<   2016年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

備忘録として(ゆうばりファンタ2016・その6)


※ゆうばり映画祭に関する備忘録的記事です。
長文(新聞記事転載)ですので、ご興味のない方はスルーでお願いいたします m(__)m ※


(※以下、北海道新聞2016年3月8日夕刊より転載させていただきます※)


『ゆうばり映画祭 会場、資金…綱渡り ~継続へ 求められる改革~』


第26回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(実行委主催、北海道新聞社特別後援)が
2月29日、閉幕した。
例年通り大勢の映画人やファンが訪れ、にぎわいを見せた一方、
直前まで開催が危ぶまれ、「綱渡り状況」(実行委幹部)でもあった。
継続できる基盤づくりへの改革が、あらためて求められている。


28日夜に発表された若手の公募作品対象のオフシアター・コンペティション部門。
今年、グランプリを獲得したのは東京都の小林勇貴さん(25)が監督した
「孤高の遠吠(とおぼえ)」だった。
バイクに憧れる少年たちが主人公のバイオレンスで、実際の不良少年たちが出演したという。
「本作のテーマは『反抗』」と言い切る小林さん自身、かつて映画学校を1日でやめ、
現在は働きながら独学で映画作りを続ける反骨の人だ。
表現のタブーに挑戦する、ゆうばり映画祭ならではの受賞者となった。

5日間の会期中、国内外の90本の映画が上映され、
前年並みの1万3650人が訪れた。
根強い人気ぶりを示したが、沢田直矢実行委員長は
「今回は開催できるか最後までドキドキしていた」と漏らした。
原因は会場問題だった。
これまでのメーン会場・旧市民会館が昨年3月、老朽化で閉館。
後継会場候補だった「ゆうばり文化スポーツセンター」は
整備に1千万円かかることなどが分かり、断念した。
結局、メーン会場は「合宿の宿 ひまわり」(旧夕張北高)となった。
だが、「ひまわり」は夕張市中心部から離れており、ホテルシューパロなど
サブ会場に徒歩で移動するには冬場は30分以上かかる。
実行委は巡回バスを運行したが、定期便は1時間に1本程度で、
観客への案内も十分ではなかったため、「会場間の移動手段がなく、
見たい作品を諦めた」などの不満も出た。

実行委は来年も「ひまわり」を使う計画というが、
それならば、一層の利便性の向上が求められる。
「今回は会場問題が危機を招いたが、スポンサーの撤退やボランティアの減少など
現在の状況がひとつでも欠ければすぐに開催が危ぶまれる状況だ」と明かすのは
同映画祭の深津修一プロデューサーだ。
「この規模の映画祭で(行政に頼らずに)民間主導で運営するのは、
国内でもここだけではないか。すばらしいことだが、一方で財政の弱さを抱えている」。
こうした状況を打破するため、実行委は今年、安定した財源と人材確保に
本格的に乗り出した。その核が「サポーターズ制度」の導入だ。

運営費を寄付する「プライベート・サポーター」と、会場案内やイベントを支える
「ボランティア」が2本柱だ。
沢田実行委員長は「資金を広く募り、高齢化が進むスタッフの次の世代を育成する」と話す。
「プライベート―」には2月末現在、函館出身の人気グループGLAYのTERUをはじめ
約50人の映画ファンが登録、約200万円集まった。
「ボランティア」も学生を中心に予想を上回る66人が登録。
深津さんは「今まで応援したくても受け皿がなかったのだろう。
映画祭のファンの多さに驚いた」と手応えを語る。

来年は、市の財政破綻を乗り越えて映画祭を再開してから10回目。
だが同時期に札幌市で冬季アジア大会が開かれるなど、
開催時期の見直しも検討課題に上がりそうだ。
それでも沢田実行委員長は「資金、人材育成、会場と課題はあるが、
この映画祭は地域の宝。これから100年は続けたい」と意気込んでいる。



