさ、懸命さと向き合い、
待ちながら


産まれて、生きて、死んでいく
そして再び
産まれて、生きて、死んでいく

その当たり前な不思議を、
新緑の香りに包まれた森で何とはなしに考えていた、そんなひとときでした。


e0235910_951122.jpg

(※平成24年6月8日撮影)


◇◇◇ kitanohideさん、いつも有難うございます(^^)/ ◇◇◇

by Okamekikurin | 2012-06-11 23:55 | シャシン | Comments(10)
Commented by kitanohide at 2012-06-12 11:50 x
一度の撮影で良くこれだけ撮れましたね。案内したかいが
ありました.おめでとう(^_-)-☆
Commented by ピン at 2012-06-12 22:06 x
すばらしい。
Commented by カッコとじ at 2012-06-12 22:59 x
ほんとすばらしい!

「男ってね、"帰巣本能"っていうのを持っててね、
ちゃんと家に戻るもんなんだよ」って昔誰かが
私に教えてくれたの思い出しました。
Commented by tora at 2012-06-12 23:27 x
一生懸命 子育てをする私とだぶり涙が噴き出て止まりません 
親父のソフトモヒカンにも グッときました~
http://www.youtube.com/watch?v=3V8nu6e8eFY&feature=related
若干 かみさんのほうが 頑張ってる?
親父!もっと働け!・・・・
Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 00:19

★kitanohideさん★
このたびも撮影にお伴させていただき、本当にありがとうございました!
現地を後にしたとたんに降り始めた雨にはビックリしましたね。
親鳥が戻るまでの長い待ち時間もまた、皆様とのお喋りとか思い思いに過ごされるご様子を眺めながら堪能させていただきました。

置きピンなどという技はまるで使えず、飛ぶ姿はボケボケまたは尻切れ。お恥ずかしい写真ばかりですが、この目で見られたことが何よりの宝です。
また機会がありましたら、ご一緒させてくださいませ~。

Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 00:19

★ピンさん★
有難うございますー。
ピンさんのように粘り強く通い詰めて撮影することはできませんが、シャッターを切るときの集中モードはいいものですね。

それにしても「動く」相手を撮るのは難しいです~。

Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 00:20

★カッコとじさん★
カッコとじさん、有難うです~~。
父ちゃん、行ったきり戻らないンぢゃないだろうか、と、ちょいと心配になってしまいましたヨ(笑)

何せ、一度きりしか見ていないので、果たしてそれが偶然なのかどうなのかはわかりませんが、父ちゃんが餌を与えるシーンの方が母ちゃんのそれよりも、子供たちの「せがみ方」が旺盛のように感じられました。はてさて、父ちゃんの方がご飯をいっぱい持ち帰るから??それとも父ちゃんの方が甘えやすいから???
...ええ、理由は私にはまったくわかりませんが。

Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 00:21

★toraさん★
toraさん、いつも有難うございますー。
動物の世界、ヒトの世界、子育てが大変であることはどちらも変わりありませんよね。それにしても、誰に教わることもなく子育てをする動物、、、その姿にはとにかく頭が下がります。本能といえばそれまでですが、シンプルに感動をおぼえます。

YouTubeの、この動画、再生数にビックリ~。
思わず「ひゃく、せん、まん...」と、桁を指で追ってしまいますたww

Commented by おさむ at 2012-06-13 19:16 x
ヒナが餌をねだる姿は微笑ましいですよね!
それにしても4時間で三回とは・・・。
撮影できたのはkikurinさんの粘り勝ちかなぁ(笑)
Commented by Okamekikurin at 2012-06-13 21:36

★おさむさん★
ほぼ「待つ」ことに費やしていた4時間でしたが、「撮ろう撮ろう」と肩に力を入れるのではなくて、「そこに居る」ことそのものを楽しんでいたら良いのかな、と思って過ごしました。私が到着した時に既に椅子でくつろいでいた男性も、文庫本を広げていましたから(笑)
魚釣りにも似た感覚でしょうかね...「ひたすらに待つ」というのは。

おさむさんエリアのツバメさんも、次のヒナが元気に育つといいですねぇ。
ハラハラワクワクドキドキ、手を差し伸べてあげることのできないもどかしさ、だけど本当に自然界はすごいですね。

※あの日の写真、もったいなくてまだPC内で温めております(^_^;)



<< そらはふしぎ      眠りへ >>