ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 07日

定点にて


e0235910_23354634.jpg

いつものアオバトさんフィールドにて、7月30日の撮影画像から。


この日は朝・夕それぞれ数時間の定点観察。
その間に、ハヤブサの襲撃(※同じ個体による)が4回あったものの
結局 一度もハヤブサは狩りに成功することなく終わりました。



e0235910_23361141.jpg

アオバトに逃げられて、森方向へ引き返すハヤブサ。



e0235910_23363437.jpg

一瞬、こちらを見ていた。



e0235910_23365403.jpg

再び定位置、或いは森の木陰からアオバトを狙うのかと思いきや



e0235910_23371866.jpg

こんなに目立つ場所に止まることも。



e0235910_23374047.jpg

強風かつ安定性もよろしくなかったようで
まもなくこの枝からは離れていきました。



e0235910_23381374.jpg

再び、フィールドを訪れてみたのは8月5日。
定位置の枝にハヤブサの姿を確認するも、なかなか飛び出しては来ません。



夕方、アオバト3羽が随分ゆっくりと岩礁にとどまっているにもかかわらず
一向にハヤブサが襲ってくる様子が見られない...



e0235910_23390310.jpg

と、周囲を油断させたのでしょう。
ものすごい速さで、突然の襲撃。


しかし、アオバトは尾羽を引きちぎられながらも一命は取り留めました。



e0235910_23393078.jpg

岩礁に残っていたもう1羽も飛び立ちました。(※ハヤブサの手前側)



e0235910_23395808.jpg

ハヤブサも、諦めるしかありません。



e0235910_23402581.jpg

その後、しばらくは定位置に居たけれど、
こうなってはアオバトも警戒して出てこなくなるので寝ぐらへと帰っていきました。



e0235910_23404902.jpg

厚い雲が立ち込めて、なんだかホラー映画みたいな日暮れ時。
私もいつもより早めにその場を離れました。



生き延びる命or失われる命、それはあまりにも「一瞬」のこと。
そしてハヤブサが生き続けるためには 翌日もまた翌日も
狩りを続けていかなくてはなりません。






by Okamekikurin | 2017-08-07 23:47 | シャシン | Comments(0)


<< 巣立ち後の夏      兄弟 >>