*******
【ゆうばり国際ファンタスティック映画祭】
石炭産業から観光産業への転換を目指し夕張市が中心になり、1990年に始めた。
映画人とファンが集う国内初のリゾート型映画祭で、
フランスのアボリアッツ・ファンタスティック映画祭がモデル。
2006年の夕張市の財政破綻でいったん休止したが、
08年に有志が運営を引き継ぎ、再開している。
*******




e0235910_21494457.jpg

※2016年のゆうばりファンタ、私の鑑賞作品※


2月26日(金)
『Dream Theater』/[監督・脚本・ガンエフェクト・編集・VFX]遊佐和寿
『バイバイ、おっぱい』/[監督・脚本]鋤崎智哉
『雲の屑』/[監督・撮影]中村祐太郎
『親切ですね』/[監督・脚本]ソ・ジェイク
『孤高の遠吠』/[監督・脚本・編集]小林勇貴


2月27日(土)
『セーラー服と機関銃 -卒業-』/[監督]前田弘二
『怪しいお姉さんたち』/[監督・製作・脚本]ノ・ジンス
『恐怖!セミ男』/[監督・脚本・編集]黒田勇樹


2月28日(日)
『ゆうばりアーカイブ2016』「内なる炭鉱」「炭鉱から観光へ」
『レヴェナンド:蘇えりし者』/[監督]アレハンドロ・G・イニャリトゥ
『ストップ』/[製作・脚本・撮影・音響・編集]キム・ギドク



e0235910_21504808.jpg

「セーラー服と機関銃-卒業-」ティーチイン。
主演の橋本環奈さん登壇以降は、関係者以外は撮影禁止となりました。



e0235910_21511010.jpg

鈴木市長もお越しになりました。
クロージング作品「レヴェナント蘇えりし者」ティーチインにて。



e0235910_21512310.jpg

「恐怖!セミ男」監督の黒田勇樹さん。
サービス精神は、満点。作品は、ちょっとビミョーかな...(;´∀`)



e0235910_21513874.jpg

俳優さんだけあって、さすが、キメのポーズもばっちりです。



e0235910_21515543.jpg

「Dream Theater」主演の亜紗美さんに蹴られたい希望者が客席からステージへ♪



e0235910_21520729.jpg

今年のゆうばり映画祭で、個人的に一番心に残ったのが
キム・ギドク監督の「ストップ」。
しかし今後、映画館での一般公開はあるのだろうか...。



e0235910_21522579.jpg

オフシアター・コンペティション部門でグランプリを獲得された小林監督さん。
ぶっちぎりのインパクトだったけれど、不良男子な世界以外の作品を
どう撮っていかれるのかが今後気になるところです。



e0235910_21523765.jpg

小林監督さん、審査員の柏原寛司氏から「オイ、不良!」と呼ばれていました。



e0235910_21524809.jpg

閉会式にて、鈴木市長さんのご挨拶。



e0235910_21525942.jpg

温かな市民の皆さまのおかげで、今年も楽しく過ごさせていただきました。
寒いなかでのハードスケジュール、本当に有難うございました&お疲れさまでした。



e0235910_21531074.jpg

ゆうばり映画祭友の皆さまに、来年もまたこの地で逢えますように!



e0235910_21532280.jpg

(平成28年2月26日~28日滞在&撮影)







by Okamekikurin | 2016-03-31 22:24 | エイガ | Comments(0)
2016年 03月 30日

「半年」


e0235910_22103906.jpg




e0235910_22111550.jpg

引越ししてきて、瞬く間に半年が過ぎた。

豪雪地帯から、少雪地帯へ。
いろんな違いに戸惑いながら、しかし時の流れというのは
容赦なくて時に残酷で、寛容でもある。



e0235910_22120827.jpg




e0235910_22122359.jpg




e0235910_22125017.jpg

この街に、仮に3年いるとしたら
その6分の1が過ぎたことになる

もしも、2年で次の転勤だとしたら
既に4分の1が終わってしまったということなのだ。



e0235910_22132619.jpg




e0235910_22134740.jpg




e0235910_22140997.jpg

けれど、いずれにしても
夫が次の転勤をむかえる前に
わたしだけは実家へ戻るのだろう。


先日、ドラッグストアで父の紙おむつを買いながら
現状維持の限界を思った。

父の、誕生日でもあったその日に



e0235910_22144447.jpg




e0235910_22150027.jpg




e0235910_22151375.jpg

長くは居られない街、海もバスも、列車もカモメも

まだまだ見慣れちゃいないのに。



e0235910_22154699.jpg




e0235910_22160187.jpg

ともあれ、ここで迎えるはじめての、春

どんな出会いがあるのだろう。







by Okamekikurin | 2016-03-30 22:22 | ツブヤキ | Comments(4)
2016年 03月 29日

それぞれに、早春


e0235910_21431022.jpg

雪深いこの場所にも、ようやく春の息吹が感じられるようになってきたけれど

やはり未亡人(鳥)のフクロウさんは、ペア成立ならず...



