ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 15日

『笛ふきのうた』


e0235910_13380612.jpg


「あのころの、北見の通学路が見えてくる...」

...私がこのCDを聴いて、真っ先に抱いた思いです。

『ベッカライ麦々堂』(旭川市)のマダム「季里」さんのセカンドアルバム『笛ふきのうた』が
2014年4月11日に発売開始となりました!!

小学生の頃からオカリナを吹き始めていたという季里さん。
としごの姉とクラスメイトだった季里さん、と私が、同じ中学に通えたのは
たった1年間だったけれど...濃厚だったなぁ...昭和50年。
しかしあのとき既に季里さんがオカリナを吹いていたとは夢にも思わなかったのでした。



昨年春、35年以上という長い長い時を経て、ひょんなことから季里さんに再会。
「人生ってすごいな。」
とにかくシンプルに、そう感じました。
嬉しいとか懐かしさとか、勿論そういった感情があふれ出るなかで
しかしもっともっと、言葉では言い表せない何かが、あったのです。



e0235910_13402682.jpg

北見の風だ。
北見の空だ...北見の土の、においだ。
季里さんのオカリナの音色は、私にとっては北見の記憶そのものでした。


だけど、
『笛ふきのうた』のCDを、それから毎日聴いていると
記憶、だけにとどまらず新たな感覚、感情が生まれてくるのです。




あれからの、40年近く。
それぞれの人生、喜びやざせつ、悲しみも苦しみも
それらが押し寄せては乗り越えて、
もがいたりあきらめたりうけいれたり、笑いころげたり。
季里さんにも私にも、誰しもに。生きてきた時間があって。
そうして積み重ねてきたものが
季里さんのオカリナの音色から聴こえてくる気がするのです。


生きるということは
たまにしんどくて
たまにつかれはてて
たまにうしろ向きになってしまったりするだろうけれど
そんな時にもオカリナの音色が
「なんとかなるよ、なんとか、ね」と囁きかけてくれるような

まろやかで、優しくて。
時にクールで、ときに切ない季里さんのオカリナが。


『笛ふきのうた』を聴きながら
今朝もひとり珈琲を淹れて
「さて、1日がはじまるよ~」とココロのぜんまいを巻く私なのでありました。



e0235910_13415717.jpg

(※名前を載せていただき、有難うございます~~(*^。^*))



『ベッカライ麦々堂』さんのHPは→→→ コチラ です。

 

 



 



by Okamekikurin | 2014-04-15 23:55 | オンガク | Comments(12)
Commented by とら at 2014-04-17 06:51 x
私も珈琲を淹れて季里さんのオカリナをようつべで聞いています。

情景やにほいが漂う素敵な音色ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=4JQgQ3KwncA

Commented by Okamekikurin at 2014-04-17 08:55
★とらさん★
おっ(^0_0^) ようつべで発見されましたか~~♪
有難うございますっ!
オカリナは、ジャスミンティーとか紅茶系にも合いそうな音色ですよね。

ちなみに今朝のKikurin亭(笑)は深煎りマンデリンでございまーす(゜-゜)
仕事準備がメッチャ滞っているので、自分に喝入れのためパンチある味わいで(苦笑)

Commented by 季里 at 2014-04-17 10:38 x
おはようございます。
記事にしていただき恐縮です〜〜。

>とら様
うひゃ! 昔のライブ映像ですね。 この時はど緊張でへろへろでした。 お恥ずかしい。。
と言いつつこんな動画も紹介しちゃいます。
https://www.youtube.com/watch?v=2SuZUWTxY0g
よろしかったらご覧下さいませ。
Commented by Okamekikurin at 2014-04-17 22:42
★季里さん★
こんばんは~~! 月がものすごく綺麗な夜です☆彡
ガンゲットダイマさんでのライブ動画、実は私も以前から拝見しておりました(^^♪
NewアルバムのPVも素敵だわ~~~。
とらさんにも、たくさんの皆さまにも、観て(聴いて)いただきたいですねー。

