2014年 04月 10日

三弦橋まつり!?


今年に入ってから夕張の三弦橋関連の新聞記事も地味に増えてきたなぁ...と
何とはなしに感じていたけれど。
4月8日の夕刊を読んでさすがに驚きました。
...いやはや、ここまでスゴイことになっていたとは。


以下、北海道新聞2014年4月8日夕刊より転載させていただきます。

e0235910_11100429.jpg

『一目見たいな「三弦橋」』(夕張)

多目的ダム、夕張シューパロダムの完成に伴い、4月下旬ごろ水没する
世界的にも珍しいトラス構造の鉄道橋「三弦橋」を一目見ようと見学者が次々と訪れている。
札幌からの日帰りバスツアーが企画され、ドキュメンタリー映画の撮影も進んでいる。

三弦橋は旧下夕張森林鉄道夕張岳線の橋で、全長約380メートル。1958年に完成。
夕張岳線は約5年後に廃止されたが、三角形を連ねた美しい鉄骨トラス構造が人気を呼んだ。
3月4日から始まったダムの試験湛水(たんすい)で水没が迫ると、
橋を見下ろせるシューパロダム管理棟の駐車場は見学のマイカーでいっぱいに。
ダム管理事務所によると、3月4日~4月6日に437人が記帳、多い日は52人に。
記帳せずに帰る人は2倍以上と見られる。

(中略)

バスツアーは北海道オプショナルツアーズ(札幌)が4月12日に行う。
料金は大人1人6900円で、三弦橋に詳しい専門家が同乗し、
周囲の歴史を学べる資料映像も上映する。
今年2月には夕張の建設会社役員らが三弦橋の映画製作実行委員会をつくり、撮影が始まった。
今秋にも完成予定で、実行委代表の簑島慶介さんは
「惜しまれながら沈みゆく三弦橋の勇姿と、夕張で暮らす人々の今を伝えたい」と話す。

===========


えらいこっちゃですなぁ。ここまで来ると もはや「三弦橋まつり」か!?
...とでも言いたくなってしまうような、フィーバーぶり(死語?笑)ですね...。
「三弦橋のたもとで」、なんていう演歌が誕生しそうだわ。
「今しか食べられない幻の味・三弦橋まんぢゅう♪」
これは是非、夕張の某ぱんぢゅう屋さんに作っていただきたい(笑)

...って冗談はさておいて。
週末は混み合うこと必至ですね。
お越しになる方、車の運転はくれぐれもお気をつけて~~。


ちなみに私は3月15日にお邪魔してきました。
この日も大勢の見学者がいらしていました。
いつもは映画祭で夕張に行った時に三弦橋も撮影していたのですが、
今年は宿泊先が夕張ではなかったこともあり、映画祭中には足をのばせませんでした。


三弦橋ニュースは、北海道外までは発信されていないかもしれませんので
記録としての画像をいくつかアップさせていただきますね。

e0235910_11145039.jpg



e0235910_11150470.jpg



e0235910_11151656.jpg



e0235910_11152972.jpg



e0235910_11154274.jpg



e0235910_11155791.jpg




e0235910_11161211.jpg



e0235910_11163007.jpg



e0235910_11164606.jpg



e0235910_11170005.jpg

(※平成26年3月15日撮影)







by Okamekikurin | 2014-04-10 23:55 | ニュース | Comments(2)
Commented by こたつ猫 at 2014-04-11 20:54 x
美しいトラスですね。
三角だなんて、珍しい・・・・

これは、保存すべきですね。
美的センスを兼ねた文化遺産です。

こちらの方では新幹線祭り(笑)
本日、W7系が陸揚げされました。

ご多忙にもれず、私も(笑)



Commented by Okamekikurin at 2014-04-11 22:58
★こたつ猫さん★
三弦橋、まもなく沈んでしまうのです...
緑の季節も、紅葉の季節も、冬のモノトーンな荒涼感も、それぞれに美しくて魅了されました。
先日の撮影時はものすごい風で耳がちぎれそうでしたが、いつまでも見ていたかったです。

陸揚げ、いいですねー!
海路972キロってすごいですねぇ。
お写真、たくさん撮れましたか???
ブログでお披露目、首を長くして待っておりますよーん(^^♪




<< ありがとう      学習する鴉(カラス) >>