ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 15日

今シーズン7回目


e0235910_22382343.jpg

拙ブログ記事のほとんどは、その日の出来事(写真)ではなくて
数日前、1カ月前、数カ月前、1年前(オイオイ)...のことばかりで
ハッキリ言ってそれはブログの意味がないンではなかろうかという
要するに落ちこぼれブログ&ブロガーなわけでして...


しかしふと。たまには「今日」の写真なんぞを載せてみようかなぁと
何の理由もなく、そんなことを思い立ってみた(笑)
んー。桃色の雨が降るかもだな。



去年にひき続き、秋期の猛禽渡り定点観測ポイントであるお山へ
本日も、朝からお邪魔させていただきました。
ちなみに今シーズンは今日で7回目となりました。


1週間前にお邪魔した時は、早朝から猛烈な濃霧のため
あちら側の測量山展望台がまっっつっっつたく!見えなかったのですよ~。
今朝は、それなりに雲はあるものの視界はくっきりと。



e0235910_22402349.jpg

猛禽さんの渡りも既に後半にさしかかったでしょうか。

ハチクマの渡りは終わり、今はほぼ、ノスリばかりです。
紅葉は、もう少しでピークを迎えるでしょう。



e0235910_22410741.jpg

ハイタカ、オオタカ、ツミ、ハヤブサなどもしばしば飛びますが
どれもこれも私には速すぎて、毎度毎度ブレブレ写真の量産大会です(泣)

ゆる~く飛んでくれるノスリはピントを合わせやすいけれど
周りの猛禽撮りプロの皆さまはノスリとカラスはほぼ、スルーです (;^ω^)

必死にノスリを撮ってる自分がちと恥ずかしいのだけれど、いいのいいの。
ノスリだって、綺麗なグラデーションと可愛らしいお目目。
なかなかフォトジェニックだと思うんですけれどね~。



e0235910_22423666.jpg

眼下の海の表情も、刻一刻と変わります。
これもまた、ここでこそ見られる景色。

次の猛禽シーズンにもこの街にいられれば良いのだけれど...難しいかなぁ。






by Okamekikurin | 2017-10-15 22:51 | シャシン | Comments(4)
Commented by うみうし at 2017-10-16 10:20 x
お久しぶりです。いつもながら、鳥さんたちに対するさりげなく暖かい愛情が伝わってきます。ありがとうございます。
Commented by Okamekikurin at 2017-10-16 15:04
★うみうしさん★
お久しぶりです! &コメント有難うございます(*´▽`*)

猛禽の渡りも後半に突入と思われますが、「どうしちゃったの?」と不思議になるほど飛ばない日があるかと思えば
四方八方の上空から湧き出るように飛ぶ日もあるのです。
飛ぶor飛ばない。その、タイミングとか判断って一体どういうメカニズムなのかなぁと撮影しながらつい考えてしまいます(笑)

ともあれ、海を渡るのですからものすごいエネルギー。
猛禽といえどアクシデントも多いことでしょうから、皆が無事に渡れますようにと祈るばかりです。
Commented by ibakasumi60 at 2017-10-16 15:13
海が見える景色はいいですね。
もう何年見ていないだろうか大西洋の海。
何か月前の事でも読ませてもらい画像を見せてもらえる
嬉しさを求めている私です。
四角四面に構えないで良いものや珍しいものを今まで通
りに見せて戴いたら嬉しいです。
定点観測ポイントのある山でみるノスリ猛禽さん。
次は何が出てくるのかなと楽しみです。
Commented by Okamekikurin at 2017-10-16 20:05
★ibakasumiさん★
いつも温かいお言葉を、本当に有難うございます <m(__)m>

海、偉大で美しく、時にそれは恐怖の存在にもなりえますが、
しかしやはり見渡す圧倒的スケールの景色は素晴らしいものです。
昨日はずっと強風で白波がたっていましたが、猛禽さんは凄い数が渡っていきました。
(いわゆる「鷹柱」が、何度も出来ていました。)

この観測ポイントは上り下りの傾斜がきつくてなかなかしんどいのですが
頂上にいると天国に近くなった気になり、ココロが楽になります。
...が、トイレがないので(殿方の皆さまは後方の繁みでチャチャっと済ませてくるのですが
何せ、頂上は広いエリアではないのでさすがに私は「チャチャっとね♪」というわけにはいかずで...(/_;))
我慢の限界の前には泣く泣く下山です (;^_^A


<< 敢えて、人工物      帰り道の誘惑 >>