ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 06日

あいたくて、あいたくて


e0235910_08384608.jpg

あなたが
少し遠いところに旅立っていかれてから
1年が過ぎて

さいきん
何げなく、ふと
自分の過去のブログ記事を開いたときに
そこに在るのは
あなたの姿だったり
あなたからのコメントだったりする
その不思議

e0235910_08400907.jpg

あいたくて
あいたくて
あいたいと
思い続けているからなのだろうか

あえるのだよ、と
あなたが教えてくれているのだろうか

たまらなくなり
訪れるあなたのブログが
更新されているはずもないのに

何度も何度も

私は あなたを感じたくて
ただ、あいたくて

e0235910_08405704.jpg









by Okamekikurin | 2014-06-06 08:43 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by F at 2014-06-08 18:07 x
めずらしいゴールデンバット。今後も見ることはないでしょう・・・
私は手稲の床屋さんへ行った帰りには琴似の彼のマンションにお昼のお弁当を持参で立ち寄ったものです・・・
先週も床屋さんに行ってきました。帰りに寄るところがなくなってしまいました・・・
急に、彼がいなくなった実感がおそってきました・・・

Commented by Okamekikurin at 2014-06-08 22:35
★Fさん★
そういえば「あいねくらいね~~」さんでランチを...というお話も結局実現ならずでした。
Fさんは行かれていましたよね...。
淋しさというのは、時間が経ってもひたひたと忍び寄るものですね。

何本も作っていただいた動画を見ながら、きっと傍に居てくれるのだと思いつつも涙があふれてしまいます。
眠りの中では逢えるような。ふと、そんな気にもなってしまうのです。




<< 五月の出逢い      蜜の味 >>