ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エイガ( 47 )


2012年 03月 19日

グランプリ作品など@「ゆうばり映画祭」その7

『ゆうばり映画祭2012』から、あれよあれよという間にひと月が経とうとしていて。
そういえば、拙ブログでは今年の上映作品について何一つ触れていなかったのだよな...
と、プチ焦ってみるも、まぁこの地味なブログだもの、いつも通りヨタヨタゆるゆる、ヒッソリでいいかぁ...と思い直し(笑)

e0235910_12313721.jpg


そんなわけで今更のように、ちょいと自分自身への備忘録的に書いてみます。


三日間の滞在中に観た作品が約10本。
例年よりは少ない方かな?
その分、まち散策やイベント参加など、気ままに楽しませていただきました。

e0235910_12324620.jpg

今年の映画祭では、何といってもグランプリ受賞作『大阪外道』のインパクトが強烈だった。
宿泊滞在中(2月23~25日)にはうまくスケジュールに組みこめなくて未見だった本作、一旦自宅に戻り、最終日(27日)にふたたび朝から夕張に向かい、受賞作品上映の回での鑑賞だった。

外道、というからには、“その世界”の方たちの物語である。
あるいは、その子供たち。
作品は、子供の視点から描かれるのだが、演じているのは大人子供いずれも殆どが俳優さんではないというから驚きだ。
とりわけ、外道でありながら父親でもある男たちの演技が秀逸。
ストーリーの軸を支える3人の男たち(=父親)が、それぞれの「子どもへの愛」をストレートに、あるいはねじれた形で表現していて目が離せない。

e0235910_12363861.jpg

映画祭の、本当にラストになるイベント、『さよならビュッフェ』会場にて。
地元の女性ボランティアの方たちの手作り料理がふるまわれるこのパーティ、毎年とても和やかで、よって、なかなか根強いファンが多い。


『大阪外道』チームもいらしていたので。
これが間違いなく今年の映画祭のラストチャンスだよな、と、サインをいただくことに。

e0235910_1238878.jpg

石原貴洋監督さんに色紙をお渡しすると、「メンバーのみんなで1枚に?」とおっしゃるので、いえいえ監督さんがおひとりで思いきり書いてください、とお願いした。


e0235910_12393774.jpg

父親役のお三方にもそれぞれに色紙を、と思ったのだが、
「1人で1枚全部なんて、とてもそんなことは...」
とあまりにも謙虚に皆さんがおっしゃる。
サインに慣れていない、ということで、3人で1枚の色紙に書いていただくことにした。

e0235910_12405861.jpg

ちなみに、向かって左側の方は本業が落語家さん。
真ん中の方が絵師さん、右側の方が刺青師さん。
皆さん、映画の中でのコワモテなイメージとあまりにもかけ離れた人懐こいお方ばかりでビックリ。

とてもひょうきんなお人だった刺青師さん、でも映画の中では↓↓こ~んなに恐い表情↓↓
e0235910_12424076.jpg

(※画像はゆうばり映画祭オフィシャルサイトよりお借りしました。)

e0235910_12433091.jpg

刺青屋さんのお名刺もいただきました(嬉)

e0235910_12441428.jpg

カッコいいですねぇ~~。
ヨウムの刺青は、おいくらかなー(*^m^)




映画祭では、深夜上映にからめて“お色気系”のサービスイベント?もあったりするわけで。
そのサプライズ感がたまらない。もう、参加者は男女問わずに大盛り上がりとなる。
今年のお色気サービス大賞は、やっぱコチラのお方でしょう↓↓↓
e0235910_12482862.jpg


『ゾンビアス』という作品の上映前の舞台あいさつに登場された時のイデタチ。
上半身はなんと、ガムテープでニプレスのみ、という思い切りの良さ!
カメラのフラッシュ、シャッター音、場内はものすごいことに(笑)

e0235910_1249492.jpg


井口昇監督の作品はとにかく「エログロ」「クレイジー」「スプラッタ」。
本作も度肝を抜かれるキモグロ系で、トイレ臭がスクリーンから出まくってきそうな、
ずばり言ってしまうと「うんこ映画」である。
だから、全ての方におススメしたいですとはとてもじゃないけれど言えない。
私は個人的にこういう作品が非常に好みなのだけれど、サワヤカな余韻には程遠いということだけは断言しておきます。
e0235910_12504774.jpg


