2016年 08月 12日

とどまる理由(その4)


e0235910_23403250.jpg

飛べない白鳥さんの画像(その3)は6月18日の撮影でしたが、
その後も不定期的にですが この白鳥さんに会いに行っております。

ちなみにこの画像は、8月7日の撮影です。



e0235910_23421783.jpg

水位の増減が結構あるので、キツネなどに狙われやしないかと心配なのですが
橋の上からその姿が見えないことは、今のところありせん。



e0235910_23462040.jpg

カモメさんの幼鳥は、茶色なのですね~。







by Okamekikurin | 2016-08-12 23:50 | ツブヤキ | Comments(8)
Commented by ベチ at 2016-08-13 08:02 x
あぐらかいてるしw 
やっぱりオスかぁ(笑
その後いやその5もбもずぅーと逢えたらいいなー♪。
Commented by Okamekikurin at 2016-08-13 22:52
★ベチさん★
再びこのエリアに白鳥が飛来する時期が、もう少ししたらやってきますが
合流したら多分探し出せなくなってしまいそうです(;´∀`)

でも、その後にまたぽつんと取り残されてしまうのかなぁと思うと
切ないですね...

ともあれ、餌をきちんともらいながらこの場で過ごせているようなので
少しだけ安心しております。
カモメやカラス、その他の水鳥さんたちからいじめられることもないようです。

Commented by ベチ at 2016-08-14 05:18 x
うん、切ないね。
でもこの白鳥さんは仲間を迎えて、そして見送る、ここの管理鳥として生きると決めたの。
ずぅーっと、いつまでもね。
決心した優しい顔をしていますね。

kikurinさんなら見付けられますよー♪。
Commented by Okamekikurin at 2016-08-15 05:54
★ベチさん★
ベチさん、有難うございます~(ノД`)・゜・。
実はこの場所、札幌往復する列車の車窓からも一瞬見えるのです。
なもので、札幌行きの列車に乗る際には、ここが見える右側席を狙います(笑)
帰りの列車はいつも夜なので、無理なのですけれどね。

今時期は幼鳥から若鳥になる時期のカモメも多くいて、
ハラハラドキドキなシーンも多々。
人の世も、トリの世も、色んなドラマがあるものです...

Commented by インコ母 at 2016-08-15 21:11 x
この白鳥さんと同じように、帯広在住時に翼が悪いのか、飛べない白鳥さんがいました。
やはり有志の方が餌をあげていたそうです。
「酷い!」と腹が立ったのが、別の白鳥さんですが「釣り糸が
身体に絡みついて飛べなくなった仔」
何もあそこで釣りをしなくても、川は沢山ある土地です。
この仔は新聞にも掲載されましたが、釣り糸を外したと言う
話しは聴いていません。 

本当にキツネに狙われないようにと祈ります。

カモメの子供はこんな色! 見た時はカモのメスかと思いました。
同じ水鳥でも、酒類は違ってもケンカもしないでいてくれるのが嬉しいです。 またこの白鳥さんの記事を載せて下さいね。

Commented by インコ母 at 2016-08-15 21:14 x
「酒類→種類」の間違いです。ご免なさい(^^;
Commented by Okamekikurin at 2016-08-16 05:45
★インコ母さん★
帯広でもそのような白鳥さんが居たのですね...
翼のどこかが具合悪いのでしょうが、やはり天敵がいないわけではないので
気がかりで しばしば見に行っている次第です。
空腹ならば橋の上から見ていると近づいてくるのですが
最近の数回はいつも中州でくつろいでいます。
きっと毎朝どなたかが欠かすことなく通ってこられているのかな、と感じられます。

秋に渡りの白鳥さん達が再びこの地域にやってきたら
どんな風になるのかも気になるところですよ...。

Commented by Okamekikurin at 2016-08-16 05:48
★インコ母さん★
誤字は、どうぞお気になさらずに(^^)/

巣立ちカモメが、この時期にはいっぱいいるもので、
他の野鳥同様、まだまだ親鳥に餌をねだる姿があちこちで見られます。
でも飛ぶ姿はすっかり親鳥のそれと同じ。
逞しいなぁと、見上げながらしみじみ思いますよー。


<< 気づかない      真夏の耐久ライヴ! >>