2013年 08月 07日

伝えのこしたいもの


e0235910_8454465.jpg


いつか あなたは「プリキュアになれない」ことを知り
いつか あなたは誰かに恋をして
ときに あなたは生きることに躓いたり涙を流したり

生きるということは
容易くないけれど
プリキュアにはなれないけれど

でも

今日からずっとずっと遠く先の いつの日か
乾いた笹の葉の香りに触れたとき
あなたは想い出すにちがいない

汗ばむ夏の 夕闇のなかで
あなたは
プリキュアになりたかった日々のことを
七夕飾りを家族と一緒にこしらえた日の自分を
きっと
懐かしく想い出すにちがいない


(※平成25年8月7日撮影)

by Okamekikurin | 2013-08-07 23:55 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by 南部虎弾 at 2013-08-08 22:48 x
短冊に何をお願いしたっけな~さっぱり思い出せない今日この頃、
いや・・・待てよ・・・お金持ちだったっな~確か!
願いは、叶ってました!
http://www.youtube.com/watch?v=FEasEpoXZCw
Commented by Okamekikurin at 2013-08-09 00:07

★南部虎弾さん★
そういえば自分も何を書いたのだったか記憶がナッシングです。
とらさんは夢がかなってサクセス人生まっしぐらー。
いいなぁいいなぁ。
アタシはサマージャンボ買うお金もないよぅぅ(涙)

『南部虎弾』がわからずにググってしまいますた(笑)



<< 『家をつくる』ということ (その7)      見ごたえたっっっぷり! >>