2015年 01月 16日

もやし


リハビリ室の、窓越しに
日暮れ前の見慣れた町並みをふと見やる

「あ...雪になったのか...」


午前中はあんなに青空が広がっていたけれど
やはり天気予報通りに降り始めた

(明朝までに、少し積もるかな)
ドカ雪は嫌だけれど、ここ数日の半端な暖気のおかげで
歩道はツルツルなのだ
明日もそれなりに歩くことになりそうだから
適度な雪はほしいところだ



リハビリ室には
身体の色んな場所を色んな方法で治療する
色んな世代の方たちがいる
断言できるのは
ここにいる人達は身体の「どこか」が具合悪いということで
おそらくは(じぶんも含めて)一朝一夕には
治らない「どんより感」を併せ持っている


どっくんどっくんと電気が流れてくるのを感じながら
(身体のどこにも不自由なく暮らせていることの方が
むしろ奇跡的だよな)
なんて、つい、思ってしまう


死ぬまで生きるということは
これなかなか大変なのよね


e0235910_22392390.jpg



冷蔵庫の中から
賞味期限を1日過ぎた「もやし」の袋を取り出す

先っぽの、黒ずんだところを除いて
まだまだ大丈夫さ、と ざぶざぶ洗う



そう、まだまだ大丈夫さ、私だって
薬を飲んだかどうかは 取りあえず忘れていない、はず

...たぶん、ネ。











by Okamekikurin | 2015-01-16 22:49 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by ポンママ at 2015-01-16 23:46 x
菊りんさんは首!牽引!やってるのですねー(o_o) ここが治れば次はこっち…私もそんなことやってますわ。私は腰の牽引…しばらくやりますよ(._.) どこも悪くない人探すほうが困難かしら…
Commented by Okamekikurin at 2015-01-17 06:15
★ポンママさん★
リハビリの最中とか点滴を打たれている間とか、
病院で我が身が固定されている時って普段考えない色んなことをつい考えてしまいます(笑)
腰の牽引のかたも多いですよね。
人体というのはどこが塩梅わるくても切ないものです(T_T)
とにもかくにもこのツルツル路面の時期、リハビリの帰りに
転倒骨折なんてシャレにならないので気を付けねば、です(^_^;)

ポンママさんもどうぞお大事になさってくださいませ、ネ。



<< 急変      木とともに >>