ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 10日

KISSする若者


それが決して悪いこととは思わないし、
キスは愛の表現として とてもステキな行為だと心底思っている。


...ん、がっ。
何せ私は生粋のニッポン人。昭和に生まれて昭和に育ち。
洋画の中では愛のくちづけ、挨拶のキッス、
接吻ブッチュン吸ったり吸われたりぃ~~
えとせとらエトセトラ、見てきていても。
「日常において、人前でするなかれ」という
わが国に昔っから根付いている教えに寄り添って暮らしてきたものだから。

やはり、公衆の面前でとなると ちょいとばかし違和感を覚えてしまう事は否めない。

ええ、たとえ旧い人間と言われても仕方がございません。


e0235910_21223123.jpg

7月某日、夕刻のサツエキにて。
ホームに上がるにはまだ少し時間が早かったので、改札を過ぎてから
長椅子に腰かけようと空いているスペースを探す。

端っこに若い男女が座っている椅子の、右側が空いていたので腰かけた。
男女からは「今がいっっっちばん熱い時期」っていう空気が
ムンムンムーンに溢れまくっていた。
おとな三人分はゆうにあけて座っている私のところまで、
そのアチチチ~~な温度が伝わってくる。
絡み合わせた腕と腕の動きがやったらめったらスローモーで粘着的で。

「ああ、そうそう、あるのよね、そういう時期は。うんうん。」と
オバちゃんは見て見ないふりをして、自分のスマホ画面などに目を泳がせておく。


(そのうち、キッスだべなぁ...)


と、思っていたら。

男女はキッスもキッス、ディープキッスを始めた。

そっかぁ、ディープキッスかぁ。
公開ディープキッス遭遇記念写真撮りたいなぁ。
撮れるわけないよなぁ。
この後二人は、そのどちらかが列車に乗り込んで離れ離れになるんだべか。
それとも手に手を取り合っての愛の逃避行なんだべか。

どっちにせよ、どうぞお幸せにね。
すえながーく、愛をはぐくんでね。


e0235910_21254909.jpg

...ってなわけで、そろそろ列車も到着する時間帯と相成りましたので、
他人様のディープキッスを羨みながら階段を駆け上る。
いや、ケツの重たいオバちゃんはエスカレーターだったンだわ(オイ)


ところ変わって、列車内。
通路を挟んだ隣の席には、これまたお若い男女@ビッグな旅行鞄と共に。


(富良野かぃ...)心の中で 独り呟く。

この時期、A川方面に向かう列車に乗るカプ~ルもしくは団体様で、
女性がやたらにどぎつい赤の口紅をつけている場合は
ほぼ間違いなくわが国のお方ではない。
彼らは大抵T川で列車を降りて、ラベンダーの街へと
向かう列車に乗り換えるのであった。


通路側の座席に男性。
窓側の座席に女性。
(彼氏なんてどーでもいいから、彼女の顔が見たいな)
ココロの中でオバちゃん呟く。

姿勢を改めるフリなんかしながら、
オバちゃんは上半身をずらして彼女の顔を確認。

「び、びじんだ...」


くそー、オトコはたいしたことないのに、
どやってこやつはこのびじんをゲトしたのだろう。
やはりあれか、アレしかないか。あれにきまってる。
ココロの中でオバちゃんだんだん壊れていく。

いまや近隣の観光地の何処へ行っても耳にする あの独特の抑揚の言語を子守唄に、
さてわがマチに到着するまで眠ろうかな...と思ったその直後。

彼氏と彼女(※びじん)...の、賑やかトークが、途切れた。

「んっ?熱きトウナイトにそなえて仮眠か?」
オバちゃん、薄眼で隣を見やる。

「ちっ。またもやキッスかー。」

たいしたことないおとことびじんのかのじょが
会話→キッス→会話→キッス→会話→キッス→会話→キッス→会話→キッス→会話→キッス→  
(※コピペに疲れたので以下省略。)


...という濃密濃厚世界を繰り広げていた。

「本当に二人だけ」の空間ならば、
こういうお二人は一体全体どんな過ごし方をしているのだろう。

会話→アレ→会話→アレ→会話→アレ→
(※コピペするのがアホらしくなったので以下自粛。)


...んなわきゃないだろうけれど。

しっかし、こういうブログ記事を書いている自分って。。。。
淋しすG...



e0235910_21284007.jpg

今日の富良野は雨だべなー。
あの二人はきっと相合傘なんだべなー。
オバちゃん、雨のラベンダー撮りたいなぁー。


そういえば、昨日の彼氏の唇には、彼女(※びじん)の口紅の赤が
べったりついていたけれど。
彼女はそういうのを見ても興ざめしないものなのだろうか???


ええ、ええ、まったくもって余計なお世話ですよね。ハイハイ( ´,_ゝ`)。



さてとー、便所掃除でもすっかなー。







by Okamekikurin | 2014-07-10 21:47 | ツブヤキ | Comments(6)
Commented by kozu at 2014-07-10 23:51 x
いえね、びっみょ〜に外国人さん友達が多かったり、かぶれているもんですから、ご挨拶のハグ&ホッペチューは抵抗無いんすよ。わし。
でも友達の外国人かぷ〜るのキッスは、いつ見ても美しいのですが、自国のかぷ〜る(主に若いの)のベロチューはどうも美しくない…(T_T)
この差はなんなんでしょうね(ー ー;)
Commented by kei at 2014-07-11 11:58 x
日本人にキスって合わないよね~
ってか、黄色人種全般に合わないと思う。

美しく見えません。
って、やっかみ?(^。^)

会話→アレ→会話→アレ→会話→アレ→

って、、無理でしょ。あはは。
Commented by Okamekikurin at 2014-07-11 21:36
★kozuさん★
同感でございます!
異国のお方のキスって美しいですよね~。
シニアのカップルのキスもとてもステキ。
あるいはお子ちゃまのキッスもめんこい。

わが国の男女...何が違うのかしら。
やはり日常の中にキスがフツーに存在している環境と、「性」に直結してしまうわが国の環境との違い???

ぜんっぜん話が違いますが。
4月から始まったお向かいの新築工事が終わりました。
まだ内部のちょこちょことした工事はあるようですが、荷物も運び始めています。
1年前を懐かしく思い出しますよ~。

Commented by Okamekikurin at 2014-07-11 21:37
★keiさん★ 
レンタルでアジア系映画を借りてくると、AVでもないのになかなか激しい濡れ場が登場したりします。
ちょっと複雑な気持ちで見ちゃいますね(笑)

列車内でお隣だったカップルも本当に熱烈ラヴラヴでした。
片時も手と手を離さず。んもういつキッスの次の段階に移行してもおかしくないぞーってな空気でした。
いやいや、一晩中アレ、エンドレスなのかもしれません(*´Д`*)

Commented by at 2014-07-11 22:46 x
冨良野かい?(田中邦衛)風に心の中で呟いたのでしょうか?
チッスか~されたいな~
https://www.youtube.com/watch?v=3M4wxqoS3YI
Commented by Okamekikurin at 2014-07-13 00:16
★寅さん★
ラベンダーがまさに今、まんまんまんまんかい!!!...なもので。
田中邦衛さんも卒倒しそうなほどに観光客が押し寄せています。
真っ赤な口紅、いたるところでチッスの嵐ですね(笑)

私は夏の富良野は遠慮して、ご近所のお庭のラベンダーを眺めて過ごしますヨ(^_^.)



<< タロちゃん♪      木の目 >>