カテゴリ:イベント( 139 )


2011年 07月 03日

彼らのキモチ

e0235910_828159.jpg

こーゆー世界のお話を、聴きたいっ!(はぁと♪)
こーゆーイベントになら、絶対足を運びたいっっ!!

...と、思われる方たちが世の中にどれくらいいるものか。
私はトンと知りませんが。

今宵も天然ウララに素敵オーラを放たれる乱子ちゃんにお誘いをいただき。
らったったと出かけてゆきました札幌は円山動物園へ。
6月26日のことでございます。

e0235910_8281290.jpg

e0235910_8282034.jpg

そなたとこなたの違いがどーであれ
ひっくるめて「いやっ!」「苦手っっ!!!」「怖いっ!」「キモいっ!」
...と、ここで思われたアナタさまは。

これ以下の画像はどうかご覧になりませぬように。

これ以下、
これでもかこれでもかこれでもか、と、出てきます。

こんなそんなあんなお方たちばかり、が。

e0235910_8282968.jpg

『美しき は虫類・両生類の世界へ ようこそ』
書いてて、改めて思うワ。

...マニヤックだな(苦笑

e0235910_8283774.jpg

e0235910_8284632.jpg

e0235910_8285957.jpg

e0235910_829823.jpg

e0235910_8291769.jpg

さぁ、それぞれのヘビの名前を答えましょう。
(※出題は徳田龍弘氏より)

クイズ全問正解のあなたには。
ヘビ1年分進呈しちゃいたいと、個人的には、ええ。
思います。


e0235910_8292874.jpg

円山動物園のカリスマ飼育員、本田さま。
今日も嬉しそうに語ってくださいます。

は虫類・両生類館がオープンして、ますますそのカリスマオーラは虹色七色パッションカラー。

e0235910_8294148.jpg

講師陣との楽しい質疑応答。
ムツカシイ話もやわらかい話も、なんでも来いの皆さま。

「好きな女性のタイプは、ヘビ系ですかトカゲ系ですか」
...訊いてみたかった。


e0235910_8295878.jpg

乱子ちゃんとアタシがウフフアハハと萌えている背後で、
ヲタク夫は何を思っていたのだろう。

...ま、さっきの熱いセミナーでしっかりと舟漕いでいたヲタク夫は
ある意味「フツーの世界のヒト」なのだ。

責めるまい。
責めるまい。

e0235910_8301491.jpg

e0235910_8303144.jpg

は虫類は、可愛い。
何故かそう表現するのは女性の方が多い気がする。

なんでだ。

e0235910_8304340.jpg

フシギなお口。


e0235910_8305421.jpg

流し目。


e0235910_831528.jpg

ま正面。


e0235910_8312321.jpg

鼻の孔。


e0235910_8313651.jpg

哲学系。


e0235910_8315029.jpg

主張系。


e0235910_832232.jpg

ブルーブルーブルー。


e0235910_8321582.jpg

ぽっち。


e0235910_8322875.jpg

打たせ湯。


e0235910_8323964.jpg

ウニ。


e0235910_8325257.jpg

おちこむでない。


e0235910_83369.jpg

ベジタリアン。


e0235910_8332686.jpg

ベジタリアンズ。


e0235910_8333718.jpg

ホラー映画でよくあるシーン。


e0235910_8334940.jpg

そうくるか。


e0235910_834488.jpg

いい顔だなぁ。


e0235910_8341750.jpg

脱皮後の使用済み皮。お目目つき。


e0235910_8342986.jpg

脱いだお方は見事なお色。


e0235910_8344145.jpg

もはや、アートとしか。


e0235910_8345054.jpg

連れて帰りたい。


e0235910_835082.jpg

どんなプレイでその汗を(違w


e0235910_8351670.jpg

シヤワセ。


e0235910_835267.jpg

どれ、オジ蛙に悩みを話してごらん。


e0235910_8353777.jpg

は虫類・両生類館にお邪魔してしみじみ思ったのは、緑がいきいきしているということ。
緑が元気だということは、そこで暮らす『彼ら』もまた幸せなのだろうなぁ。

以前のは虫類館の、あのレトロ感満載テイストも捨てがたいのだが
新しいは虫類館になって、見学するヒトビトの食いつき、反応がまるで違うことに驚く。

この日、動物園のゲートをくぐるやいなや、後ろから駆けてきた男の子が
「は虫類館へ行こう!!」と叫んでいた。

ワクワク空間を造り、維持し、さらなる環境づくりに励む大人たちは大変だけれども。
その大変さもまた、本田飼育員さんは楽しんでいるように、見える。
どう見ても、そう見える(笑)

e0235910_8355261.jpg

こういう貴重なシーンも見せてくれるし。


e0235910_836336.jpg

6月26日に、頭だけちょこんと見えていたオオワシのお子様。


e0235910_8361354.jpg

パパとママ。


そして、その1週間後の7月3日に。
わずか小一時間ほどだったけれど再び動物園にお邪魔してみたら、ちゃんと外に出てた!

