ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 22日

『佇』


e0235910_06282303.jpg





e0235910_06371757.jpg

(※平成29年10月21日撮影)







by Okamekikurin | 2017-10-22 06:29 | シャシン | Comments(2)
Commented by ibakasumi60 at 2017-10-22 15:06
秋色をした木々の中にサイロと廃屋?
牛舎か馬舎なのか生き物の気配も届きません。
朽ちた看板も読めない。
秋は寂しさを感じます。
人の気配は温かさを運びますね。
勝手な解釈で違っていたらごめんなさい。
Commented by Okamekikurin at 2017-10-22 21:59
★ibakasumiさん★
このサイロと納屋は、使われなくなってから結構長い年月が経過している様子でした。
更に裏側の方にも、主(あるじ)をなくした家屋が...
整然と積まれた薪や、日々の暮らしが続いていたであろう様子...
それがある日突然、全てが途絶えてしまったような、何とも言葉にできない切ない佇まいでした。

しかしそれでもなお、家屋を囲む草木は四季のうつろいとともに彩りを変化させるのですよね。
雨の中、野鳥も飛び交っていて、淋しい風景ながらもぶれることのない自然を感じさせられました。


<< 通過地点      空中事情 >>