YouTubeに予告編がアップされていたので、気になるお方は↓↓再生ボタン↓↓を。
女子のお尻フェチな方は萌えるかも...あくまでもお尻は「トイレ時」のそれですが。







『ウルトラマンサーガ』という、当初、自分のチョイスからは思いきり外れていた作品を何故か観てしまったのは、ゲストにお越しになっていたDAIGOさんという俳優が、今人気上昇中のお人だという話を耳にしたもので。
ミーハー的思考に引っ張られての鑑賞。

e0235910_12523094.jpg


お昼上映の本作、しかしDAIGOさんのファンのお方は朝8時から会場前に並んだそう。

e0235910_1254613.jpg


対して、私はそのお名前すら知らなかったというナンチャッテ人間。
ウルトラマンサーガ、とてもとっても楽しい作品。
AKBのカワイイお方も出演されているのだけれど、これまたお名前すら知らず。
んー。まいったねこりゃ。

e0235910_1254497.jpg

e0235910_12551182.jpg

e0235910_12553245.jpg

e0235910_12554667.jpg

e0235910_1256596.jpg

サクサクとしたトークがとてもイイ感じでした、DAIGOさん。
彼は、チョー有名なお方のお孫さんでいらしたのですねぇ。

う~む。自分も少しテレビ見ないとダメだなこりゃ(汗)


e0235910_1258483.jpg

N@北方支部さまご夫妻より、今年も貴重な梅酒をいただきました!
今年はなんと、2種類の味わいが楽しめます!!!

N@北方支部さま、ご馳走さまでした~。

e0235910_12584024.jpg

夕張の熱い夜に乾杯!...がなかなか現地で実現できませんが、来年こそは。
あ!...今年も4人揃っての記念撮影していなかったヨ~~~(T_T)