e0235910_8362397.jpg

右側が母親鳥。
もう外見の大きさは同じなんだねー。


e0235910_8363467.jpg

元気に育ってね~。

by Okamekikurin | 2011-07-03 23:55 | イベント | Comments(12)
2011年 06月 24日

美瑛といえば...(その2)

e0235910_10245825.jpg

えー。
美瑛の丘風景です。特に意味はありません。



ではでは、我が人生初、かぶりものエサやり体験の続きへまいりませぅ。

e0235910_1027294.jpg

とりあえず被ってみますた。
多分、さっきまでアタシがレストランの窓越しに見ていたように
今、レストランのお客さん達は「あほやなー」って見ているンだろうなー。

ダチョウさん達のただならぬ鼻息熱気闘志(笑)を感じます。

....やな予感.....
さっき、バケツ手渡された時の、スタッフさんからの一言がよみがえるゼ。

結構痛いかも。
案外痛いかも。
存外痛いかも。
なまら痛いかも。


e0235910_10294315.jpg

さぁ、ハラくくってエサを投入です。

闘いの時(違w)は、今。


e0235910_10313341.jpg

身体をさしだすっていうのは、こーゆーことか.....

などと、
頭の中では妙ちくりんな思考が流れてゆきます。

e0235910_10322438.jpg

うげっ!
....覚悟は決めていたけれど。
痛いんでないかぃっ!!!!!

e0235910_1033524.jpg

脳天を直撃する衝撃で、もはや何かを思考する余裕はナッシングです。

e0235910_10335627.jpg

痛すぎてストレスなのか、痛すぎてストレス解消になるのか。
さっぱりわからーーーーーんっ!!!!

e0235910_10344714.jpg

ええ、もう、よぉく納得しました。このプレイの意図を。

Mな自分を自覚するか否か。

.....あ、そーゆーんじゃないの???(^_^;)


e0235910_10361721.jpg

アタシ、あっけなく譲る決意を。
あ、くれぐれも、「譲る」のところを「押し付ける」に読み違えないようにね。
そこんとこ、よろしく。

e0235910_10372484.jpg

左のカメラマンさ~~ん、アタシとチェンジしましょうね(はぁと)

e0235910_10375823.jpg

ダチョウ御一行さまも、すみやかに場所を移動してくれます。
ああ、ダチョウくん1号(=バケツ)の威力、おそるべし。

e0235910_10384193.jpg

ちょちょちょちょっと~~~!!!
ヲタク夫ってば、それ、ルール違反だべさー。

e0235910_10394290.jpg

妻だって痛みに耐えたのだぞー(エサ殆ど残ってるけどw)
やれ!やれ!!!やらんかー。

e0235910_10404122.jpg

けっ。
直撃をさけてやんの。

e0235910_10412215.jpg

e0235910_1041332.jpg

e0235910_10414983.jpg


e0235910_1042313.jpg

(しかし...画像作りながら思うヨ。アタシって相当ヒマ人なのかぃw)



.....闘い終了。



ちーん♪




e0235910_10432046.jpg

確かに。

e0235910_10441283.jpg

だべな。

e0235910_10443269.jpg

帰りにね、芦別のコンビニ駐車場でヲタク夫はイビキかいて寝とったワ。

e0235910_10453878.jpg

ささっ。気を取り直して(笑)
レストランのお庭のルピナスが満開でしたのよ~。

e0235910_10464245.jpg

貴方も是非に、超ドMなエサやり体験を。
ひと夏の想い出に、いざっ(*^。^*)

e0235910_10481890.jpg

『ブラッスリー サヴァ?』←←← ホームページへリンク。

by Okamekikurin | 2011-06-24 11:02 | イベント | Comments(19)
2011年 06月 22日

美瑛といえば...

北海道はいよいよ夏の観光シーズンへとバリバリ突入でございます。
夏の北海道といえば...

