ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 27日

とどまる理由


e0235910_06402015.jpg

とっくに、このエリアからは姿を消しているはずの白鳥さんが

いまなお、ぽつんと1羽だけ...



e0235910_06411164.jpg

羽ばたきは、しているのだけれど
どうやら飛べない様子...

怪我なのか、先天性のものなのか
あるいはそれ以外に何か病気を抱えているのか



e0235910_06421160.jpg

このご近所でお仕事をされている男性の話によると
ここで姿を見るようになった初めのころは
まだ羽がグレイの色合いだったそう。
幼鳥から若鳥あたりの時期、ということになるのか...



e0235910_06444355.jpg

外敵も多いことでしょう

無事に過ごしていけることを祈るばかりです。







by Okamekikurin | 2016-05-27 06:49 | ツブヤキ | Comments(4)
Commented by F at 2016-05-29 07:48 x
写真から白鳥のどうしようもない孤独感が伝わってきます・・・
ヒトでしたら一人で生きる事情を理解するのですが、鳥さんの無辜の心は不安でいっぱいではないでしょうか・・・
写真を見て泣きそうになってます・・・
Commented by kei at 2016-05-29 10:29 x
こういうのって、、辛い(;O;)
胸が苦しくなります。

飛べないなら
ここで、力強く生きて欲しいなぁ。。。
Commented by Okamekikurin at 2016-05-29 22:24
★Fさん★
切ないですよね...ここにとどまるしかなかった、この若い白鳥
そして我が子を置いて渡りを再開しなくてはならなかった親鳥。
渡り鳥という世界は、想像してもしきれない未知の世界ですが
親子がこういう事情で離れ離れになるのは辛いですね...

もちろん、人が何か手助けをできるわけでもないのですが
気になってまた会いに行ってしまいそうです(;_:)
Commented by Okamekikurin at 2016-05-29 22:26
★keiさん★
思わず、二度見してしまいました...この時期に、いるはずもないと思っていたので。

ここはダイサギやらカラスやら、その他にいろんな水鳥がやってくる所なので
いじめられなければよいのですが...
ご近所の方達にはすっかり存在が浸透しているようで
「人間達」には見守られているようなので、そこは少しだけ安心しましたが...。



<< 久々、ルバーブ!      昼休み >>