ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シャシン( 979 )


2011年 10月 07日

かくれんぼ。

e0235910_829593.jpg

あたま隠して目玉隠れず。 

f^_^;


e0235910_8302748.jpg

トンボ家政婦は 見た。

| 壁 |д・)

by Okamekikurin | 2011-10-07 08:33 | シャシン | Comments(8)
2011年 10月 04日

花色吐息

e0235910_8464530.jpg

e0235910_8465753.jpg

e0235910_847926.jpg

e0235910_8472588.jpg

e0235910_8473785.jpg

e0235910_8475335.jpg

e0235910_848397.jpg

e0235910_8481364.jpg

e0235910_8482349.jpg

e0235910_8483642.jpg

e0235910_8484879.jpg

e0235910_8485824.jpg

e0235910_849989.jpg

e0235910_8492022.jpg

e0235910_8493281.jpg

植物というのは、静的なイメージがあるものだけれど。
カメラを通して向き合っていると
決してそうではなくて
植物にもリズムとか呼吸とか、
なにかしらそういったものがあるのだな、と思えてくる。

そして何より
「生きているのだなぁ」
と、いうことを感じる。

いのち

感じる。


見つめ合うと
花々達は
なかなかエロティックな表情を見せるものだと
思うときもある。

いや、これは単に
撮る側がエロい人間だというだけのことなのかしら。


e0235910_8494370.jpg

e0235910_8495589.jpg

e0235910_850610.jpg

e0235910_8501844.jpg


by Okamekikurin | 2011-10-04 09:04 | シャシン | Comments(6)
2011年 10月 03日

積雪の前に

e0235910_722095.jpg

道内のあちらこちらから驚きの「雪便り」が届き始めました!

山の頂ならばいざ知らず。
あまりにも早すぎやしませんか~(T_T)

e0235910_7232197.jpg

昨夜、あたふたと衣替えを済ませましたが、
まだまだ「夏」でいたかった...

ホント、これじゃ秋を味わう間もなく冬モードですよぉ。

e0235910_7243955.jpg

お空の
雲の
お天気の、
流れに身を委ねるしかないわけで。人々は。

...だけど、冬も秋もきわめて苦手です...個人的には。
寒い時期が、とにかくダメです。
ココロがね、ざわざわざわざわ。

e0235910_7285296.jpg

でも、乗り切っていかなくては、ね。
悩みはだれにでもある。そう、誰にでも。

e0235910_729323.jpg

ここで愚痴らせてもらって。
(ありがたいことです)

さて、
さて、
さてっ!!!

今週もスタートですっ!(^^)/

e0235910_7301984.jpg

安全運転しましょうね~~~。

by Okamekikurin | 2011-10-03 07:35 | シャシン | Comments(10)
2011年 09月 29日

長月の終わり

e0235910_6492587.jpg

9月29日....

今日は肉の日かぁ....


...いやいや、それもあるけれど。



9月も明日で終わってしまうのですねぇ。
実に何とも。
速すぎやしませんかね。

今年があと3か月しかないなんて。

e0235910_651112.jpg

空き地の朝も、すっかり秋色になってきまして。
大好きなカエル君たちも冬眠態勢にシフトしつつあるようです。

自然界に生きとし生ける生物たちの、本能やアンテナといったものは
ヒトのそれよりはるかに長けている気がする。

e0235910_654361.jpg

生を全うする姿も。
清々しく潔く、美しい。

e0235910_6544575.jpg

さて、と。
今日もボチボチいきましょうかネ。

by Okamekikurin | 2011-09-29 06:58 | シャシン | Comments(4)
2011年 09月 29日

暮色コスモス

e0235910_0125316.jpg

e0235910_0134100.jpg

e0235910_0131898.jpg

e0235910_0134534.jpg

e0235910_0135948.jpg

夕陽狙いで丸加に行ってみたのですが、日没時には西の空だけ厚い雲に覆われてしまいました。
こればっかりは、昼間の天気から予測がたちません。

でもね、雲のある日は雲の日なりの。
ありのままが撮れればそれで良しと思うのです。

色んな天気があって、それが当たり前なのだもの。

e0235910_0141488.jpg

e0235910_0143466.jpg

e0235910_0145619.jpg

e0235910_0151042.jpg

e0235910_0152064.jpg

e0235910_015319.jpg

e0235910_0154124.jpg

e0235910_0155076.jpg

e0235910_016168.jpg

e0235910_0161775.jpg

e0235910_0163365.jpg

(※平成23年9月25日撮影)