やっぱ、ここっきゃありません。

e0235910_965811.jpg

鹿(動物)飛出し注意の看板もリアルな。
正面に残雪の山やまがまぶしい。

そう、その名も美瑛(びえい)。

e0235910_983610.jpg

まるでCGのようですなー。
銭湯の壁の絵ではございませんのよ~。
撮影した6月19日でも、まだこんなにくっきりと雪の色が。

さて、ここ数年、美瑛というと何やら色のついた池がやたら有名になっておりまするが。
以前のぜんまい時代には載せたことあったけれど、個人的にあそこは一度行ったらもういいや~~な感があり。
そうそう、その記事を書いた時に、「そのうち青い池まんぢぅとか、売り出されるンだべな」とかツブヤイていた記憶があるのですが。
...ホントに色々出ていましたワ。
『青い池サイダー』にはぶっ飛びましたけどネ。
...ちなみに、買ってませんから(笑)

そんなわけで、池も撮らず、ナナツボシな煙草の名前のついた木も撮らず、私が目指したのはただ一か所。

e0235910_9135686.jpg

コチラです!!!!!

e0235910_9142211.jpg

レストランが目的というわけでは、ありません。
先日、connieちゃんブログ記事を見て、
「ぜっっっっっったい、行く(やる)べし!!!」と、
かたく心に誓ったンです。

e0235910_9153017.jpg

↗↗↗↗↗↗ これ、コレ、コレっ!!! ↖↖↖↖↖↖

これがやりたかったンですぅ~~~。
『ダチョウになってエサやり体験』っ!!!
e0235910_9173494.jpg

鼻息も荒く闘う気合い満々の(?)彼らがお出迎え。

e0235910_9181491.jpg

待ったなしだし。

e0235910_9184211.jpg

やるんかおい。

e0235910_91953.jpg

ろくろっくび~~~。にゅーーーーーーーん。

e0235910_9192861.jpg

それにしてもこの下手ウマ系のイラストがたまりまへん。
どなたが描かれているのでしょう。

e0235910_920522.jpg

そらちゃん。
フレンドリーです♪

e0235910_9202831.jpg

そらちゃんとたはむれる、オーナー様とご子息。
いいねぇ。
のどかだねぇ。

e0235910_92144.jpg

エサやり体験、やりたい気持ちはやまやまなれど。
とりあえずココロ落ち着けましょう。

e0235910_9215450.jpg

まずはレストランで、一服してからね(笑)

e0235910_9222632.jpg

表の下手ウマ系イラスト(失礼)とはあまりにイメージがかけ離れた
センスの良い店内ですわ~。

e0235910_923304.jpg

ダチョウさんアイテムがあちこちに。

e0235910_9235838.jpg

タマゴもおっきいです!

e0235910_9242379.jpg

ハンバーガーだよーん。
そか。
某ファストフードのハンバーガーに入っているのは目玉焼きだけれど。
ダチョウの目玉焼き作ってしまったら、ハンバーガーからはみ出すなんて次元じゃないもんなぁ。
ゆえに、このように焼き卵風です。

すっごく美味しかった、そうです(ヲタク夫談)

e0235910_926751.jpg

妻はケーキセットを注文しました。

すっごく美味しかった、です。

...もっと豊かなボキャブラリで表現したいのですが、生憎言葉を持ち合わせておりません。

ちなみに自分的段階評価
1.美味しかった
2.まずまず美味しかった
3.とても美味しかった
4.すっごく美味しかった

と、なっております。

すっごく参考にならなくてすんまそん。

e0235910_929355.jpg

思わず持ち帰りたい衝動が襲い来る珈琲茶碗。

オーダーメイド、だそうです。うん、やっぱりそうだよな。

e0235910_9295276.jpg

ハラもココロも落ち着いたところで、さぁ、いよいよイッテみませぅ!
ダチョウくん1号に変身しますっ。

e0235910_9303521.jpg

記念撮影を忘れてはあきまへん。

e0235910_9312996.jpg

ちなみにスタッフさんからは「かなり、衝撃、強いですから」と言われております。

人生初の、かぶりものエサやり体験。
はてさて、どうなるのでしょうか....。






つづく。

by Okamekikurin | 2011-06-22 23:55 | イベント | Comments(14)
2011年 05月 28日

感動写真展

その人に、お目にかかったことはない。

ミクシィその他諸々でお世話になっているHIRO.Yさんの日記で紹介されていた写真展案内。
ポスター画像を見た瞬間、「あ!」と思った。

昨年(2010年)の『小樽・鉄路・写真展』にお邪魔して
衝撃的感動を覚えた写真、が、ポスターの中にあった。

『グンソー』さんというハンドルネームのその方の写真展に、
「絶対行こう!」
と、決めた。

e0235910_810865.jpg

(※ポスター画像はHIRO.Yさんの日記からお借りしました。)