うちのびび太@ヨウムが、このリズムに合わせて踊るんですよ~。
それを動画に録ろうと試みたのですが、カメラ向けるとだんまりになっちゃうのです(T_T)
うまく録れたらお披露目させていただきたいですっっ。

Commented by とら at 2014-04-18 07:01 x
>季里さん
拝聴しました。懐かしい故郷の春がよみがえる素敵な演奏でした。
ありがとうございます!
Commented by 季里 at 2014-04-18 16:51 x
オカリナの音は小鳥さんたちに好評なのですよ!
お友達の家でかけてもらったらセキセイちゃんたちが一斉にさえずり出したり、外で吹くとシジュウカラがピチパチ言ったり。
友達から「ぴーちゃんも喜ぶ?」と訊かれましたが、ぴーちゃんはうちに来た時から聴いているから無反応・・・(-"-;)

>とら様  ありがとうございますっ!\(^o^)/
Commented by Okamekikurin at 2014-04-18 22:15
★とらさん★
心地よくカラダにココロにしみ入る音色ですよねぇ~。
生ライヴを聴いてみたくなります。
季里さんのライヴ聴きながら麦々堂さんのパンでブランチなんて、考えただけで至福の時だわ~♪


Commented by Okamekikurin at 2014-04-18 22:16
★季里さん★
やはりそうでしたか~。
びび太@ヨウムはリズムを取り、オカメ達は一緒に「ぴぽぽぴぽぽ」とさえずり始めるんですよ~。
たぶん、ずっと聴かせていたらオカリナの音色を真似るんじゃないかな、と思われます。
これまた楽しみですよぉー。

いつか絶対、麦々さんご夫妻でライヴ開催してくださいね~(^^♪

Commented by カッコとじ at 2014-04-19 17:11 x
April Walts

丘の上にある木造校舎。
母が縫ってくれたあおいろのワンピース。
真っ白いタイツ。
じいちゃんがかってくれた赤いランドセル。
おかあさんの着物の匂い。
砂利道に流れる雪解け水の音。
たなかせんせんせいのしわがれた声。
たった11人の一年生。

思い出がオカリナの音色と一緒にやってきましたわ~。
素敵な音色と素敵な写真をありがとうございます。
これも忘れられない贈り物だね(^^)/~~~。













Commented at 2014-04-19 21:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Okamekikurin at 2014-04-20 05:27
★カッコとじさん★
音楽って、ときに思い出を連れてやってきますよね~。
そのときどきの「シーン」には気温や匂いなんかも伴っていたりして。
音楽がメンタルにもたらす効果(影響)って、ホントすごいよなぁって思う。

タイツだったよねぇ~、昔のおんなのこ。
今、皆がはいてるタイツとは、違うあれ。
フィット感もよくなくて、シワができて。
私はいつも姉のおさがりの洋服で、子ども心にはそれが納得できなかった(笑)
「新しい洋服」は憧れだったなぁ~(^_^;)

着物の匂い、あれも強烈だった!
和ダンスをあけるとね...って、
今、和ダンスがあるおうちって少ないのかなぁ。

Commented by Okamekikurin at 2014-04-20 05:28
★鍵コメさま★
....いやはや、そうでしたか。
モロに、まさに、セイシュン時代のお年頃ですよねぇ。
オホーツクブルーの空、あれは他の街では見られませんね。
冬のハンパないシバレ感しかり(笑)

私は北斗町に住んでいたのですが、放課後の遊び場はもっぱら向かいのNHKの庭園でした。
NSPがまだヒット曲を出す前、あそこで無料ライブなんかもやっていたっけなぁ。
ちなみに、北見時代、初めて映画館で観た映画は「小さな恋のメロディ」だったのですが、併映していた作品が「青い体験」というセイシュンドキドキエロエロストーリーで、小学生のガキンチョには刺激が強すぎました(^_^;)



<< 春のリズム      低血圧な彼ら >>