ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 09日

抜けない恐怖


e0235910_84111100.jpg

4月6日、日没の少し前に撮影した画像です。


e0235910_8421416.jpg



e0235910_8422772.jpg

薄暗くなってきたので訪れる人の姿はなく、白鳥さん達も穏やかに一日を終えようとしています。


e0235910_8434549.jpg

おおっ...ここにも「春」が!


e0235910_8442697.jpg

季節限定の、ひとこま。

出逢えるとうれしいね。


と、そんな写真を撮っているとアチラ側に


e0235910_8454847.jpg

ぽつり佇むアオサギさんを発見したもので。


そろりそろりと近づいていこうとした、そのときっっっ!!!!!!


e0235910_8463661.jpg

なんと私の右足が、こともあろうに付け根まで。
シャーベット状の残雪にずっぽりとはまってしまったのであります。

しかも、シャーベットの下は「水」だったのですっ!
おーまいがーーーーーーーーー (。>0<。)


e0235910_8475333.jpg

迂闊でした。

白鳥さん達の足跡がこんなふうにいっぱいついていたものだから。
ラクラク歩けるとばかり....

白鳥さんと自分の体重差を考えなさいよね....アタシ (-_-X)


さぁ、ここからが大変です。
片足の根元まで埋まってしまうと、身体が抜け出すための勢いをつけられないのでありました。
そして、シャーベット状の雪は思いのほか堅くて。

いや、下手に振動を与えたら、片足どころか両足ごと埋まっていよいよ抜け出せなくなるかもだ。


...恐怖と焦りが、ひたひたと襲います。

あたりはどんどん暗くなりつつあるし。
周りには人など誰もいない。


e0235910_852336.jpg

通り過ぎる白鳥さん達に救出の手を差し伸べてほしいと頼めるわけもなく...


e0235910_8525010.jpg

この平和すぎる光景と我が身のギャップにおののきつつ
やっとのことで右足を分厚いシャーベット雪の圧迫から脱出させるも

長靴が....
雪の下に残されたままだ~~~~ (ノ_≦。)


さぁ、どうする自分。
長靴は、どの角度からひっぱってみてもまるで地底からもひっぱられているかのように
びくともしない。

やばいぞやばいぞやばいぞーーーーーっ!!!!!!


いっそ長靴を諦めて、このまま帰ろうか。

ざくざくの残雪の上で、ボー然とあぐらをかきながら途方にくれる自分。


e0235910_858413.jpg

白鳥さん、たすけてー。


e0235910_8584582.jpg

雪解け時期には、こんな落とし穴もあるのですね。

...って、ホントに落ちてたらシャレにならんぞー。


e0235910_91398.jpg

みなさまもどうぞくれぐれもお気をつけて。

...いや、こんなアホなことやってるのは私くらいか~ ┐(´-`)┌



e0235910_91422.jpg

(※平成25年4月6日撮影)

by Okamekikurin | 2013-04-09 23:55 | ツブヤキ | Comments(20)
Commented by 眼志 at 2013-04-10 09:37 x
そのまま落水しなくて良かったね{(-_-)}
残雪の下に水が有ると結構な空洞になってたりするから
くれぐれも気を付けましょう(⌒-⌒; )
Commented by kei at 2013-04-10 10:02 x
どんな所にも危険は潜んでいます。。。

人間ってなかなか死なないけど、、簡単にも死んだりしますから
もし、足が抜けず、暗くなって誰も来なかったら・・・想像したら怖い。

脱出できて良かった!
Commented by yu-ra at 2013-04-10 10:33 x
わーーわーー、下は水だったのね?
それはつべたいわ、泣くわ。
ネタ写真撮ってないの?とか言ってごめんなさい。

実は 実家で除雪していたら、おとなりさんがやってきて、
実家の屋根の雪がそちらの庭にはいって大変迷惑してるから取り除いてほしいとの事。
ことしはえらい吹雪いたのでセッピがすごくてね。
3日程かかって除雪しまして(入った雪の量がよくわかんなかったので、実際に落ちた量より除雪した気がするけど・・・)。
長靴から短靴に履き替えて荷物を車に積もうと荷台側に向かったとたん、足が滑って、溶けてたまった水たまりに足を突っ込み尻餅をついたのでした。
それがもうひゃっこくてひゃっこくて、涙が出そうな程。
運転していても冷たいから、靴下を脱ぎ捨てて、長靴に履き替えよう・・・と短靴脱いでみたら。シャーベット入り冷水がたっぷり入ってました。
どおりで死ぬ程足が冷たいと思った。
裸足で長靴はいてジーンズはロールアップ。
ああ、ひでえ。と思いながら帰ったので、人ごとじゃないです。水は。