e0235910_12592236.jpg


by Okamekikurin | 2012-03-19 23:55 | エイガ | Comments(8)
2012年 03月 02日

今はまだ@「ゆうばり映画祭」その6

e0235910_17274774.jpg

吉田拓郎はかつて「今はまだ人生を語らず~♪」と歌っていたけれど。

私も今はまだゆうばり映画祭を語れません。

でも。
そんな私も、かれこれ20年連続で、この映画祭に通っているわけです。

20年。
言うのは簡単だけれど、そりゃー色々ありました。
何より、初めて訪れた時から自分が20歳トシをとっているということがオドロキだ。

いつのまにか、映画祭にエントリーする関係者の方達が殆ど自分より若い世代なのかな、と。
それに気づいたのはハテいつ頃だったか。


来年は来れるかな。
そろそろ、色んなことがビミョーにむつかしくなってきました。

でも、行ける行けないにかかわらず、これからもずっとずっと、応援し続けていきたい。

e0235910_17354956.jpg

e0235910_17355854.jpg

e0235910_1736728.jpg

e0235910_17361581.jpg

e0235910_1736233.jpg

e0235910_17363150.jpg

e0235910_17363858.jpg

e0235910_17364578.jpg

e0235910_17365483.jpg

e0235910_1737439.jpg

e0235910_17371432.jpg

e0235910_17372259.jpg

e0235910_17373486.jpg

e0235910_17374347.jpg

e0235910_17375258.jpg

e0235910_1738130.jpg

e0235910_1738985.jpg

e0235910_17381852.jpg

e0235910_17382725.jpg

e0235910_17383749.jpg

e0235910_17384623.jpg

e0235910_17385748.jpg

e0235910_1739785.jpg

e0235910_17391613.jpg

e0235910_17392562.jpg


e0235910_17393333.jpg

e0235910_17394130.jpg

e0235910_17395369.jpg

e0235910_1740489.jpg

e0235910_17401374.jpg

e0235910_17402189.jpg

e0235910_17402943.jpg

e0235910_17403865.jpg

e0235910_17404783.jpg

e0235910_17405529.jpg

e0235910_1741466.jpg

e0235910_17411350.jpg

e0235910_17412122.jpg

e0235910_17413014.jpg

e0235910_17413963.jpg

e0235910_17414867.jpg

e0235910_1741567.jpg

e0235910_1742746.jpg

e0235910_17421510.jpg

e0235910_17422333.jpg

e0235910_17423226.jpg

e0235910_1742393.jpg

e0235910_17425078.jpg

e0235910_1743261.jpg

e0235910_17431077.jpg

e0235910_17431754.jpg

e0235910_17432676.jpg

e0235910_17433436.jpg

(※平成24年2月23・24・25・27日撮影)

by Okamekikurin | 2012-03-02 17:46 | エイガ | Comments(6)
2012年 02月 29日

パーティあるいは...@「ゆうばり映画祭」その5

映画祭初日(2月23日)には、恒例のウェルカムパーティ(※有料)が開催されました。
e0235910_0485171.jpg

ビュッフェスタイルのパーティ、お料理があとからあとから出てきます!

e0235910_0492180.jpg

e0235910_0493086.jpg

e0235910_0494178.jpg

メロンをイメージしているのかな?プチシュークリームは甘々~。

e0235910_0511545.jpg

食べきって終わり、ではないのですね。
パーティ終了まで、とにかく絶やすことのないようにお料理が出てくるわけです。

思わず、コックコートのスタッフさんに尋ねてしまいました。
「余ったお料理は、どうされるのですか?」

スタッフさん、迷わず
「捨てるんですよ。だから、どんどん召し上がってくださいね。」

...ん~。
何とも勿体ないお話です。
勿体ないお化けが出てきそうです。

e0235910_0535592.jpg

会場内、ものすごい熱気です。
皆さん、汗ばんでいらっしゃいます。

e0235910_0545442.jpg

ゲストの三田村邦彦さん。
ダンディ~ですねぇ。

e0235910_0552355.jpg

恒例のもちつき大会です。
三田村さんと、右側にいらっしゃるのはご子息。

e0235910_0555757.jpg

e0235910_056177.jpg

ゆうばり映画祭ではすっかりお馴染みのゲスト、坂口拓さん。
今年もお越しくださいました。

去年は後ろでまとめたヘアスタイルでしたが、今年はすっきりさっぱりと♪

e0235910_0583864.jpg

カッコいいパンツだわ。
坂口さんのファッション、キマッてますねぇ~いつも。

e0235910_0594531.jpg

ジャンケン大会、勝ち残り組。
私は一回戦で敗退でございます~。

e0235910_103688.jpg

うぅっ。
初日から食べすぎましたワ...

e0235910_123470.jpg

そしてこちらは最終日(2月27日)の、さよならビュッフェ。

今年の映画祭、私は初日から二泊して、25日深夜に帰途についたわけですが...

実は27日、グランプリ受賞作品上映が観たくて再び朝から夕張へ向かったという次第です。
無謀というか、どれだけ好きなのよ~というか、まぁ同じ管内なので、ネ。

e0235910_154150.jpg

さよならビュッフェは、夕張のおふくろの味、ボランティアの方達による手作り料理が並びます。

e0235910_174438.jpg

懐かしい味、素朴な味、この飾らないラインナップが毎年とても好評なのです。

前日から二日間かけて、皆さんで作ってくださったそうです。

e0235910_19780.jpg

ビュッフェ終了後にツアーバスが出発するので、皆さんすでに旅立ちスタイルですね。

映画祭もいよいよこれにてラスト。

e0235910_110719.jpg

ちゃっかり今夜の夕食分。
(~_~;)

e0235910_1105147.jpg

市長さんも笑顔。
本当にお疲れさまでございます。

e0235910_111246.jpg

ボランティアの皆さまの支えがなければ、映画祭の存続は不可能で。

心からの、有難う!!ですね。

e0235910_1121262.jpg

「余ったお料理はどうされるのですか?」

...と、ここでもまた聞いてしまいました。

「みんなで分けて持ち帰りますよ。」

そのお言葉を聞いて、安心。
だってやっぱり、食べ物は粗末にしたくないですよ。

e0235910_1134838.jpg

来年もまた、お世話になります。


e0235910_1145758.jpg

ちなみに、ウェルカムパーティではこういうカッコしてましたけれど。

e0235910_1154227.jpg

さよならビュッフェには...

