ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 19日

時は流れて


e0235910_20522275.jpg




e0235910_20523629.jpg




e0235910_20525143.jpg




e0235910_20530587.jpg




e0235910_20532554.jpg




e0235910_20534211.jpg




e0235910_20535833.jpg


ちょっと歩きつかれたし
喉も渇いたからと
11時半OPEN、の看板を見て
「海猫屋」にお邪魔した。

初めて海猫屋に来たのは
30年以上昔のことだ。

ふらりと、50歳過ぎたオバサンがひとり
入る店では、なくなっていた。いつのまにか。
内装もすっかり変わり、
私の隣の椅子には
すらりと長い脚に10センチ以上もありそうな
ハイヒールの女の子。
周りを見渡すと
お洒落な若者ばかりだった。

自分は、といえば
ボロボロのズック靴に
すりきれたズボン。



珈琲一杯を15分で飲み干して
そそくさと店を後にした。

佐々木好を知っているお客さんが
果たしてあの店の中にいただろうか。
いるはずは、ないよな。

時は、流れる。
旧い話なんて、野暮だよな。


e0235910_20542113.jpg

(※平成26年9月14日撮影)








by Okamekikurin | 2014-09-19 23:55 | シャシン | Comments(2)
Commented by tora at 2014-09-21 08:38 x
秋の小樽か~潮風の心地よい雰囲気が伝わってきます。
海猫屋さん知りませんでした 検索すると小説の舞台にもなっているようですね今度帰省した折には、是非 行ってみたいです
 https://www.youtube.com/watch?v=qT92vZfrO2g
サッ 参拾年前・・・・興味深々です。

Commented by Okamekikurin at 2014-09-22 05:48
★toraさん★
このたびとても久しぶりに海猫屋さんにお邪魔して、時代の移り変わりをこころから感じました。
今の若者もしかし、佐々木好の歌詞に共感するアンテナは持っているのかなぁとちょっと興味もあります(笑)
北一硝子もどれだけ店舗を構えているものやら今となっちゃさっぱり「???」ですが、ぽつんと一つだけ在った頃が懐かしいです。旧い話です、ハイ(笑)



<< ツボミ信号      何度目の雨上がり >>