2014年 04月 09日

学習する鴉(カラス)


※カラスが苦手なお方は、どうか本記事はスルーでヨロシクお願いいたします<(_ _)>

我がマチの駅を利用する際に 駅前のハイヤー乗り場を横切るとき、
以前から「あれっ?」と気になっていたことがある。

客待ちをするハイヤーに、妙に1羽のカラスが接近しているなぁ...
(運転手さんのどなたかが、もしかすると餌を与えているの??)
...というようなシーンなのだけれど、
何せ駅に行く時って目的は列車に乗る事なので。
時間に余裕がなくて横目で流し見するだけなのです。

今日は「なるほど、そういうことだったのか!」と現場をおさえました(笑)

e0235910_06111405.jpg

この界隈にとても人慣れしているカラスがいることはかなり前から知っていたのですが。
彼(彼女?)は、人の顔もまたちゃんと記憶(区別)しているのですねぇ。

「餌をくれる運転手さん」を覚えているのです。

e0235910_06121732.jpg

カラスはその運転手さんの乗った車のフェンダーミラーに止まると
「おやつ、ください♪」とおじぎポーズを何度もくりかえします。

e0235910_06131337.jpg

運転手さんは、袋からお菓子をひとつ取り出して窓からポイ、と。


e0235910_06134116.jpg

カラスはもらったお菓子をくわえて一旦は近くの枝あたりに飛び去りますが、
食べ終わるとまた同じフェンダーミラーに止まって催促ポーズを始めるのでした。



ハイヤーのドライバー仲間さんの間では知れ渡っているでしょうけれど、
そして勿論このことには賛否両論あるでしょう。
(多分、怪訝な顏をする人の方が多いかも)

また、お客さんを乗せる、というお仕事柄、
ドライバーさんも微妙に「堂々とは」カラスに与えることをしていないようです。
しかし、このドライバーさんは間違いなくカラスをお好きなのだと思われます( ´艸`)

そんなわけで自分も、コッソリと、
このシーンに出逢えることを楽しみにしていたいです(*v.v)。

e0235910_06142421.jpg




 

 

 



by Okamekikurin | 2014-04-09 23:55 | ツブヤキ | Comments(12)
Commented by kei at 2014-04-10 09:50 x
頭下げるんですか!

カラスってほんと、賢くてかわいいんですよね
って、悪さもするし、鳩を狙ったりもしますけど。。

私がいつも藻岩山で合うカー子とカー助も
とってもかわいいんですよ
さ~~~~~っと後ろから私にぎりぎりで飛んできて前に下りるんです。

黙々と歩いていて気が付かない時など
後ろからぴょんぴょんと横に並んで歩いて
私の顔を覗きます。かわいいです。

でも、カラスは嫌われ者でもありますから
他に人が居ないときしかパンなどをあげれません。


見つかると叱られます。^^;
Commented by インコ母 at 2014-04-10 13:16 x
タクシーが並んでいても、顔を識別する。賢いのが解りますね(^^)

私も札幌在住時の冬ですが、賞味期限が切れそうな食パンを
ワルイのは承知で、ウチの車が駐車している横に、そっと置きました。
電柱に止まって見ているのを確認してからですけど。
直ぐに離れるのですが、サッと下りて持って行くんです。
おかげで?襲われた事はありません。
顔を見ていましたが、同じハシブト君なんです。
置く前には周囲を確認しましたが、冬は人通りが少なく
誤魔化せましたよ。 ここではしませんし、出来ません。。。
Commented by at 2014-04-10 17:34 x
素晴らしい記事ですね!
この記事も『カラスの恩返し』なんて話を仕立てて絵本にでもしたいですね!
カラス君の友人の運転手さんに、きっと何かイイ事があるような気がします♪
Commented by カッコとじ at 2014-04-10 17:36 x
いる、いる、人間だって。
困ったときだけ頭下げるの(笑)。
尻尾をふる、猫撫で声・・・。
人間が動物のマネをしていること多々あるかも。
動物ができないのは48手くらいかニャ(笑)。