いつもの撮影スタイルで(^_^;)

...何せこの日の朝は

e0235910_1163898.jpg

いつもの森で、いつもの野鳥さん達を撮っていたもので(笑)


e0235910_1171235.jpg

映画祭メイン会場前に、今年は『東北ふるさとレストラン』が出店。

e0235910_1181312.jpg

ほっき飯。
ホカホカで、温まります。

e0235910_11931.jpg

岩手名物、へっちょこ団子。

私はこの味にハマり、3日間いずれも買っておりました。

e0235910_1194999.jpg

ここ数年、お馴染みの。
シネガーまん、今年も健在。

e0235910_1203983.jpg

喫茶店で食べたジンギスカン丼。

夕張にもあるのですねぇ~。わがマチだけかと思った(笑)

e0235910_1213140.jpg

運ばれてきたときから既に溢れてます、カレー蕎麦。

2日連続食べました。

e0235910_1221531.jpg

はてさて。
どんだけ肥えてしまったものやら.....

by Okamekikurin | 2012-02-29 23:55 | エイガ | Comments(10)
2012年 02月 28日

映画の合間に@「ゆうばり映画祭」その4

e0235910_905279.jpg

映画祭2日目の朝、青空が綺麗だったので
会場周辺からちょっとだけ足を延ばして撮影に。

e0235910_91151.jpg

夕張市内も例年のこの時期よりは はるかに積雪があります。

e0235910_921149.jpg

昨年、二度ほど訪れたこの場所。
冬の景色を、どうしても見ておきたかったのです。

e0235910_931158.jpg

e0235910_932047.jpg

いつのまにか新しい道路にすげ代わり、眺めが変わっておりました!

以前より高い場所から見下ろす形になります。

e0235910_941192.jpg

e0235910_942768.jpg

殆ど車が通りません。

勿論、人など歩いてはいません。

e0235910_951792.jpg

e0235910_952874.jpg



e0235910_953963.jpg

e0235910_955146.jpg


e0235910_96379.jpg

e0235910_961451.jpg


e0235910_962621.jpg

e0235910_963796.jpg

パノラマの景色に包まれて、まるで別世界に来たかのようです。
誰にも出逢わず、車も来ない。

ふと、視線を感じて振り返ってみれば
鹿が黙ってこちらを見つめている。

どこかへいざなうかのような、そんな視線で。

e0235910_964884.jpg

e0235910_965965.jpg

e0235910_9792.jpg

雪の時期の前に撮っていた建物が
その後の積雪でどうなってしまったのかと、心配でした。

かろうじて...

...。


しかし、これから春までの雪解け時期がもっとも不安ですね。

e0235910_972096.jpg

e0235910_97336.jpg

穏やかな日暮れ。

映画祭で賑わうのは、このマチのほんの一角か。

e0235910_974392.jpg

前日、屋根が崩れ落ちた美術館も、眠りにつきます。

e0235910_97545.jpg

e0235910_9833.jpg

e0235910_981364.jpg

(※平成24年2月24日撮影)

by Okamekikurin | 2012-02-28 23:55 | エイガ | Comments(4)
2012年 02月 27日

朝食バイキング@「ゆうばり映画祭」その3

ホテルの朝食はバイキングです。

この、バイキングというやつはイケマセンな。
何がイケナイのかというと、





ずばり

「食べすぎます!!!」





バン食、ご飯食、それぞれの主食に合わせたおかずと、そしてデザートとドリンク。
う~ん、、、
なにせ「いつもの生活」が超淋しい食生活ゆえ。

こういう場に来ると、いやしさ全開。
...困ったものです。


e0235910_964599.jpg

...さて、これは?

