2013年 01月 10日

火のない暮らし


年末にクッキングヒーターの魚焼き部分のファンが回らなくなった。

メーカーさんに問い合わせてみると、
「もう10年以上前の製品なので部品を製造していないため丸ごと取り替えになる」
と大家さん経由で回答をいただいた。

お正月休み明け、1月8日に新しいクッキングヒーターを取り付ける工事が入り、
クッキングヒーターは「IH」となった。


個人的には、調理は「火」を使いたい派である。
でも、今は賃貸アパートを転々としているもので選択の余地はなく、
現在住んでいるアパートに越してきたときから「クッキングヒーター」を使っている。
このたび「IH」になるということから、
「そっか~、アルミのゆきひらは使えないのかぁ」「土鍋もNGかぁ~」とか色々わかってくると
(結構メンド―臭いものだな)というのが偽らざる本音。
そんなわけで「IH移行」に合わせて、工事の数日前、いくつかの鍋を購入した。


モチロン、新しいものには新しいなりの便利さはあるけれど。
いつか自分の家が持てるような日が(もしも)来たならば。
やっぱり調理は「火」で行う環境にしたい。

火、は、怖いものでもあるけれど。
「火のある暮らし」がいいと、自分は思う。

今、私の日常の中には「火」を扱うシーンが殆どない。
昔は(というと、「また始まった」と言われそうだけど)毎日、家の敷地内でゴミを燃やしていた。
幼かった自分は悪戯をして、当然、火傷もした。そして、おじいちゃんにこっぴどく叱られた。
あの時代は、ストーブの火、台所の火、を見ながら暮らし、
そして家の中のあちこちに「マッチ」があった。
店の名前が印字されたマッチや、大箱のマッチ、色んなマッチがあった。


たまに、
マッチを擦った時の、あの鼻先をかすめる匂いを思い出す。
煙草をやめて久しいから、マッチもライターも、日常から姿を消した。
出先などで思いがけず、あの匂いをキャッチすると

その瞬間に、たまらなくなる。

なつかしさとかやるせなさとか、色んな想いが入り混じって波のように押し寄せてくる。
東映仲町の『ぜんまい仕掛け』に通っていた昭和に、タイムスリップしてしまいそうになる。




e0235910_10325426.jpg


e0235910_10334320.jpg

※画像は「リスさん登場」に思わずフリーズしているゴジュウカラさん。

リスさんが餌を食べてくつろいでいるしばしの間、
その上でゴジュウカラさんはずーっとこのかたまった姿勢のままでおりました。


e0235910_10341254.jpg


e0235910_10342229.jpg


e0235910_10343188.jpg


e0235910_10344271.jpg


e0235910_10345264.jpg

「オイラの豆、もう狙われてない??」

...うん、大丈夫だよー。

by Okamekikurin | 2013-01-10 23:55 | ツブヤキ | Comments(6)
Commented by 乱子 at 2013-01-11 11:16 x
私も料理には「火」、が好きです。
だって湿気ったのりをあぶれるし、干し芋もぎんなんも・・・
暖炉のあるおうちも憧れ〜。
Commented by こたつ猫 at 2013-01-11 18:01 x
IHには困ったものです。

最近の子供は、家庭で「火」を扱う場面がないので、「火」の危険さを認識しておりません。
「火」=暑い=火傷

この経験がないのです。
世の中便利になるのもいいけど、それと引き換えにいろんな物が失われている。

太古、人間は「火」を扱う事が出来たからこそ人間になれたのだと。
今の人間は大きくなりすぎた「原子力」という「火」を持て余しています。

進化どころか、退行してるのではないか?

Commented by Okamekikurin at 2013-01-11 21:49

★乱子ちゃん★
そそ。「のり」を焼き直すのは、これは重要なんですよね~~~。
焼き網をのせて、お餅を焼いたり...まぁそういうのはオーブンでもできることっちゃ出来るんだけど。「火を見ながら」というのがポイントだったりします。
文化鍋でご飯炊くのだって、火じゃないとね~。

IHには耐熱ガラスがダメだっていうのがねぇ、、、、、コーヒーサーバー温めなおすときにどうしようかと。
色々と変化に対応するのが戸惑いますデス(T_T)

暖炉ぉぉぉ。その横で、毛の長い大型のワンコと一緒に...煉瓦の壁のリビングで寝そべりたいわ~。

Commented by Okamekikurin at 2013-01-11 21:50

★こたつ猫さん★
やはりこたつ猫さんもそう思われますか!!!
子供たちに「安心・安全」な環境を与えることは大切だけれど、危険なものをどう注意して、ときに共存するか。そういったことを成長過程で知ることもすごくだいじですよね。
初めてマッチを擦った時は、それはそれはヒヤヒヤしたけれど。
ナイフで鉛筆削った時はドキドキだったけれど。
そういうことは体験・経験を積み重ねてこそ、ですしねぇ。

「便利さ」とひきかえに、「失ってしまったもの」は結構大きいように思います。

Commented by とら at 2013-01-13 08:32 x
我が家も、愛えっちです。
鍋はもう買われたようですが、少々高くても底の厚い鍋でないと
すぐ逝かれます。
チャーハンを作る時に豪快に鍋をシェイク出来ないのがいやでした。
http://www.youtube.com/watch?v=Qu8Aa4k9RJo
Commented by Okamekikurin at 2013-01-13 23:46

★とらさん★
私も厨房勤務時代は毎日中華鍋でチャーハンをあおりまくっておりましたので、今もそのクセが抜けません...(というか、チャーハンはそもそもあおりながら作るものですよ、ネ?)数日前も、オムライス用のチキンライスを炒めながら思わずあおってしまいました(苦笑)当分この失敗は続きそうです...

今日も二つほど鍋(パン関係)を買いましたヨ~。

愛えっち...たぶんこれは新婚さん限定ですかね(笑)
愛もえっちも失った我が家には、やはりファイヤフォーでないとダメかもー。



<< 記録のなかの記憶      手に乗ると、重さの違いもわかります。 >>