2015年 01月 23日

お別れの春


e0235910_14200817.jpg

二胡という楽器を、見たことも触ったこともなかった

「三ヶ月だけ、やってみようかな」と
あまりにも軽い気持で教室を訪れたのが
2006年7月のこと

同じ年の秋の終わりに、自分用の二胡を購入


楽器代のもと位は、せめてとらねばと
「三ヶ月だけ」が、六ヶ月
六ヶ月が、一年
一年が、三年
三年が、六年
六年が...
早や、八年半かぁ...




とはいえ さっぱり練習はしていないので
いたずらに年月が過ぎるだけで
上達はしない 全然、しない


それでもいつしか
マイ二胡は自分の身体の一部みたいな存在になった



「癒される音」には程遠い自分の演奏だが
しかし何より「自分自身がへこたれている時」に
「自分のために、弾く」
そういう位置づけになっていった


けれど、あまりの自分の下手さに
「もうやめる!」とヒステリックになったことは
数えきれない
竿を折ってしまいたくなったことだって
二度や三度じゃない


そのたびに
「やめるのは、いつでもできる」
と、自分に言い聞かせたり

時に、ひと月以上もケースから取り出さないことすら


それはそれで
テキトーさ加減を行きつ戻りつで
今日まで




e0235910_14242247.jpg

まさか、自分が二胡をやめる前に
教室がなくなってしまう、とは
そんな日が来るとは
夢にも思わなかった


出逢いには
必ずいつの日かの「別れ」があるのだけれど

驚きと動揺を、寂しさを、
ちゃんと整理できるまでには


もう少し




e0235910_14264848.jpg








by Okamekikurin | 2015-01-23 23:55 | オンガク | Comments(4)
Commented by こたつ猫 at 2015-01-24 20:48 x
え? 

え??

えぇ~~~!?

教室がなくなってしまったのですか?
そんな・・・まだ通う人がいっぱいいたでしょうに。

これから練習はどうするのでしょうか?
Commented by Okamekikurin at 2015-01-25 06:54
★こたつ猫さん★
これも、ひとつの時代の流れなのでしょうかね。
冬が終わる頃までは今の教室(場所)にお世話になれるようですが...

〇〇文化教室、というようなカルチャースタイル系の教室に通っているのですが、
二胡以外にも、全てひっくるめてのその町からの撤退のようです。詳細はわかりませんが...
先生ご自身が教えることを辞めてしまわれるわけではないので、場所を移して、という流れになりそうです。
...いや、そうなってくれないと困るンです(笑)

Commented by ダイナマイトあさの at 2015-01-25 07:40 x
出会いは 別れのはじまり 別れは出会いの 切っ掛け そう言う流れで時はたつのですね
Commented by Okamekikurin at 2015-01-25 10:19
★ダイナマイトあさのさん★
素敵なお言葉、有難うございます!
じんわりと、心に染み入ります...。

音楽をとおしての、出逢い、わかれ、再会、いっぱいいっぱい、ありますよね。
笑って泣いて、寂しかったり感動したり、溢れるキモチが音に出来たらなぁといつも思います(←これがなかなかムツカシイ(-_-;))

今日、ライヴですよね!
私は自宅仕事の日なので伺えないのが残念~~(T_T)
そっと、応援しておりますよー♪♪


<< 雪と向き合う      やわらかな朝 >>