JR石狩当別駅前にある『ふれあい倉庫』というところで、写真展は開催されていた。

会場に一歩足を踏み入れた瞬間、ただならぬオーラを放つ写真に圧倒された。
パネルや額縁などは一切使われていない、むき出しの写真が、壁にずらりと貼られている。
その、1枚1枚が、とにかくすごい。
どれだけ粘って、この瞬間ショットが撮れるのか。

大胆かつ繊細、
なにげないシーンなのに、しかしドラマティック。
いつかどこかで見たことのあるような景色の中に
ドキリとする発見があったり。

ただただ、言葉を失って見入ってしまった。

間違いなく言えるのは、私には到底撮れないな、ということだ。
一生に一枚も、撮れないだろう。


壁の写真にくぎ付けになりながら、受付の机にフォトハガキが並べられている気配を目の端っこで確認する。「さて、何枚買って帰ろう。全種類欲しいな。うん、そうしよう。」
ドキドキ興奮感動状態のまま、フォトハガキの前に立って驚いた。

フォトハガキはなんと、
「ご自由にお持ち帰りください」
だったのだ.....。

なんということだ.....。

その数が、また、ものすごい。
いっそ、値段があったらよかったのに。
こうなると「全部欲しい」とは言えないではないか。
泣きそうになりながら、やっとの思いで6枚に絞った。

e0235910_8224087.jpg


フォトハガキの、裏にも表にも、どこにも「グンソー」さんのお名前など記されていない。
よくお見かけするタイプの、画像に重ねたロゴもない。
それははたして
このお方の大らかさゆえか、絶対的自信なのか
あるいは謙虚さなのか
とにかく、ぶっ飛んだ。
感動と驚きで鳥肌が立った。


e0235910_825341.jpg

今年も『小樽・鉄路・写真展』が開催される。

夏の終わりに、開催される。

「暑かったね~」と声交わすその頃は、どんな日々を過ごしているのか。
季節がまもなくシフトする、そのうつろいを、風の変化を、半袖の腕に感じる頃。

また、出逢いに行こう。必ず。

e0235910_8295711.jpg


by Okamekikurin | 2011-05-28 23:55 | イベント | Comments(6)
2011年 05月 02日

ガンダムってどれ?

e0235910_6491349.jpg

e0235910_6492560.jpg

e0235910_6494253.jpg

たまたま立ち寄ったサッポロファクトリーで、『ガンダムワールド2011』なるイベントが行われていたので、ヲタク妻としては取り敢えず写しておこうか、と。



...思ったのだけれど、ネ。

e0235910_6511188.jpg

e0235910_6512244.jpg

e0235910_6513592.jpg

e0235910_651472.jpg

e0235910_6515859.jpg

e0235910_6521043.jpg

e0235910_6523020.jpg


はて???
「ガンダム」って、そういやぁどれを指すの?
どの塊(笑)が人気あるの?

...ってな調子ですアタシ。

ワケワカラン(汗汗汗



...皆さんが撮っているものを、倣って撮ってみたけれど。

さっぱり
一切
ぜ~~んぜん

ええ、わかっちゃおりません。
ガンダムファンの皆様、申し訳ございませんっ!!!



.....我路あたりを撮る100分の一もテンション上がらず..苦笑。


e0235910_656427.jpg


それにしても、ヒト、多いなぁ。
ファクトリーっていつもこんなに混んでたっけねぇ.....

by Okamekikurin | 2011-05-02 07:01 | イベント | Comments(7)
2011年 04月 04日

最終日

e0235910_711578.jpg

何とかギリギリ間に合いました!最終日の『アソビッチ展』。

e0235910_7132119.jpg

e0235910_7133430.jpg

e0235910_7134730.jpg

e0235910_7135952.jpg

e0235910_7141186.jpg

e0235910_7142319.jpg

e0235910_7143541.jpg

e0235910_7144583.jpg

e0235910_7145596.jpg

e0235910_715716.jpg

e0235910_7151815.jpg

e0235910_7153115.jpg

e0235910_7154363.jpg

e0235910_7155572.jpg

e0235910_716498.jpg

ヅラが帽子になってるし...

