ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 24日

散りて、なお。


e0235910_2221356.jpg



e0235910_22142898.jpg



e0235910_22122729.jpg



e0235910_22155746.jpg



e0235910_2214771.jpg



e0235910_22322625.jpg

(※平成25年1月20日撮影)

by Okamekikurin | 2013-01-24 22:32 | シャシン | Comments(4)
Commented by インコ母 at 2013-01-25 18:01 x
散りてなお ・・・椿の花ってポトって音をたてて散るのね。

落ちた花はまだ綺麗なのに。 首が落ちるって武家では敬遠されたそうで。。

実家に赤い大きな椿があって、実で笛を作って遊びました。

鑑賞用のはピンクや白などありましたが、赤いのが好きでしたよ。
Commented by okamekikurin at 2013-01-26 05:09

★インコ母さん★
昔むかしには、そんな風に伝えられてきたものだったのですねぇ。
本当に、散った花々がまったくみごとに咲いていました。
そのまま、水に浮かせてあげたいほどに....

椿の赤は、その赤っぷりが素晴らしいですね。
この日は椿の花を一生懸命スケッチブックに描きとめている男性がいましたよ~。

Commented by hokulele2 at 2013-01-27 03:54
子供の頃から当たり前の風景と思っていましたが、北海道に暮らすようになって、椿や山茶花などの冬の花が見れなくて淋しい気持ちになった事があります。
金木犀や沈丁花の木もなく淋しいのと、実家の母に伝えたら、写メを送ってくれた事がありました。
北海道でも椿の花が見れるところがあるのですね。温室かな(^^♪
椿の花は、丸ごとポテッと落ちますが、似ている花の山茶花は花びらがハラハラと舞い落ちます。
実家の狭小庭に咲く山茶花の元には、先代のインコちゃんが眠っています。
北海道に引越すのに、どうやって連れて行こうか悩んでいた矢先に突然亡くなり、母が淋しくないようにと山盛り花びらの元に眠らせてくれたのです。
私も椿の花を見に出掛けてみようかな(^^♪
Commented by Okamekikurin at 2013-01-27 08:52

★hokulele2さん★
そっか...ご実家のお庭の山茶花に包まれて、インコちゃんが眠っているんだね。
「眠る場所」は、それを決めることは切ないけれど、生きとし生けるものには死が必ずあるから、飼い主は見送るときにこそ...なのですよねぇ。
(そして、願わくば、自分が彼らより先には逝きたくないよなー。)

ウチは転勤族現在進行系なので、F川とかS川とか、滞在していた先々にお墓があります(^_^;)...ホントは掘る行為そのものはダメなんでしょうけれど、公園や河川敷の桜の木の下です。

岩見沢の室内公園、おススメっすよ~。
なんたって、入館料100円!
広いです。すいてます(笑)。撮り放題です!!!
http://www.iwamizawa-park.com/
↑コピペ↑してね~。この中の「色彩館」です(^^)v



<< 深夜の孤独 都会の孤独      ちょっと便利 >>