by Okamekikurin | 2011-09-29 00:24 | シャシン | Comments(12)
2011年 09月 24日

その正体は...

e0235910_9223053.jpg

こんにちは、隣マチのカエル君。
お天気がいいから、日向ぼっこかな?

e0235910_9232655.jpg

あら!
「ナンチャッテ」ポォズもとってくれるんだね。

e0235910_924336.jpg

表情豊かだなー。
サービス精神旺盛~。

e0235910_9245982.jpg

反対側も「ナンチャッテ」~~~♪

e0235910_9253620.jpg

「プププ。奥さんってば~、エロ話ホントお好きなんだから~」

...とは、決して言ってはいないと思われます。ハイ。

e0235910_9273628.jpg

「ふぁ~~~っ。
お天気良すぎて、眠たくなってきちゃったよー。」

...っというリアクションでも、決してないとは思いますけどね。ハイ。

e0235910_9284034.jpg

足を頭にこすり付けては口を開ける。
この、一連の行動にはどんな意味があるのかな。

カエル君に尋ねたところで勿論お返事はございません。

e0235910_9305377.jpg

「くわっ。」

...お口でかいねぇ、それにしても。
ジュリア・ロバァァァツ様もまっさぉ!?

e0235910_932231.jpg

.....と、まぁ何ともユル~イ午後の写真を撮っておりましたらば。





e0235910_9324986.jpg

ヲタク夫、背後で鹿の足跡を発見。
(※靴はヲタク夫のものです。大きさ比較の意味で。)


...で、


その至近距離のあったのが。。。。。





e0235910_9341961.jpg

....アナタ、誰????



ワンコのポチや
ニャンコのタマではないよね....






e0235910_935286.jpg

ヲタク夫の足よりはるかにデカい。
明らかに、でかい。





.....ということは........






て、撤収~~~~っ((((((ノ゚⊿゚)ノ



e0235910_9354618.jpg

「カエル君を撮影中の中年女、後ろからヤラれる」
...なんて明日の朝刊に載りたくないですぜー。


皆さまもどうぞくれぐれもお気をつけて...

by Okamekikurin | 2011-09-24 23:55 | シャシン | Comments(13)
2011年 09月 23日

葡萄畑の秋を満喫

浦臼町は鶴沼ワイナリーさんの広大な葡萄畑へ、今年もぶどう狩りにお邪魔してきました。
e0235910_153193.jpg

e0235910_1532522.jpg

e0235910_1534149.jpg

e0235910_1535777.jpg

e0235910_1541249.jpg

鶴沼ワイナリーさんのぶどう狩りは、最初に入園料を500円お支払いします。

葡萄畑(とにかく広いですっ!)のぶどうをせっせと食べながら、せっせと摘みます。
摘んだうちの1キログラムは入園料に含まれるという、とても太っ腹な内容です。
鶴沼ワイナリーさん、毎年ありがとうございます(^^♪

e0235910_158921.jpg

e0235910_1582187.jpg

e0235910_1583228.jpg

e0235910_1584581.jpg

e0235910_1585591.jpg

e0235910_159721.jpg

e0235910_1591619.jpg

e0235910_1592586.jpg

e0235910_1593550.jpg

色んなお味のぶどうを、心ゆくまでたっぷりと楽しめます!
歩きやすい靴で是非、お出かけくださいませ~。

e0235910_21044.jpg

e0235910_21918.jpg

e0235910_212011.jpg

e0235910_213484.jpg

e0235910_214672.jpg

e0235910_215745.jpg

e0235910_22870.jpg

e0235910_221964.jpg

e0235910_222830.jpg

天候や収穫状況などによって多少ずれることもあるそうですが、
鶴沼ワイナリーさんのぶどう狩りは概ね10月10日頃まで、とのことです。

e0235910_235455.jpg

(※平成23年9月19日撮影)