e0235910_21443798.jpg

1羽になって、訪れるカメラマンさんも すっかり減ってしまったそうです。

フクロウさんには良い環境なのでしょうけれど、
ここを管理されているおじさんは少し寂しそうでした。



e0235910_21462351.jpg

辛夷の枝に、春の訪れを感じます。



e0235910_21465853.jpg

こちらは穏やかな めおと暮らし。



e0235910_21475256.jpg

小鳥が近寄ってきても、昼間は狩りモードにはなりません。



e0235910_21494582.jpg

日差しも随分とやわらかくなってきました。



e0235910_21501911.jpg

それぞれに、あたらしい春を迎えようとしています。



e0235910_21503980.jpg

(※平成28年3月18日撮影)










by Okamekikurin | 2016-03-29 22:10 | シャシン | Comments(4)
2016年 03月 28日

効能・効果、要報告???


e0235910_06522435.jpg

先日...おそらくそれは White Day前日のことでありました。
大きな箱の、宅配便が届いたのです。

大きなおおきな箱を、送ってくださったのは
長い長ぁ~~~いお付き合いをさせていただいている「こたつ猫」さん。

いつも こたつ猫さんのブログでは素晴らしいお写真の数々を拝見しておりますが
なんとなんと、今年も、プリントしたお写真を入れてくださいました! 
感動ぉぉぉ~~! m(;∇;)m



e0235910_08314424.jpg

さてさて。 大きなおおきな箱の中からは
次から次へと楽しい&珍しい&美味しい&不思議な(?)ものが! 

こたつ猫さん、このたびも本当に本当に、有難うございました m(__)m



e0235910_08332746.jpg

「金沢カレーブームの火付け役『ゴーゴーカレー』」なる逸品。

パッケージ裏に「濃厚なカレールーです」と書かれているとおり、
エキスがぎゅぎゅっと凝縮されているような深みのある辛さ。
あらびきのブラックペッパーも効いていて、まさにクセになるお味でした。

あ、エビフライを盛りつけてみたのは、ずばり、オイラの見栄です。ハイ (* ̄ー ̄*)



e0235910_08472719.jpg

『能登』のお酒も! ( *´艸`)

ちなみに『むぎ焼酎 能登ちょんがりぶし』は
今日現在(※3月28日)すでに空き瓶しかございませんのよ~(淋&悲)



e0235910_08490833.jpg

そしてそして! 箱を開けてみて 驚きおののき なななんと!!!

『またたび酒』あらため
『またたびびた酒』(舌かみそうだなw)が
じゃ、じゃ、じゃーんっっっと 現れたのでございます。



e0235910_08503985.jpg

「注 びび太には与えないで下さい」

嗚呼...なんという芸の細かさ、いや、お心遣い(笑)



e0235910_08512646.jpg

これはもう、ソッコーでびび太に与えるしかないでしょう(オイ)

あ、勿論、「見せるだけ」なンですけれどネ (;´▽`A``



e0235910_08522328.jpg

そして、とどめは コチラ!!!!!!!


『金箔入り 黄金の湯っ』。
ゆっ! ゆゆゆゆゆっ!!!


e0235910_08533998.jpg

「金箔入で、ゴージャスな気分を満喫できます。」

あああああ、ゴージャス☆彡 ゴージャス☆彡 ゴージャス☆彡
我が暮らしには、縁のない響きだわ~~。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
この、金箔キラキラ風呂のゴージャスぶりを
やはりブロガーとしては実況中継しなくてはならないのであろうか...


