ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 31日

極上な平凡



e0235910_8564186.jpg

平凡が、とにかく何よりありがたい。

平凡に食べて
平凡に暮れる

平凡に眠れて
平凡にうんこ

...それらを意識せず、過ごしてこられることが

たぶん、何より。


平凡な写真、は、すなわち印象に残らないということ...かもしれないが。

斬新な写真も撮ってみたいけれど
ひたすらに平凡な日常を、ただ遺したい、という気もする。
それはおそらく、自分のために...なのかな。


e0235910_904648.jpg



e0235910_905591.jpg



e0235910_91339.jpg



e0235910_911395.jpg



e0235910_912186.jpg



e0235910_912920.jpg



e0235910_913718.jpg



e0235910_914542.jpg



e0235910_915666.jpg



e0235910_92167.jpg



e0235910_922464.jpg



e0235910_923484.jpg



e0235910_924331.jpg



e0235910_925311.jpg



e0235910_93231.jpg

ここで過ごす平凡な午後は、極上の時間だなと

いつも、そう思う。



e0235910_931151.jpg

(※平成25年1月22日撮影)

by Okamekikurin | 2013-01-31 23:55 | シャシン | Comments(8)
Commented by インコ母 at 2013-02-01 10:24 x
「平凡な毎日」 それが一番大切な事ですよね。
健康である事への感謝。 大切な人と暮らし、大切な友人がいれば、少しの不満など有って無きがごとし。
もうじき還暦を迎えますが、本当にそう思います。

赤い花の咲く大きな椿の木、実家にあるのと同じみたいで嬉しいです。
雪白のクリスマスローズに心が洗われました。
ありがとうございました(^^)
Commented by D・T at 2013-02-01 12:42 x
これとはちょっと違うかもしれないが、口内炎が出来た時は普通の時はよかったなぁと思う。(笑)
Commented by Okamekikurin at 2013-02-01 16:09

★インコ母さん★
普段、何げなく過ごしているその時間ということは、もしかして奇跡みたいなものかもしれませんね...
あの震災の後は特に、普通にご飯が食べられて、お風呂に入れてトイレを使えて、普通に布団で寝られることがどんなにありがたいことなのか...としみじみ考えさせられました。
北海道にだって大地震は起こりうるかもしれないし、地震以外にも自然災害というのはあるわけで...交通事故もあるし...

何にせよ、この小さな一日一日を、大切にしたいなぁと感じますね。

クリスマスローズは下を向いて花を咲かせているものだから、撮影するのがムツカシイ~~! でも、西日が柔らかく射しこんできた時は、とっても綺麗でしたよー。

Commented by Okamekikurin at 2013-02-01 16:10

★D・Tさん★
口内炎っっっ(>_<) あれはなかなかツライですよねー。
場所が場所だけになかなか治りづらいし。食べるのがこんなに大変なことだったとは...と、痛感しちゃいますよね。

今日はお忙しいなか有難うございました~~~(^^)/
「めも探」メンバーの中で、我が家にお越しになってくださったお方はD・Tさんが「初」でございますデスよ(笑)
来週早々に外撮影行くチャンスがありそうなので、早速使わせていただきますね~!

Commented by hokulele2 at 2013-02-01 21:36
う、嬉しい~(*^_^*)
この真っ赤な椿の花が見たかったのです!
しかも、越冬トンボって、この子ですね(^^♪ すごいなぁ・・・。
西日かぁ。
北区の温室では、どうも暗くって隅っこのほうはアヤシイ雰囲気さえ漂わせていて、
それもまたワタシ好みだったのですけど、やっぱりお花達には陽の光が似合いますね。
それにしても、北区もこちらも椿の木が巨大!
民家の庭先に咲いているのは、もう少し小ぶりなイメージです。
垣根や塀の内側から、すこーし顔をだしているような・・・
そして塀越しにフネさんとおかるさんが、世間話に花を咲かせている感じ♪
Commented by joe at 2013-02-02 00:04 x
最初と最後の写真は特に想いが伝わってきますね。
Commented by Okamekikurin at 2013-02-02 01:22

★hokulele2さん★
昔、私の実家が昭和レトロ家屋だった時代の温室にも紅い椿がありました。
めぐんこさんがおっしゃるように、その椿も決して大きい背丈じゃなかった気がします。
...私自身が相当小さかったころの記憶でそうなのだから、たぶん大人の目から見ても小ぶりだったんだと思います。

H大学植物園の温室も、なかなかアヤシイ雰囲気漂わせていてイイですよね( ´艸`)
お花、というより研究室って感じで(笑)...って、そもそもあそこは展示目的じゃなくて研究目的なのか(^_^;)

アルテの校舎、今時期行くと窓際にかなりいますよぉ...越年トンボさん。
岩見沢のレールセンターでも見ました。
「冬にトンボ」って意外な感じがするけど、越年トンボってそういう「種」なんですねー。去年、ネットで調べて初めて知りました。ハイ。

Commented by Okamekikurin at 2013-02-02 01:23

★joeさん★
おありがとぅございます~~~、joeさんっ!!!
ここで写真を撮るときは、何かを考えているようでもあり、「無」のようでもあり。
ちょっと不思議な感覚です。

撮る対象が野鳥やリスのような動くものだとシャッターを切るだけで精いっぱいって感じですが、花のように動かないものの場合、光や影の入れ具合や構図のバランスは自分に委ねられるのかぁ...と思うとある意味そちらの方がムツカシイなと思ったり(笑)
いずれにしても、それぞれに魅惑的世界でございまする~(*^_^*)



<< 連想するもの      雪風呂 >>