2017年 01月 31日 ( 1 )


2017年 01月 31日

海のまち、雪のまち


e0235910_08542549.jpg

海風の吹く街に越してきたのは、おととしの秋。


海のみえる街で暮らすのは、生まれて初めてのことだったから
「海だぁ~」「すごいわ~」と、
いちいち声を上げていた。越してきた当初。



e0235910_08545325.jpg

きっと、それでも、いずれ

彼方の水平線や波しぶき、飛び交うカモメも
それらは見慣れた景色となり、

暮らしに在る、海、が 当たり前になったら
海の写真も撮らなくなるのかな...なんて思ったり。



e0235910_08553054.jpg

だけど、ここに来て一年が過ぎてもまだまだ
日々の、海の表情には驚きがいっぱいなのだ。



e0235910_08555730.jpg

次の転勤で、或いは親の介護関係で この街を離れて
そうしてさらに時間が過ぎれば おそらく
この景色も たまらなく懐かしく感じられるのだろう。



*******


e0235910_08562471.jpg

そんな暮らしの中、久しぶりに真冬の空知へ向かう。


豪雪地帯、空知。



e0235910_08564844.jpg

住んでいた二十年余り、雪景色はうんざりするほど見てきたし
雪に泣かされ 雪を恨み 雪が怖いと感じることも多々だったけれど


やはり、改めて見ると。雪はステキだ。



e0235910_08572594.jpg

「雪はもう、いらないっ! 勘弁してよ~~!」とか
雪かき疲れと除排雪なき道を歩くことに辟易する
毎年一月二月あたりには決まってそう言っていたのに


こんなにも、感動してしまうなんて。
こんなにも、新鮮だなんて。



e0235910_08575550.jpg

自然の創る 色と形のシンプルアート。
ただただ、見入ってしまう。



e0235910_08585031.jpg

新十津川へは、一日に たったの一往復になってしまった鈍行列車。

それすら無くなるなんてことを 思いたくは、ない。






by Okamekikurin | 2017-01-31 09:33 | シャシン | Comments(4)