ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 25日

つめたい夜


e0235910_8114967.jpg

早いもので
二胡教室に通い始めてから7回目の寒い季節をむかえる。


レッスンは月に2回だけなので、実際の数にしてみたら大したことはないのだろうけれど。

e0235910_8131665.jpg

しかし
秋から冬にかけての

だんだんと日暮れが早くなる時期は
「外が暗くなってから出かける」というのはなかなかどうして気合いがいるものだ。

特に
つめたい雨の降る晩秋。

ツルツル路面の厳冬。


「自分は何で、何のために、こんなことやってるのかなぁ」
...肩を丸めて
街灯の乏しい道をあるきながら

北風吹き抜けるホームで列車を待ちながら

ふと
自問自答してしまう。


e0235910_8165013.jpg

ケイゾクハ チカラ。

本当にそうなのだろうか。
くじけそうになるけれど。


まだ、少しいけそうかな。
もう少し、いけそうかな。

by Okamekikurin | 2012-10-25 23:55 | ツブヤキ | Comments(4)
Commented by yu-ra at 2012-10-26 09:14 x
ガンバロ♪がんばりましょ^^
すこしずつしか進めないのがもどかしいけど・・・。楽器は難しいね。

セレネは行ったことがないけど、メニューを見て懐かしく感じました。
20年くらい前、昔からあるような喫茶店によく行きました。
北見で喫茶店というと食事が出来るところが多いんですが、そういうお店じゃなくて、
ドリンク類しかない喫茶店が好きでした。そこには食事を出すタイプの喫茶店にはなかったものが。
何が飲みたかったかって、ウインナーコーヒーなのです。
味覚がおこちゃまだから、生クリームがのってるコーヒーサイコーとか、思ってました。
ずいぶんたってから、本当のウインナーコーヒーは生クリームなんてのってないんだって知りましたが、わたしはあれが好きだったの・・・。
時代も象徴してるしね。いろんな意味で好きです。

セレネのメニューにウインナーコーヒーがのってるのをみて、そんなことを思い出しました。
今はブラックで、滅多に甘いのは飲まないけど、そんな楽しみも昔の喫茶店にはあったんだなあと、kikurinさんの記事で懐かしくなりました。
Commented by ポンママ at 2012-10-26 21:12 x
そうなんです
暗くなってからのお出かけがだんだんとできなくなってきました
年のせいなのか・・・
今1人暮らしだから気軽にもっと出歩くのではないかと思っていたのに・・全然できなくなっちゃって・・・
ん・・そうそう、自分はいったい何やってんだろ?って思うことが
ありますよねー 早朝に撮影に出たりするとホントおもうのです
なんかこの写真が(中下)とっても好きです
Commented by Okamekikurin at 2012-10-26 23:38

★yu-raさん★
自分一人だけだとなかなか踏ん張りが続かないことでも、お仲間さん達が頑張っているお姿を見ると「自分も負けちゃいられない~!」と前向きになれることがいっぱいありますね。yu-raさんのブログでお稽古に行った日のこととかが書かれているとね、すっごく励みになります。

懐かしいメニューを見ると嬉しくなっちゃいますね。
ムカシのメニューには、ミルクセーキとかフルーツサンデーとかあったっけな~。
シェーカーを振る練習、一生懸命したものです(笑)
...と書いていたら、かき氷の小倉ミルクが食べたくなった!季節外れだなー(^_^;)

Commented by Okamekikurin at 2012-10-26 23:39

★ポンママさん★
そうおっしゃるポンママさん、人一倍行動されているような気が(笑)

「出かけたくない」要因の一つには、可愛いペットちゃんの存在があったりしませんか?
私はインコと遊び始めたらもう絶対お出かけモォドとサヨナラしちゃいますよ~(笑笑)

日没後からの外出も気合い必要だけれど、日の出前の暗闇の中を出かけるのも相当気合いが要りますよね。宮島沼のマガンのねぐら立ちとか行く時は、自分でクレイジーなんじゃないだろうか?とか、マヂ不安になります(^_^;)現地について、沢山カメラマンさん達がいるのを見ると安心しますヨ(笑)


<< ニッポンの秋      46年の歳月 >>