バス停から歩いて行ったの??ちょっと距離ありますよね。
本当にKikurinさんのフットワークは見習わなくては・・・。
Commented by michiko at 2013-04-10 11:12 x
長靴はどうなったんだろう?
そのまま帰ってきたのかな。
Kikurinが水没しなくてほんとうによかったです。
行こうかなぁ~と思いつつ、なかなか白鳥さんに会えないでいます。
昨日、陶芸へ行く時 数羽飛んでるのを目撃。
深川方面へ向かってました。
Commented by ポンママ at 2013-04-10 16:50 x
その恐怖、私も同じようなことが・・・
千歳で水芭蕉を撮っていたところが道路から下にある湿原
片足、やはりモモの付け根まで泥に埋まりました
少しづつ沈んでいくような恐怖  どうしようかとしばらく固まりました
その辺の木の細い枝に手を伸ばしたり草につかまってみたり・・・
枝に助けられたような気がします
カメラだけは手から離せなかったですね
底なし沼か~~~~の恐怖でした
Commented by landscape-stories at 2013-04-10 21:45
抜けて良かったですね。
窮地に陥っても撮り続けている菊りんさんって・・ステキ♪
こういう怪しい時って膝をつくように歩くと良いのですって。
接地面が多い方が埋まっても抜けやすいんです。
とは言っても私も糠平湖でミニクレパスにはまって抜くまで大変でした。
Commented by チョコのおトしゃん at 2013-04-10 23:33 x
今は昔と違います!そのような緊急時にはケータイから気軽に電話をください。
秘境探検隊の面々がひやかしに行きます♪

Commented by tora tora tora at 2013-04-10 23:39 x
無事でなによりです。(命)
高級長靴(撮影の相棒)は無事だったでしょうか?きがかりです・・・
http://www.youtube.com/watch?v=NrnMUSgKPmQ
Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:37

★眼志さん★
いやぁほんと、今回のエピソードは笑い話で済むことになって良かったのですが。
笑えない展開にもなりうる出来事でした...

そうそう。眼志師匠がおっしゃる通りだったのです。
「空洞」!!!
...実は、アオサギさんの方向に向かっている時に、自分の前方にそれを見たのです。
つまり、私より先にこの現場で「落ちた」人の穴をまさに、見つけたわけです。
覗き込むとそれが「空洞」、その下に水、でした。それを見た瞬間に恐怖が押し寄せて引き返すことにしたのですが。
実際には「二度」落ちたのです(笑)
最初は長靴ごと抜き取れたのですが...二度目がこの記事の内容です。

ちなみに長靴の中が乾くまで、まる三日かかりました (;´▽`A``

Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:38

★keiさん★
頻繁に山に行かれているkeiさんも、きっと登山&下山中には色んな出来事と遭遇されているのだろうなぁ...とブログのお写真を拝見しながら考えていたりします。でも、BARUさんといつもご一緒だから、何かあっても心強いですよね!!

そう、人間って意外と脆いんですよね...
しかし、白鳥の遊水地で埋まって逝ったなんて新聞に出たらブログ仲間に大笑いされそうだわ~~。
...いや、それもいいか~~ (*´ェ`*)

Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:40

★yu-raさん★
あはは...メイルに書いたことが、結局ブログネタになっちまいました(*´v゚*)ゞ

しかしyu-raさんのお話は切ないですな...
こういうご近所関係は、じわじわとストレスになってしまいそうだ...お辛い作業だったことでしょう。そして、アクシデント(T_T)....本当に冷たいんですよねぇ、水って。

後日、夫の親と電話で話していたら、同じくらいの日に義父が庭での作業中にやはりシャーベット状の残雪に落ちたそうで。義父はじん帯損傷してしまったそうです。これまた痛そうだ...ホント、何が起きるかわかりませんね。
ちなみに今、私の足もあちこちがすごい色になってます... _| ̄|○

Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:42

★michikoさん★
ハイ、おかげさまでなんとかかんとか、長靴も出せましたが...さすがにその後はしばし放心状態になりました。
でも、あたりが真っ暗になってしまうと、何せあの斜面にはおびただしい数の糞があるでしょ?(苦笑)白鳥さんのうんPよりも、キツネのうんP???...すごい数なんですよね。それを踏んづけるのがイヤだから...と、ヨロヨロボロボロ状態でのぼりましたよ~。

帰ってから速攻風呂場へGO!!!でしたが、右足の感覚が戻るまでかなり時間がかかりました(:_;)

...でも雪がもう少し解けたらまた行くけど(ヲイ!)

Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:43

★ポンママさん★
水芭蕉...というと、まさにこれからのシーズンですね(^_^;)(^_^;)
水際の撮影は、本当に要注意ですね~~。
とはいえ、アクシデントは撮影に夢中になっているうちに....なのですよね。

「底なし沼の恐怖」...わかりますわかります!!!
しかもポンママさんのケースは雪ではなくて「泥」だものねぇ...脱出後が大変だったのでは、とあれこれと想像しちゃいましたヨ。
お互いに気をつけましょう...ネ、これからもますます(笑笑)

Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:45

★landscape-storiesさん★
なるほど!!! 膝付き前進スタイルですね!!!
さすが林花さん、経験者のお話は何よりの武器になります!
...って、やはり林花さんも怖い思いをされていたのですね....。

自然の中で写真を撮るときは、不測の事態にそなえれば単独行動をしないことがベターなのでしょうけれど、自分ペースで撮りたいなぁと思うと結局は独りで...となっちゃいます。
自分、撮るのがすっごいノロいのです...もっとサクサクっと撮れるようになりたい (u_u。)

スノーシューも買わねばだわ...(← これがまず先か~。笑)

Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 06:46

★チョコちゃんのおトしゃんさん★
おトしゃんさん、もしかして「ドS」なお方でした???(^_^;)(^_^;)(^_^;)
埋まって悶えてる私を見ながら、横で焼肉&ビア宴会とか、やっちゃいそうですよー秘境探検隊&パノ鉄メンバーの方達は。
しかもバンドネオン持参でクンパルまで弾いてくれちゃったりしそうだ...

...いや、いっそ、それも素敵かもだわ~~ (* ̄ー ̄*)

次に埋まったら、必ずおよびします(笑)
...って、埋まりたくないですっっっっ ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
Commented by Okamekikurin at 2013-04-11 09:10

★tora tora toraさん★
自分のブログ記事のことなど忘れるほどに、久々に聴いたこの曲に鳥肌がたちました!!! 
過去の名曲がいっぱいいっぱい、自分の記憶からこぼれ落ちていってる...この曲にも当時どっぷりハマっていたんです。カッコいい曲ですよね~。
最近は、こういう唸るような曲が出てこない...

とらさん、いつも有難う。感謝感謝 (^^♪

ちなみに長靴は2980円、ホームセンターのお品でございまつ。

Commented at 2013-04-12 07:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Okamekikurin at 2013-04-13 00:14

★鍵コメさま★
ぉおおっ!!! お仲間さまっっっ(嬉)
抜けないものですよねぇ~~~、「ちょちょちょっとぉ~、マジかぃっ」って感じで。

そのさなかにあっては無我夢中だったので全く気づかなかったのですが、あちこち打っていたらしく、後日、足のいたるところに青あざができておりました。

しかし、これに懲りて家でおとなしく....
...とは全然なりませんのですワ。あははっ。

Commented by 眼志 at 2013-04-17 10:37 x
あらまあ、水が入った長靴は
逆さにしてしばらく水切りした後に
丸めた新聞紙を4〜5個詰め数時間吸水させ
もう一度新聞紙を詰め替えると
翌日には履ける様になりますよ(^_^)
Commented by Okamekikurin at 2013-04-17 19:42

★眼志さん★
なるほどなるほど!
おばあちゃんの知恵袋、じゃなくて(笑)、眼志師匠の知恵袋。ためになるわー。
次回の浸水に、是非、実行させていただきます。
...って、願わくば、遭遇したくないアクシデントだけど(^_^;)

それにしてもこの春は、なかなか長靴を仕舞えませんね~。
明日の予報もビミョーに寒そうですワ(>_<)




<< お散歩シーズン (^^♪      厚顔無恥 >>