e0235910_7172467.jpg

取るの忘れて このままパルコ店内歩きそうになりました。

by Okamekikurin | 2011-04-04 07:20 | イベント | Comments(8)
2011年 03月 29日

雪ミク電車 de GO♪♪

2011年2月11日から3月26日までの期間限定で運行されていた、札幌市電の『雪ミク』バージョンに乗ってみました。
e0235910_939781.jpg

e0235910_9392142.jpg

e0235910_9393816.jpg

e0235910_9395131.jpg

e0235910_944121.jpg

外装はもちろん、車内の広告もオール「ミクバージョン」で統一されています。
予め電車事業所へ電話にて確認をした際、「車内での撮影OK(ただし、乗客のお顔などを撮影することは不可)」とのお返事はいただいていたものの。

...市電って ものすご~く混むんですネ...(田舎者ゆえ、無知です。ハイ。)

e0235910_943105.jpg

e0235910_9453421.jpg

そんなわけで、走行中はひたすら景色を見ながら“一般乗客”のフリを...
(首からカメラぶら下げている時点でバレているでしょうが)

e0235910_9464985.jpg

e0235910_9465984.jpg

e0235910_9471028.jpg

本当は側面の広告もすべて撮影したいところでしたが。
終点で乗客を降ろすと、すぐに入れ替わりに、折り返し運転待ちの乗客の方々が続々と乗ってくるわけです。
ゆえに、降りるお客さんの最後尾について時間が許す限りで撮っておしまい。
チョ~一発限定です。

...ま、何度も繰り返して乗ればいいんですけどネ。
さすがにそこまで時間はありまへん。

e0235910_9494211.jpg

お仲間さん、発見~~。
いい写真撮れましたかー。

e0235910_9503674.jpg

街ゆく「雪ミク電車」。
ひと月半、お疲れさまでした~~。


(※平成23年3月23日撮影)




ちなみに、車内アナウンスもミクちゃんボイスでした。
動画でアップしてみたので、よろしければどうぞ。
(動画約1分少々。車酔いをしやすいお方はあまりじっくりと画面をご覧にならぬようにネ)



by Okamekikurin | 2011-03-29 10:04 | イベント | Comments(4)
2011年 03月 27日

“チカホコ”を歩く

e0235910_23385790.jpg

3月12日に開通した、札幌駅と大通をつなぐ地下歩道を歩いてみました。

e0235910_2340568.jpg

e0235910_2341740.jpg

e0235910_23515592.jpg

e0235910_2341175.jpg

e0235910_23413038.jpg

e0235910_23414097.jpg

e0235910_23415034.jpg

e0235910_2342184.jpg

e0235910_234212100.jpg

e0235910_23422293.jpg

e0235910_23423224.jpg

e0235910_23424126.jpg

e0235910_23425110.jpg

e0235910_234327.jpg

撮影人気スポットになっておりました。

e0235910_23433576.jpg

e0235910_23434536.jpg

e0235910_2343551.jpg

イケメンなこの彼の名前すら、私は知りません(恥

e0235910_2344402.jpg

トイレが意外に少ない気がしました。
いざというときは、出入口直結のビルのトイレを借りるのがヨロシイかと。


(※平成23年3月19日撮影)

by Okamekikurin | 2011-03-27 23:48 | イベント | Comments(10)
2011年 02月 21日

滝川に 灯りのドラマ 三時間

e0235910_9251385.jpg


紙袋ランターンフェスティバルも早や9回目を迎えるのですね。
ここ数年で、随分と地域に浸透したイベントになってきたように感じられます。

時折雪が強く降る中でも、商店街と会場周辺は大勢の人で賑わっていました。

e0235910_9102294.jpg

e0235910_9103371.jpg

e0235910_9104440.jpg

e0235910_9105851.jpg

e0235910_9111071.jpg

e0235910_9112140.jpg

e0235910_911329.jpg

e0235910_9114241.jpg

e0235910_9115385.jpg

e0235910_912815.jpg

e0235910_912203.jpg

e0235910_9123673.jpg

e0235910_912507.jpg

e0235910_913669.jpg

e0235910_9132560.jpg

e0235910_9134036.jpg

e0235910_9135690.jpg

e0235910_9141784.jpg

e0235910_9143187.jpg

e0235910_914487.jpg

e0235910_915466.jpg

e0235910_9151831.jpg

e0235910_9153177.jpg

e0235910_9154551.jpg

e0235910_915583.jpg

e0235910_9161452.jpg

e0235910_9162781.jpg

e0235910_916436.jpg

e0235910_9342750.jpg

e0235910_9165353.jpg

e0235910_917373.jpg

e0235910_9171339.jpg


(※平成23年2月19日撮影)

by Okamekikurin | 2011-02-21 09:19 | イベント | Comments(12)