2016年 04月 08日

坂会館の記事


「レトロスペース・坂会館」が月内にも閉館か、という悲しいニュースが
4月6日付の北海道新聞・札幌圏記事に載っていました、と
チョコちゃんのおトしゃんさんからメールをいただきました。

チョコちゃんのおトしゃんさん、貴重な情報を有難うございます!


3月下旬のトークショーの際にも、館長さんが現状をお話しされていたので
覚悟はしていたものの...やはりショックは大きいです。
紙面ショットも添付してくださいましたので、新聞記事本文を
以下に転載させていただきます。


e0235910_22082281.jpg

『老朽化で月内閉館も ~札幌の私設博物館「坂会館」~』



昭和の香りが漂うコレクションが並ぶ札幌市西区の
私設博物館「レトロスペース・坂会館」(二十四軒3の7)が
月内にも閉館する可能性が出てきた。
土地と建物を所有する坂栄養食品(坂一俊社長)が、建物の老朽化を理由に、
解体を計画しているためだ。

黒電話や古いタバコ、銀幕スターのブロマイドなど懐かしい品々を目当てに
全国からファンが訪れる名物施設だけに、惜しむ声が上がっている。

博物館は、ビスケットで知られる坂栄養食品に隣接する木造モルタル2階建ての
元レストランの1階部分。同社取締役開発部長の坂一敬さん(72)が館長を務め、
自身が20年以上前から集めた数万点を1994年から無料で公開している。


館内には日本酒のラベルや一升瓶のふた、マッチ、レコード針の箱、
ポルノ雑誌やリカちゃん人形、学生運動で使われたヘルメットなどの品々が所狭しと並ぶ。
年間6、7千人が道内外から見学に訪れる。
展示品を手にしながら、往時を懐かしむ年配の来場者も多い。
坂館長は「大量消費、使い捨ての時代になったが、古いものに触れることで、
そういう生活を見つめなおしてほしかった」と話す。

だが、60年代からほぼ半世紀を経た建物は傷みが目立っており、
同社は早ければ4月中にも解体する方針を決めた。
坂社長は「建物の老朽化と土地の有効利用のため」と話す。
コレクションは行き場を失う可能性があり、坂館長は
「アイディアがあれば、ぜひ力を貸してほしい」と呼び掛けている。

開館時間は午前11時~午後6時半。土曜は不定休で、日曜と祝日は休み。






by Okamekikurin | 2016-04-08 22:16 | ニュース | Comments(4)
Commented by ポンママ at 2016-04-08 22:33 x
どひゃー、行かないうちに終わっちゃう(._.) 今だに一人で行くのが怖い(笑)廃棄はないですよね。どうなるのかしら…
Commented by Okamekikurin at 2016-04-09 05:51
★ポンママさん★
コワい場所では全然ありませんが、まぁ好みは分かれるかなと思うので...(^-^;

毎年恒例ですがゴールデンウィーク期間中には歌志内の大正館さんが一般公開されますから
ご主人と空知ドライブがてら如何でしょうか(*^^*)

Commented by こたつ猫 at 2016-04-10 05:40 x
KIKURINさんが引き取って、私設博物館設置へ1票!P(^^;
Commented by Okamekikurin at 2016-04-10 06:35
★こたつ猫さん★
思わず妄想しちゃいました(笑)
レトロスペースのカウンター内の椅子で
ヨウムを肩に乗せて、老眼鏡ずらしながらエロ小説読んで店番する老女。

そんな未来に、アタシはなりたい( *´艸`)

...実は昨日も、見に行ってしまいました@坂さん。
新聞効果ですごい賑わいになっておりました~~。



<< その距離      毎春恒例 >>