2012年 09月 08日

おわりを知ることは

e0235910_239711.jpg


e0235910_2392455.jpg

記録的につづいた残暑も、どうやらおわりを迎えつつあり

夏...2012年の夏とも、そろそろお別れ。


e0235910_23102861.jpg


e0235910_23104967.jpg

虫たちは、傷んだ羽をさいごまで羽ばたかせて

生き抜く。


そのすがたは、はかなく孤独、そして美しい。


e0235910_23133013.jpg


e0235910_23134595.jpg

名古屋から叔父が来ているからと義母がでんわをよこす。


朝に出かけて
叔父に逢う。

「20キロ痩せてね...」と
薬の副作用であろうか、頭髪のなくなった頭に帽子をかぶって
叔父がそんな話を笑いながら、

弱弱しく笑いながら、教えてくれる。

e0235910_2313587.jpg

あつまった9人で記念に写真を撮ろうと誰からともなく

「玄関の前の、明るいところで」という意見も
「叔父が歩くのが大変」と
いうことで
茶の間の隣の和室で 撮ってみる。


e0235910_2314838.jpg

いのちのおわりを
考えない日は、ない。

しかし


怖くない
とは
やはりまだ、言えない。


全然、言えない。

e0235910_23141847.jpg


by Okamekikurin | 2012-09-08 23:39 | ツブヤキ | Comments(8)
Commented by kozu at 2012-09-09 01:12 x
こんばんわ。
只今再びゲリラ豪雨に見舞われている札幌です。

「終わりがあるから美しい」と誰かが言っておりました。
限り時間を精一杯生きるからなんだ。と。
私は自分がいなくなるより、周りの人々がいなくなる方が辛い。ですかね…。
出来ることなら誰よりも早く…なんて勝手なことも考えてしまいます。何よりも自分勝手な考えですね。
でも辛い思いはこれからも重ねていかなくてはならないのでしょうね。それは仕方のないこと。
少なくてもうちの「オ子チャマ」達は最後まで看取るつもりです。
Commented by at 2012-09-09 08:54 x
寝るということは、1日の人生の終わり。朝起きて生まれかわり、今日1日を感謝して生きる。


そんな風に生活していけたら、どんなに有意義な人生を送れるんだろうといつも感じています。


私の周りにも若くして亡くなった友人が何人もいます。


死は恐怖だし考えたくない。


でも、やがてはやってきます。


亡くなった友人達の為にも、よい一生を生きていきたい。最近そう思うようになりました。(話がずれてしまったかも…。)
Commented by yu-ra at 2012-09-09 11:27 x
なかなかコメントできなかったけど、毎日いろんな写真で楽しませてもらいました。
ここ一週間くらい、わたしの好きな雰囲気の写真が続いていて、画面を見ては癒されてました。

虹が水たまりに写っているのはすごいです!
同じ日、私高田珈琲へ行って、その帰りに大きな虹を見て。
携帯しかなかったけど、写真撮れてよかったなあと、思いました。
Commented by マム at 2012-09-09 19:17 x
今、病気の方と関わっています。

数ヶ月前迄は前向きに生きていたのに今は精神が落ちてしまい苦痛の日々を送っています。
余命宣告された訳もなく勿体ない。本当に勿体ないと…日々を大切に生きて欲しいと見守るばかりです。

生まれた以上必ず終わりはあります。逝くとき一つでも生きていて良かったと言えるそんな人生でありたいです。
Commented by Okamekikurin at 2012-09-09 21:31

★kozuさん★
こちらも今日は土砂降りになりましたよぉ。
ひと雨ごとに涼しさが増す季節へと、うつろいますね。
今日はさすがに半袖で過ごすにはちょいと寒かったかなぁ。

死は特別なことではない、のだけれどねぇ。
自分含めて、死なない人はいないから....
でも、「ある日突然に、」は、やっぱりしんどい。
家族の中で、おおっぴらに死を語れる環境がいいなぁと思います。
認知症の父は、死が恐いからこそ死に執着しているのだろうな、と思える瞬間が多々あります。

トリさん達を送ってから、逝きたい。これはホントに強く思いますね...

Commented by Okamekikurin at 2012-09-09 21:31

★蛍さん★
願わくば、笑顔で「ありがとう」と言ってこの世から去っていきたいものですね。
実際にはなかなか理想通りにはいかないだろうけれど...

昔、自分がこん睡状態の時に見ていたらしい「三途の川」はそれはそれは綺麗だったらしいです。「らしい」というのは、自分では記憶しておらず、こん睡状態の時にそれを喋っていたからなのです(あとで母に聞いてわかりました)。
非科学的な発言ですが、そういうのがあってもいいよなぁと、思いますねぇ。。。

死を、暗いものととらえ過ぎないで、生きていきたいですよ...

Commented by Okamekikurin at 2012-09-09 21:32

★yu-raさん★
きびしかった残暑もそろそろおしまいですねぇ。
雨が涼風を連れてきて、ああそうか、もう9月も半ばにさしかかろうとしていたんだよなぁと、ハタと気づきました。
大儀な衣替えがまってるぅぅうう(笑)

ちょっと前の記事にも告知させてもらいましたが、近々、公序良俗に反する画像がどどぉんと並びますので、どうか見捨てないでおくれー(汗汗汗)
高田さん、しばらくお邪魔していないなぁ。
この夏は暑かったから、高田さんから2年前にいただいて植えていた珈琲の木がずいぶんと伸びましたよー!

Commented by Okamekikurin at 2012-09-09 21:33

★マムさん★
イチニチも一年も、何だか最近、飛ぶように早くて焦りますヨ...はらひれほぅ。

昨日は抜けるような青空の下で真夏のイキオイよろしく蝉がみんみんと鳴いていたのに、今日はお汁粉食べたいなぁと思うような涼風。
季節が一日にしてぐぅーんと進んだ感じがします。
月末には山頂から初雪の便りでしょうねぇ。

凄くリアルに書いてしまってアレなのですが、閉経とともに色んな考え方が変わるんだなぁと自己経験として感じました。
30代の頃には知り得ない感覚でした。
そんなことを積み重ねて、終着駅が近づくのでしょうか...
シワもシミも白髪も増える一方で、得たものは「あきらめ上手」笑笑笑。
写真に写る自分を、見たくないです...あはは。

それにしても、ココロというのは、ムツカシイですね。自分の事もわからなくなるのにまして、他人様のオココロは...たまにテレパシー欲しくなります。



<< 汽車に揺れ 夜に揺れ      イチニチノ、〆。 >>