2012年 07月 22日

きっと、また

e0235910_0302271.jpg

7月15日の記事に載せたノビタキペアとそのヒナに、的中してほしくなかった予想が
現実のものとなってしまいました...。


e0235910_0313565.jpg

7月20日までは巣の傍に親鳥の姿を確認できましたが...


7月21日には、巣は空っぽになっておりました。
巣が潰されたとか荒らされた形跡はなく、ヒナの姿だけ見えなくなっていたということは、
やはりカラスあたりの仕業でしょうか。

カラス、だとしても。
決してカラスが悪いわけではない。
何せ、生きとし生けるもの、何かを食べていかなくてはならないのだから。


e0235910_0342617.jpg

ノビタキの親鳥は、もしかしたらまだ巣をつくることに慣れていない若い親だったのかもしれないし。

次はきっと、見つけにくい場所に巣を構えておくれ。


e0235910_0352335.jpg


by Okamekikurin | 2012-07-22 23:55 | シャシン | Comments(4)
Commented by こたつ猫 at 2012-07-23 17:48 x
これは・・・・・

自然の摂理でしょうがない事ですね。

ノビタキを助ければ、カラスが飢える。
人間のエゴだけで、自然界に手を差し伸べてはいけないのかもしれません。



 ってか、下の日記で大笑いしてしまった・・・・・
Commented by Okamekikurin at 2012-07-23 20:37

★こたつ猫さん★
ヒナがまだチーチー鳴きすらしていなかった頃から既に、上からカラスは狙っているようでした...人の目にも容易く見つけてしまえる場所でしたから、「これは時間の問題だろうなぁ...」とは感じておりました。

でもノビタキペアはきっと逞しく種を残すべく次の巣を作ってくれることでしょう。


そう!
子孫繁栄のために、珍棒なくてはなりません。ええ。( ̄▽ ̄)


Commented by おさむ at 2012-07-23 20:55 x
それは残念ですね!
日に日に成長するヒナって本当にめんこいですから。
カラスかヘビかは分かりませんが、生きていくためには仕方のないことです。

せっかく見つけたのに、ヒナがいなくなって喪失感ってありませんか?
私はツバメで二回味わいました。
翌日・翌々日に 「ひょっとして戻ってるかも?」 と思い見に行きましたが・・・。

セブン銀行の受付嬢は巣立って、今はコンビニの看板娘に萌え~です(笑)
わずか十日間でここまで成長して驚いてます。


↓ の日記は kikurin ワールド全開ですね!(笑)
Commented by Okamekikurin at 2012-07-23 22:38

★おさむさん★
おさむさんのおっしゃるとおり....実は、淋しかったです...悲しかったです...
その巣は、たまたま偶然見つけただけのことで、雛も親鳥も、自分のペットでもなければ他にもおそらく多くの巣があたりにあるはずなのです。
でもね、見続けていると情がわいてしまうというか...それは偽らざる本音ですね(笑)

頭のポヨ毛が増えてきて、小さな黒い瞳が開いてきて。ホント、文句なしにカワイイんですよねぇ。羽毛がない時期はちっちゃな恐竜みたいで、それが日に日に「鳥」の姿になっていく。その様はワクワクします。

おさむさんのツバメレポは、いまや私の一日の楽しみのひとつになっております!
巣からあふれそうな画像にはハラハラしちゃいますが(笑)

珍棒記事、アップするまではホントは結構ためらっているのですよぉ。あははっ。



<< 人形の心      舐めてもしゃぶっても、とことん... >>