★課題その1・またたびびた酒の効果
★課題その2・金箔黄金湯のレポおよび実況中継

しかし、課題1は、酔ったイキオイでやっつけられそうだが
課題2は、、、世にも恐ろしいことになりそうなので...|ω・)








by Okamekikurin | 2016-03-28 22:01 | ツブヤキ | Comments(10)
2016年 03月 27日

気になる


e0235910_12380733.jpg

あの家のお茶の間からは
どんな風景が見られる(撮れる)のだろうと

気になって仕方がないのです (*´ェ`*)



e0235910_12281488.jpg

(※平成28年3月17日撮影)








by Okamekikurin | 2016-03-27 12:41 | シャシン | Comments(2)
2016年 03月 26日

二度見


e0235910_07422952.jpg

ドライバーさ~ん、脇見運転はダメダメですよぉ~~ (;-ω-)ノ



e0235910_07431919.jpg

...って...あれれっっっ!?

∑(゚∇゚|||) ∑(゚∇゚|||) ∑(゚∇゚|||)








by Okamekikurin | 2016-03-26 07:52 | ツブヤキ | Comments(0)
2016年 03月 25日

常設なのですねぇ~


e0235910_22393336.jpg

あっというまに3月も駆け抜けていこうとしていますが...

この画像は2月7日撮影のものです。
相変わらずノロノロ更新なブログです...(-_-;)



e0235910_22403671.jpg

この日は新千歳空港に行ったのでした。



e0235910_22413583.jpg

とどまるところを知らないミクちゃんの人気。
ついに空港内に『雪ミクスカイタウン』なる常設エリアまでできてしまったのですねぇ。

オヒトリサマなオバサンが入るには、ちと勇気が要るけれど。
好奇心が勝ちます、やっぱりここでも(笑)



e0235910_22454466.jpg

こちらが等身大のミクちゃん♪



e0235910_22460423.jpg

正しいミクちゃんファンの男子達は、決してこんな角度から撮ったりはしていません。



e0235910_22464703.jpg

色んなミクちゃんがいましたが、勿論私には違いが分かるわけもなく(;´∀`)



e0235910_22472723.jpg

歴代の雪ミクちゃんも展示されていました。



e0235910_22475425.jpg

ガラス越しなので、撮るのがむずかしいなぁ...



e0235910_22482573.jpg

皆さん、イラストお上手ですねぇ~~~(*´ω`*)



e0235910_22485402.jpg

じ、じ、じ、じゅーまんえんっ!!!!!!!! Σ(・ω・ノ)ノ!
(※「西11丁目」とは、雪まつりでのミクグッズ特設販売会場のことを指しています)



e0235910_22493130.jpg

ミク電車、昼間に撮りたかったけれど今年はチャンスがなかった~~。残念!! 







by Okamekikurin | 2016-03-25 22:59 | イベント | Comments(6)
2016年 03月 24日

ふくろうカフェにお邪魔するの巻


e0235910_09322250.jpg

あらっ(*´ω`*) 可愛らしいフクロウさんリースだわ♪

...と、思いきや!



e0235910_09332446.jpg

上のフクロウさんは、本物だったのですね  Σ(・ω・ノ)ノ!



e0235910_09335871.jpg

こちらは「ふくろうカフェ」でありまして。

キュートなフクロウさん達と、触れ合えちゃうンでございます!



e0235910_09351953.jpg

ちょこりん♪
まるで ぬいぐるみのようです。



e0235910_09353992.jpg

でも、ぬいぐるみじゃないのですよ~。

びろーーーーーん。



e0235910_09362284.jpg

コンパクトサイズです☆



e0235910_09370012.jpg

ビー玉のようなお目目っ (*ё_ё*)
(※このフクロウさんは3キロだそうです。)



e0235910_09404095.jpg

ふむむむむ....。

カフェだというのに、お客さん達、立ってますな (;^ω^)



e0235910_09412617.jpg

てゆか、誰一人として座っていませんが...
ドリンクオーダーしている人もいませんな (-_-;)
(※こちらのカフェのドリンクオーダーは任意ですが、
1時間1000円の利用料金がかかります。)

ま、ここにお邪魔するのは「フクロウさんと触れ合いたい」からなので
座る必要もないンですよね (^-^;



e0235910_09434900.jpg

あまりの賑わいぶりに、フクロウさんちょっとお疲れモードかな。



e0235910_09443259.jpg

このままそっと我が家まで...