に、してもよくこのシーンを撮りましたねぇ~。
動物的カン?
洞察力すごいワン。
Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 08:48
★keiさん★
藻岩のカー助&カー子ちゃんフォト、いつも感心しながら見ております!!!
カラスというだけで、近寄ってくると顔をしかめて追い払う方々が少なくないとは思うのですが、彼らの仕種や表情ってカワイイですよね。
おすそわけ、私もM山公園とかH岸霊園とか行くとコッソリ...(^_^;)
今は大通公園の鳩さんへもNGになっちゃって、つまんないです(T_T)

Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 08:49
★インコ母さん★
そうですか...インコ母さんの今お住まいの環境では無理になってしまったのですね~。
住宅の密集していないエリアとかだと、カラスさんがやって来るのをプチ楽しみに出来たりするんですけれどネ。

札幌市内の大きな公園(某N島、とかM山、とか...(^_^;))で風景撮影していると、カラスさんの人懐こさというか大胆さ、ときに厚かましさ(笑)に驚くことがしばしばあります。
お盆やお彼岸時期の墓地も同様ですが(苦笑)


Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 08:52
★Fさん★
Fさん、有難うございます~(^^♪
実は以前、この近所にあった(今は取り壊されてしまったのですが)おうちのご高齢の女性がいつも、飼っていたシーズー犬を抱っこしながら家の前でカラスさんにお喋りを教えていたのです。
カラスさんはガードレールに止まって、驚くほどじっとした姿勢でその女性の言葉に耳を傾けていました。
そういうほのぼのとしたシーンに出逢うことがだんだん少なくなってきましたね...。

「カラスの恩返し」...これは是非書いてみたいですねぇ!!!
長期プロジェクトの一つに加えさせていただきますっ(^0_0^)
うーむ、もしやアタクシ、エロから路線変更でしょぅかね...。

Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 08:55
★カッコとじさん★
なーーーーるほどぉ。
カッコとじさんのおっしゃるように、ヒト科が動物を真似ているのかもですな。

何かと用いられる表現のひとつに「トリ頭」っていうのもあるけれど、しかしこのカラスでいうとトリ頭じゃないんですよね(笑)
動物に例える表現って、結構上から目線的なものが多い気が(^_^;)
ヒトはそれほど偉くないと思うんだけどなぁ..
金魚のフン、とか
言い得て妙だけど、すごい表現だよね(笑笑)

さて、次なる春の宴、テーマは「あのヒトを動物に例えると」
いえ、たまたまです、たまたま、思いついたンです。
「じんせいたまたま」←←某、[彼]の名言( ´艸`)

Commented by ポンママ at 2014-04-11 10:12 x
カラスってほんとにおもしろいって思う 都会で生きるのだから人間に嫌われることもいっぱいしていかなきゃいけないってことは仕方ないねー何故そんなに嫌われるのか私はわからない・・・
Commented by インコ母 at 2014-04-11 15:28 x
札幌在住時、雪祭りで混んでいる時に、監視の目が届かない隅っこで「鳩とカラス」にパンと鳩餌を撒きました。
カラスはパンを持って飛んでいくけど、鳩は取り合いで団子状態に(笑)
面白いらしく、観光客さんも後ろからカメラのシャッター音パシャパシャ。

一番笑ったのは私ですけどね~(^^) 鳩って、ベンチに座ってると、寄ってきますよね。。

Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 22:53
★ポンママさん★
カラスの行動、ホント見ていて飽きませんね。
苦手とおっしゃる方が多いのも重々承知しておりますので、ブログ記事に取り上げるのはちょっと躊躇われましたが...(^_^;)

大通公園を歩いていると「鳩って苦手~」というお声もしょっちゅう耳にします。
鳩小屋で育った私にはその理由がよくワカラナイのですが(笑)鳥ってシュールなのでしょうかねぇ??

海のあるマチでは、カモメも日常の風景の中に在るのかなぁ...羨ましいなぁ。

Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 22:55
★インコ母さん★
鳩餌は、私も大通公園で派手にやっちゃいました...その昔...まだ昭和の時代です。
(今なら絶対できません(^_^;))
まだ丸井さんの上にペットショップがあった頃ですよ~。
あそこで鳩餌を買って、公園に直行。
何度かやりましたねー。
しかし真冬の、鳩の集まり方といったらそれはもう恐怖に近いものがありました(^_^;)
どっからこんなに集まるんだろう???というくらい、ヒッチコックの映画状態でしたよぉ。



<< 三弦橋まつり!?      不便という豊かさ >>