ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 20日

樹の心


e0235910_1337243.jpg

「樹齢」というのがあるくらいだから、樹には心、というか魂が宿っているような気がする。


e0235910_13374616.jpg


e0235910_13405665.jpg


e0235910_1342847.jpg


e0235910_13421936.jpg


by Okamekikurin | 2012-06-20 13:42 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by インコ母 at 2012-06-21 14:15 x
ねじれて成長したのでしょうが、ドレープみたいですね。

私も大きな木には 「魂が宿っている」ように思えます。
それが山でも林でも街中の木でも。

Commented by Okamekikurin at 2012-06-22 00:40

★インコ母さん★
インコ母さんもそうお思いになりますか(嬉)
年輪、という言葉も深みがあって好きですよ...。

木を切るというのは色々と理由があってのことでしょうけれど、ちょっとさびしくなります。
土曜日に実家に行った時にも、庭のライラックがなくなっていて。
「木はどうしたの?」と義父に訊いてみたら「切った」との返事が。
「自分たちももう高齢で、木を管理するのが大変になってしまった」と話していましたが...
実家二軒行くと、どよよよぉんと重たい気持ちになって帰ってまいります(苦笑)


<< 記憶、あるいは      アナタハ ダンダン ネムクナル... >>