by Okamekikurin | 2011-09-23 23:55 | シャシン | Comments(6)
2011年 09月 22日

コンデジはやめられない

デジタル一眼レフカメラを使い始めたのは、ブログ開設からかなり後になってからのことで。

いまだ、その素晴らしい機能の数々の、一部しか使えていないのだが
そうこうしているうちにどんどん新商品は登場するわ機能はさらに向上するわで。
一体全体、デジタル製品ってどこまで進化するのでしょうね。

まぁそんな“ナンチャッテ一眼ユーザー”の自分ではあるわけですが、
それでもほんの少しは「一眼レフらしい」写真を撮れるようになってきたかもしれません。

e0235910_0145741.jpg

だからといって、コンデジが不要になるのかというと、そんなことは全然なくて。

コンデジにはコンデジの便利さが、やっぱりあるわけですね。

e0235910_0161448.jpg

例えばこういう、街ナカで「あ!」と感じるシーンに出逢ったときは。
おもむろにデジイチを取り出すということは、なかなかできません。
(というか、通常はデジイチを持っては歩かないですね)

例えば、虫さんやお花のマクロ撮影などには、デジイチを使っているのですが。
街へのお出かけバッグの中に同行してもらうのは、やっぱりコンデジ。

e0235910_0201030.jpg

悪いことに使うわけでは決してないけれど、シャッター音を出したくないシーンでも
コンデジが役立つ。

e0235910_0213470.jpg

最近はケータイカメラの機能や画素数も、コンデジに引けを取らないくらい充実しているから。
ケータイカメラがあればコンデジは要らないのでは?というお声も多い。

しかし、自分はケータイカメラがからきしダメだ。

便利な機能が、コンデジのそれと同じくらい搭載されている、らしいのだが。
画質も同様、むしろコンデジを上回るほど、らしいのだが。

e0235910_023437.jpg

自分のケータイはスリムサイズすぎて、シャッターが押しづらいのなんのって。
ここはやっぱ、結構肝心な、譲れない箇所だと思うのよね。

e0235910_0251953.jpg

現在使用しているコンデジも、いわゆるポケットサイズのもので。
夫いわくはこれも「小さすぎて使いづらい」と。

つまり、小さければ良いというものではないのだろう。
使いやすさ、を考えたならば、小さすぎるのは不可ということ。

だから、今よりコンパクトなものが仮に出たとしても、自分は買わないだろう。

e0235910_0282999.jpg

...というか、
一台のコンデジを買って大満足していた頃が、ある意味シヤワセだったのか??


レンズがこんなにも高いなんてことを、知らなかった時代の方が。
レンズが何個でも欲しくなるものだなんて、知らなかった時代の方が。


e0235910_0364935.jpg


もどれないー。

知ってしまったら

もどれないーーーーー。
・°・(ノД`)・°・

by Okamekikurin | 2011-09-22 23:55 | シャシン | Comments(9)
2011年 09月 20日

何気ない陽溜まりに揺れる花

『淡紅の 秋桜が 秋の日の
何気ない 陽溜まりに 揺れている~♪』

かつて山口百恵さんが歌ったあまりにも有名な曲、『秋桜』。

この歌詞、この表現、この言葉の紡ぎ方。
たったこれだけの言葉なのに、その情景が浮かんでくる。

さだまさしさんって、すごい。


e0235910_7293911.jpg

e0235910_7294753.jpg

今年も丸加高原のコスモスを撮ってみました。
michikoさん&sabaさんとご一緒させていただいたオフ会の日、
そしてその二日前の夕方にちらりと訪れた時に撮影しました。
去年のと、一昨年のと、比較すると全然進歩のない自分の写真(泣)