主食、というよりは。
おやつ感覚でしょうか。

「ミニホットケーキ」とプレートに書かれていました。

ホントにちっちゃいの。

e0235910_973969.jpg

珈琲カップと比較すると、そのプチサイズぶりがお分かりいただけるかと。


e0235910_98176.jpg

...嗚呼....またやってしまいました。
乳首入り画像。


e0235910_99841.jpg

映画祭に来て、朝食バイキングでこんなことをやっている女は
多分、他にいませんね...

いませんよね....




我がアホさ加減がかなすぃ。




e0235910_9101399.jpg

おっぱいホットケーキ。
いただきまーす。



e0235910_9104538.jpg

ツインのお部屋を予約したつもりが。

何故かベッドが3つありました。


ぬぬぅ。

by Okamekikurin | 2012-02-27 23:42 | エイガ | Comments(16)
2012年 02月 25日

“ゆうばり”といえば...@「ゆうばり映画祭」その2

昨日のお昼に食べた、夕張鹿鳴館特製「鹿肉のフランクフルト」。

e0235910_6194459.jpg

...あ、私は鹿肉食べられないので、実際にこれを食したのはヲタク夫なのですけれどネ。

一般的に見かけるフランクフルトよりも、色が濃い目です。
そういえば鹿肉って、豚肉よりは牛肉に近い色でしたっけね。





で。
これを食べる約30分前に撮影していたのが....









e0235910_6221679.jpg


.....うーーーーーむ。
なかなかフクザツな心境でございます(苦笑)


e0235910_6231428.jpg

カメラ目線だし....





さてさて、夕張に来たからにはやはり
一度は食べておかなくちゃーね。

“お約束の”↓↓↓↓↓コチラ↓↓↓↓↓
e0235910_624785.jpg

カレー蕎麦@吉野家。


どんぶりいっぱいになみなみと注がれた辛口のカレーつゆで、身体の芯から温まりますよー。

これでパワー注入して、23時から上映の作品を観なくては。
今年も相変わらず、体力勝負の映画祭でございます(笑)

by Okamekikurin | 2012-02-25 06:46 | エイガ | Comments(10)
2012年 02月 24日

今年も「ゆうばりファンタ」!

e0235910_6122026.jpg

拙ブログネタ、2月といえばやはりこれを外せませんネ。

“ゆうばりファンタ”こと、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』へ、
今年もやってきました。


昨日(2月23日)から夕張入りしましたが、こちらも今シーズンの積雪は凄い!

e0235910_6151188.jpg

雪解け時期にそろそろさしかからんとする2月下旬に、この積雪量!!!

...これが解けだしたら一体どんなことになってしまうのやら...

e0235910_6161922.jpg

頭上をヘリコプターがやたら飛び回っているなぁと思ったら...

なんと、美術館の屋根が積雪の重みでつぶれていたのでした!!!

あちこちの報道関係、映画祭の取材ではなくてこの様子を録りに来ていたようです。
美術館は冬季閉鎖中のため、幸い、けが人などは出なかったそうです。

市内には空き家も多く見られます。
屋根の雪庇がものすごい状況ですので、落雪事故にはくれぐれもお気をつけて...

by Okamekikurin | 2012-02-24 06:24 | エイガ | Comments(8)
2011年 03月 05日

やはり撮ってしまった@ゆうばり映画祭番外編

e0235910_10195035.jpg


ゆうばりに向かう途中に通る、K町の某所で...
今年もやはり車を停めてしまいました...

e0235910_10343811.jpg


新雪と空がとても綺麗だったもので...
...って、撮りたいのは「建物」の方ですホントはね。

e0235910_1036176.jpg


ゆるやかに朽ちつつなお、建物はひっそりとそこにありました。
勿論、除雪などは入っていないので、深い積雪に阻まれて建物までは行けません。

e0235910_10383715.jpg


いや、雪があってむしろ良かったというべきでしょう。
これで雪がなければ私はまたしてもこの建物に引き寄せられてしまうことになり...

e0235910_10401120.jpg


映画祭どころじゃなくなってしまったら、本末転倒ですからねぇ。
歩道から、しばし見つめ合って、建物とはお別れしました。

e0235910_10414647.jpg

e0235910_1042461.jpg


そう、とにかく映画祭に行かなくちゃ~~~!

