ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 17日

山へ


e0235910_09274960.jpg

「昨夜ついに、山へ移動しましたよ。」

6月17日、早朝。
『ふくろうを守る会』の方からいただいた電話で その報告をお聞きして
不覚にも涙があふれてしまった。



e0235910_09290673.jpg

今春はsadaさんフィールドのふくろうファミリーに逢いに、
早朝&日没前後にひたすら通い続けた。

抱卵から孵化、その後、森の奥へ移動するまでを見守らせていただき、
驚きやら感動、悔しさ、じれったさ、色んな感情を抱えながら過ごした約ひと月間。
まさにふくろう三昧で、翻弄されすぎて“ふくろう痩せ”するほどだった。

そんな状態だったから、管内でふくろう撮影地として最も知名度が高い某所へは
今シーズンはお邪魔するのをひかえよう。
...そう、思っていたのだった。


しかし、sadaさんフィールドのふくろうファミリーが森の奥へ移ってしまうと
にわかに自分が「空の巣症候群」状態になってしまった。



e0235910_09304191.jpg

ふくろうさんに逢いたい...
その思いを抑えきれずに結局、有名某所へ向かってしまった。

一度だけにしよう、そう自分に言い聞かせていたのだが、
「父ふくろうがカラスの集団に襲われて死んでしまった」という話を聞かされて
残された4羽のヒナと母ふくろうが気がかりで仕方がなくなってしまったのだ。



ヒナが出てから自分が最初にお邪魔した日には
4羽のヒナは既にかなり大きくなっていたので、
これは山へ移る日も近日中であろう。
4羽の、動きや羽の状態を見ながらそう感じた。

しかし、母フクロウ1羽だけで4羽のヒナに充分なエサが当たるのだろうか。
母フクロウだって自分自身の栄養を取らなくてはならないのだし。
自然界では珍しいことではないのだろうが、目の前のファミリーを見ながら
やはりそれを思わずにはいられなかった。



e0235910_09324834.jpg

何度かお邪魔しているうちに、色んなお話も伺うことができた。

4番子が上の3羽に比べてやや体格が小さかった。
「あの子が飛べるのを、待っている気がするね」そんなお声も聞こえていた。


4番子、カラスに狙われませんように...
いや、カラスだって、他の動物達だって、皆、子育てに必死なのだけれども。



e0235910_09332994.jpg

この画像は、夕方前の、とある一瞬。

母ふくろう(右側)がヒナの傍に飛んできたけれど
残念ながら餌は持っていなかった。
ヒナもしばらくの間は餌をせがむときの声を出し続けたが、
やがて諦めて葉っぱなどを食べて凌いでいた。



e0235910_09345307.jpg




e0235910_09350981.jpg




e0235910_09353024.jpg




e0235910_09354590.jpg




e0235910_09355818.jpg

父ふくろうが死んでしまったから、
この秋にはペアがここへ戻ってくることはないだろう、と
地元の方達がそうおっしゃる。

次のペアが出来て、戻ってくるのは何年先になるのだろう。
またこの場所で、洞に並ぶペアを撮れる日が来るだろうか。


e0235910_09365639.jpg

冬のアルバムの中から。

またこんな仲睦まじいシーンが見られますように...



e0235910_09380537.jpg

みんな元気に、大きくなるんだよ~。



e0235910_09382856.jpg

(※平成27年6月10日・12日・14日・15日撮影)








by Okamekikurin | 2015-06-17 23:55 | シャシン | Comments(4)
Commented by sada at 2015-06-18 12:40 x
今シーズンのフクロウ撮影お疲れ様でした、
4羽が並ぶ所が撮れて良かったですね(*^^*)
私は時々例の場所へ行ってますが残念ながら27日以降発見出来ずです(*^^*ゞ
フクロウ撮影が終わり他の撮影に力も入らずです、まぁモモの個展準備中でも有り暫くはノンビリとしてますね、それにしてもフクロウの父さんは残念な事です、自然界の厳しさをつくずく感じます。
Commented by Okamekikurin at 2015-06-19 06:13
★sadaさん★
今春、果たしてフクロウ写真だけで何枚撮ったものやら...(^_^;)
朝な夕な、かよい続けたあの日々の写真はまだ手つかず状態です。
色んな思いがありすぎて、少し時間を置いてからフォルダを覗きに行こうと思ってます(笑)

父ふくろうの亡骸、第一発見者はカメラマンや守る会の人ではなくてご近所のかただったそうです。
「埋葬してやれなかった...」と守る会のかたは無念そうでした。
発見されたかたから、羽を1枚渡された、とおっしゃっていました。
4羽のヒナ達、逞しく育っていってほしいです。


Commented by ポンママ at 2015-06-22 07:52 x
かわいいフクロウの写真を見ながら気にはなりながら他の被写体に追われて一度も行かずに終わりました。どこで会えるのかを確認するのも面倒ってこともあって。でもかわいいなぁと(*^^*)読んでいて切なくなりました。来年はぜひ見てみたい。菊りんさんは通ったと… すごいな。お仕事まだしてますよね?来年、ぜひ連れて行って欲しいです。お願いします。
Commented by Okamekikurin at 2015-06-22 21:36
★ポンママさん★
この時期はホント、花は咲くわ、緑は綺麗だわ、ヒナは孵るわで大忙しですよねぇ(笑)
加えて、ポンママさんはお仲間の皆さまの写真展にも足を運ばれているから時間との闘いだと思います(^_^;)

私はこの春は、ひたすらにフクロウさんエリアでした。
何せsadaさん(ポンママさんもFBで繋がってますよね♪)から朝イチのメッセが届くのが4時過ぎ(早やっ!)
大急ぎで弁当作って朝食下ごしらえして、フクロウ撮りに行って
戻って食事して夫を送り出して自分も仕事行って夕方またフクロウ(笑)
おかげで今は抜け殻状態です(-_-;)

来シーズンは我が家も転勤になっている可能性大なのですが、
もしも行けそうだったら是非にご一緒しましょう!



<< ランターンを見つめる街      MATA >>