でもね、春に桜、夏に向日葵、
秋はやっぱりコスモスを。
毎年一度は撮っておきたいのです~。


...あれっ?
冬は何を撮ればいいんだっけ???

e0235910_7295747.jpg

e0235910_730655.jpg

e0235910_7301789.jpg

e0235910_7302763.jpg

e0235910_7303755.jpg

e0235910_7304727.jpg

e0235910_7305546.jpg

e0235910_731576.jpg

e0235910_7313725.jpg

e0235910_731489.jpg

e0235910_7315868.jpg

e0235910_732976.jpg

e0235910_7321988.jpg

e0235910_7323021.jpg

e0235910_7324266.jpg

e0235910_7325488.jpg

e0235910_733686.jpg

e0235910_7332298.jpg

e0235910_733391.jpg

e0235910_7335244.jpg

e0235910_734382.jpg

e0235910_7341222.jpg

e0235910_7342246.jpg

e0235910_7343520.jpg

e0235910_7344616.jpg

e0235910_7345645.jpg

e0235910_73566.jpg

丸加高原のコスモスは、平地での開花時期よりはやや遅め。
満開での撮影を狙いたいと毎年思うものの。
大抵は途中で台風や大雨の影響を受けてしまう。

花の傷まない早めの時期で訪れるのがいいのか
覆い尽くすグラデーションを待つのがいいのか
これがなかなかムツカシイ。

e0235910_7485921.jpg

e0235910_7352724.jpg

(※平成23年9月14日・16日撮影)

by Okamekikurin | 2011-09-20 23:55 | シャシン | Comments(14)
2011年 09月 16日

鉄路展を訪ねて

e0235910_058716.jpg

今年も『小樽・鉄路・写真展』にお邪魔してまいりました!

去年の鉄路展以来ですから、ここを歩くのはちょうど1年ぶりです...

会期中の荒天も乗り越えた沢山の写真たちが、初秋の空の下にひときわ美しく
訪れる人々に感動を与えていました。

e0235910_123040.jpg

e0235910_124051.jpg

e0235910_125167.jpg

e0235910_13415.jpg

e0235910_13149.jpg

e0235910_135880.jpg

『ぐんそーさん』の写真展にお邪魔したのは、今年5月のことでした。
あの日の感動を、いまなお鮮明に覚えています。

そしてこの鉄路展で再びぐんそーさんの写真に逢える、と。
待ちわびておりました。
...季節は夏へ、そして夏の終わりへ。

ゆるやかに
それでいて
駆け足で

e0235910_1173991.jpg

再会の嬉しさは、
恋い焦がれた人にようやく逢えた瞬間のようで。

椅子に腰かけながら、しばしの間

ただただ、
見つめておりました。



e0235910_1195563.jpg

e0235910_120996.jpg

参加されたカメラマンさん達は、お若い方が多いのでしょうか。

1枚1枚に込められた想い、熱意、愛情、
色んなものが入り混じり、
凝縮され

静止画でありながら
そこには
動的エネルギーがあり

そして
深い感動があるのです。

e0235910_1202548.jpg

e0235910_1204743.jpg

旧きもの、新しきもの
それらが
混在・融合するマチ、小樽。

いつか
たっぷりと時間をかけて
散策してみたい。

e0235910_1231073.jpg

e0235910_1233266.jpg

e0235910_1234451.jpg

e0235910_1235843.jpg

e0235910_1241196.jpg

e0235910_1242271.jpg

e0235910_124369.jpg

e0235910_1244664.jpg

e0235910_1245941.jpg

e0235910_12594.jpg

e0235910_1252248.jpg

e0235910_1253321.jpg

e0235910_1254332.jpg

e0235910_1255514.jpg

e0235910_126667.jpg

e0235910_1261737.jpg

e0235910_141536.jpg

e0235910_1263661.jpg

e0235910_2183293.jpg


by Okamekikurin | 2011-09-16 23:55 | シャシン | Comments(14)