2013年 06月 09日

コトリ ノ トリコ


菜の花の撮影に行っていても

菜の花畑の中にノビタキの姿を見つけてしまうとつい

e0235910_691919.jpg

カメラは、というか自分はそちらにココロ奪われてしまいます。


e0235910_6102021.jpg

メス、オス、どちらかの姿が見えると大抵近くにパートナーの姿も。

...そう、彼らの近くに「巣」がね、この時期はあるのです。


e0235910_6122199.jpg


e0235910_612196.jpg

ノビタキの オスとメスの違いは大変わかりやすいです。
オスは色のコントラストがはっきりしていますね。


e0235910_615457.jpg

餌を口にくわえて巣穴に入るまでに経由するポイント地点はほぼ決まっていて。


e0235910_6161519.jpg


e0235910_6163162.jpg

こちらの姿に気づくとなかなか巣穴には戻りません。

...ごめんね、巣穴を襲ったりはしませんよぅ~。


e0235910_6172035.jpg



e0235910_6173568.jpg

菜の花のてっぺんにちょこんと止まって風に揺られるノビタキさん。
とても小さな体です。


e0235910_6194596.jpg

また来年、菜の花の時期に逢えるといいなぁ。

by Okamekikurin | 2013-06-09 23:55 | シャシン | Comments(4)
Commented by yu-ra at 2013-06-10 09:36 x
カワイイな〜〜。
わたしも今年はじめてノビタキが菜の花にとまってるのを見られたんです!
わ〜、これ、Kikurinさんの写真でよく見るコだ〜!って思ったけど、車を停めたら飛んで行ってしまいました…。
次回は是非姿を撮りたいなあ…。
畑をウロウロして見つけたのでどこで見たのかうろ覚えですがね^^;
Commented by ポンママ at 2013-06-10 10:00 x
先日かわいい鳥がいてあわててレンズとりかえてるうちに
とんで行っちゃいました
オールマイティのレンズつけてないとダメだね
札幌は住みやすいとこだけど写真撮るには私には不満
でもここで何か見つけて行かないとな
ないものねだり・・・・
かわいいな~~~~
Commented by Okamekikurin at 2013-06-10 19:33

★yu-raさん★
ノビタキさん、「偶然」に撮れる時もあるのですが、私はまず巣の場所を見つけてからある程度時間をかけて巣の近くに待機しております。
巣があれば親鳥は必ずそこを基点に往復しますから...

今年は例年よりも菜の花撮影スポットが少なかったので、あまり通わないうちにシーズンが終わってしまいましたよ~。期間限定カフェも週末しか営業していなかったし...
yu-raさんは沢山撮れたかな?

Commented by Okamekikurin at 2013-06-10 19:34

★ポンママさん★
今日は札幌も暑かったですねぇ~。
寒い春からいきなり初夏の陽気になって、自然界の生き物たちも戸惑っているんじゃないかしら。

札幌は公共の交通機関が行き届いているので私はその点がとてもうらやましいです。
こちらでは、マイカーがないと行きたくても行けない場所がいっぱいあるもの~。
あと、どれだけ立ち読みしてても目立たない本屋さんとか(笑)

そうそう、円山公園のエゾリスさんにも逢ってみたいなぁ。
紅葉時期の円山公園の美しさは秀逸ですよね...朝晩あそこをウォーキングできる環境だったら幸せだろうなぁ。



<< 6月の残雪、あるいは白昼の...      『家をつくる』ということ (その3) >>