(※平成23年2月26日午前撮影)



旧ぜんまい時代に、思わずここに入ってしまったのは いつの事だったかなぁと。
ハードディスクの中を探してみました。
...おととしの10月でした。
その時に撮影した一部↓↓↓

e0235910_10445055.jpg

e0235910_1045453.jpg

(※平成21年10月12日撮影)

by Okamekikurin | 2011-03-05 10:53 | エイガ | Comments(12)
2011年 03月 04日

平成23年2月26・27日@ゆうばり映画祭

e0235910_9245012.jpg

e0235910_9251049.jpg

e0235910_9252017.jpg

e0235910_9252965.jpg

e0235910_9254159.jpg

e0235910_9255267.jpg

e0235910_926532.jpg

e0235910_926233.jpg

e0235910_9263269.jpg

e0235910_926454.jpg

e0235910_9265495.jpg

e0235910_927514.jpg

e0235910_9271849.jpg

e0235910_9274262.jpg

e0235910_9281064.jpg

e0235910_9282260.jpg

e0235910_9283316.jpg

e0235910_9284732.jpg

e0235910_929238.jpg

e0235910_9291673.jpg

e0235910_9293083.jpg

e0235910_9294019.jpg

e0235910_9294980.jpg

e0235910_11312490.jpg

e0235910_9295917.jpg

e0235910_930935.jpg

e0235910_9301820.jpg

e0235910_9305368.jpg

e0235910_931399.jpg

e0235910_9311240.jpg

e0235910_9312625.jpg

e0235910_9313858.jpg

e0235910_9314944.jpg

e0235910_9315868.jpg

e0235910_932993.jpg

e0235910_9322043.jpg

e0235910_9322985.jpg

e0235910_9324086.jpg

e0235910_9325357.jpg

e0235910_933286.jpg

e0235910_9331298.jpg

e0235910_9332456.jpg

e0235910_9333721.jpg

e0235910_9334757.jpg

e0235910_934174.jpg

e0235910_9341028.jpg

e0235910_9342083.jpg

e0235910_9343419.jpg

e0235910_934434.jpg

e0235910_9345265.jpg

e0235910_935714.jpg

e0235910_9351656.jpg

e0235910_9352699.jpg

e0235910_935359.jpg

e0235910_9354527.jpg

e0235910_9355653.jpg

e0235910_936567.jpg

e0235910_9361554.jpg

e0235910_9362491.jpg

e0235910_11314261.jpg


≪Special Thanks≫N@北方支部ご夫妻 
梅酒っ♪♪ 大変美味しくいただいております!
来年こそはっ!夕張の熱い夜を熱く熱くご一緒いたしましょ~!(*^。^*)

e0235910_10195528.jpg

e0235910_1020950.jpg




===============
◆二日間で観た作品◆
『孫文の義士団』(監督:テディ・チャン)
『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』(監督:エドガー・ライト)
『HELLDRIVER<インターナショナルバージョン>』(監督:西村喜廣)
『彗星の降る夜に-バイオ・サバイバル@JK-』(監督:やなぎさわやすひこ)
『極道兵器』(監督:坂口拓、山口雄大)
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(監督:本田隆一)
===============


日活が立ち上げたという「SUSHI TYPHOON(スシタイフーン)」レーベルの勢いが印象的だった今年のゆうばり映画祭。私は二日間のみの滞在でしたが、『HELLDRIVER』そして『極道兵器』の2本を観ることができました。『極道兵器』の原作は、永井豪とともに一時代を築いた漫画家、故・石川賢。
監督・主演である坂口拓が首の骨を折ってまで挑んだというアクションシーンは必見。故・川谷拓三の魂がそのまま入り込んだかのような仁科貴(川谷拓三のご子息)の演技にも注目でした。
既にパート2の企画も進められているという『極道兵器』、とことん楽しめる作品です。
(ちなみ多分、R15くらいでしょうか?...その理由↓↓)
ネタバレになりますが、“おっぴろげミサイル”(←山口雄大監督的表現)にはぶっ飛びました。
全裸女性(ポールダンサーでもある、泉カイさんが演じています)が“兵器”となり、文字通り“おっぴろげた”その部分から発射されるわけです。ありえなさすぎて、笑えます。笑うしか、ありません。
こういう映画に出会えてこそ、ゆうばり映画祭、なわけです。
『極道兵器』、最高でした!くれぐれも、お子様とはご覧にならないでネ。


「SUSHI TYPHOON」とは・・・
(※ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフィシャルサイトより転載)
2008年、北米を中心に海外の映画ファンを虜にした、驚愕なゴア・アクション作品『片腕マシンガール』(井口昇監督)と『東京残酷警察』(西村喜廣監督)が海外DVDセールスで驚異的なセールスを記録した。その作品を生み出した配給会社とその一団が、さらに作品のテンションを最大限に引き上げた映画を連打するため、日本初の本格的海外征服レーベルを立ち上げた。ターゲットは北米を中心にした海外。アクション、バイオレンス、ホラー、コメディ、そしてLOVE!世界の映画ファンが観たいと思う日本映画を提供するレーベル軍団。いま日本のクリエイターでとても活きの良い、新進気鋭を含む一癖、二癖もあるまさに旬な寿司ネタのような監督・スタッフ・キャストを起用し海外で台風を巻き起こす。


SUSHI TYPHOONレーベル『HELLDRIVER』


by Okamekikurin | 2011-03-04 10:44 | エイガ | Comments(10)
2011年 03月 03日

我が家の大移動@ゆうばり映画祭

「一泊くらいなら、家で留守番させられないの~?」
というお声はちょくちょく聞こえてまいります。

がっ。

...そんなワケにはまいりませんのです我が家の座敷鳥。
今年も夕張滞在中は『小鳥のお宿りぃふ』さんにお世話になりました。

例年は、映画祭に行く前日にトリ達を預けに札幌へ行っているのですが。
今年はヲタク夫の休みの都合上、夕張入りする当日朝に一旦札幌へ。

オカメインコ達は車移動にあまり動じません。
不意の地震には大パニックになるのですが、予め「動く」ものだとわかってしまうと案外その状況を楽しめるようです。
...しかし、びび太@ヨウムはこれが全然ダメ。
身体が大きい分、リアクションもでかいので、雪解けの轍(わだち)だとか急なカーブだとか、いちいち大騒ぎの巻になります。
仕方がないので

e0235910_6451056.jpg


ケージ抱っこスタイルで札幌までGO~~~。
GO~(T_T)
GO~(T_T)

e0235910_6462079.jpg


びび太のケージは、オカメインコ達のそれよりも勿論重たいです。
びび太を迎えた最初の頃は「こりゃ宿泊旅行なんて無理かのぅ..」と思ったりもしましたが。
やればできる。
やれば慣れる。

e0235910_6475550.jpg


...ま、なんとかなるもんなのですねぇ~。
...って、視界は不良ですな。

転勤のときも、毎度このスタイルで移動しております我が家(^_^;)

e0235910_6491059.jpg


隣のケージはオカメインコのぱけ。
助手席に、オカメインコのゆうちゃんが乗ってます。シートベルト着用です♪

e0235910_6504894.jpg


毎回、『小鳥のお宿りぃふ』さんにトリ達をお願いして(今年は二泊三日)家に戻ったあとの「彼ら」はしばしの間とってもとっても上機嫌。
おそらくそれは
【Kikurin家の日常】→→→ ほぼ放置プレイ
【りぃふさんの数日】→→→ コミュニケーションたっぷり
この違いによる「余韻効果」と思われます(~_~;)


e0235910_6563175.jpg


ゆうちゃんの冠、なみへいチックですな。

e0235910_657483.jpg


なんでもいいから「紙」が好き。

e0235910_6582346.jpg


もぐるの好き。

e0235910_658504.jpg


のせるの好き。

e0235910_6591229.jpg


e0235910_6593487.jpg


かくれんぼ好き。

e0235910_6595594.jpg


紙と話すの好き。

e0235910_701985.jpg


平成10年生まれのゆうちゃん。
インコ年齢では、もうすっかりおじいちゃんなんですネ...。

by Okamekikurin | 2011-03-03 07:16 | エイガ | Comments(10)