いやいやいや、思ってません。
頭をよぎった気が、しただけです。ええ (;´∀`)










by Okamekikurin | 2016-03-24 22:13 | ツブヤキ | Comments(8)
2016年 03月 22日

惑夜


2016年3月20日。

この日の夜は、JRの夜行列車『はまなす』の札幌発が最終運行、なのだそうで。
現在自分が住んでいる街も、停車駅であるからして。
んんんーむ。撮りに、行こうか行くまいか (;^ω^)


何せ、列車『はまなす』が私の住む街に到着する時刻は、
遅れがなくても23時50分過ぎ。
ビとケンコーにはヨロシクない活動時間帯...
...って、規則正しい生活&たっぷりの睡眠なんざ
とっくの昔に諦めているのだけれどネ。


「夜の撮影」と「列車」...どちらも自分には難易度高い分野。
しかも、列車を何処で撮るかもわからなければ、撮影時の設定も知識皆無。
駅のホームでスマホ撮りが一番安全パイなんじゃね?と思うのだけれど。
ホームは見送りびとと撮影人でごった返していたら嫌だしなぁ
(※新聞記事によると、こちらの駅では30人程度だったそうです)
等など、ダラダラもたもたグチグチと迷って結局この場所へ。



e0235910_19361014.jpg

し・か・し・っ!!!
「く、く、暗いっっっ (>_<).....」


この橋を昼間、買い物やら銀行へ行くときなどに歩いているのだけれど
深夜は予想以上に暗かったのでありました。

とはいえ列車到着時刻(※定刻想定で)まであと20分くらいかぁ...
今から場所を移すったってなぁ...
何せ徒歩だし、他に撮影ポイントも知らないし...


てゆぅか、誰もこの場所にいないってことは、だよ、
つまりここは「撮影には不向き」な場所ってことなんだろうな...
撮り鉄さんの事情にはまったく疎いので、いたしかたありません。
孤独に、場違いな場所で、頑張るしかありません(/_;)

これでもしもカメラ持っていなかったら....深夜にヨレヨレな婆が跨線橋の上
絶対それって自殺者と誤解されて通報ものだよなぁ...


な~んて感じで、不安だらけの状態のまま、とにかくここまで来たら
駅方向に向けてカメラ構えるしかないじゃありませんか。

...あ、右側から救世主、いや、カメラマンさん一人やってきたよ!!!
ありがたやありがたや、わが友、戦友、今すぐハグしたいわよベイビ♪
と、勝手に連帯感をぱんぱんに膨らませて、少し安心しながら、
駅方向に視線を集中させる。



そもそもアタクシ、この街に越してくるまで(=昨年10月)
『はまなす』と『カシオペア』の違いも知らなかったおバカ者なのです。
札幌から遅い時間に帰る際に「そっか、はまなすって、そーいうことだったのか」
と、乗ってみて初めて行き先が分かった次第でありまして(^-^;


「揺れる列車だなぁ、古いんだなぁ、でもこの尻振動、なかなかエエわね。」
...ってくらいの温度です。恥さらしもいいとこです。
それでラストランを撮ろうなんて、百年早いんです。
でも、ラストランゆえに百年後には走っていないンです。
そんでもって、百年後にはアタシも生きていないンです。



e0235910_19424499.jpg

さて。 とりあえずは、だ
『はまなす』がやってくる前に到着&発車する列車を
手あたり次第に撮って(練習して)みよう。(← 遅すぎます)

それにしても、マヂ、暗いなぁ....
貨物列車が多いんだなぁ、深夜って。
客車の灯りがないから、貨物列車は闇に紛れてしまいます(´・ω・`)

(※画像はこれでも明るさを調整しているンです※)



e0235910_19431730.jpg

そろそろ『はまなす』到着時刻ですが、
来るのは貨物ばかり...
(※始発から遅れていたそうですね。いつものこと?だけど)


(※画像はこれでも明るさをぐぐぐいと調整しているンです※)




e0235910_19445703.jpg

日付変更線も過ぎてしまいました...
どうやら、先に到着したのはこの日だけ運行の、東室蘭までの臨時列車。
そしてその後、『はまなす』がやってきたようです。

(※画像はこれでも明るさをめいっぱ~い調整しているンです※)




e0235910_19480001.jpg

はてさて、動き始めた列車はホンモノの『はまなす』なのだろうか???
目視では列車のライトしかわかりません。
でも、深夜12時は回ってしまっているから
『はまなす』以外には考えられないンだよなぁ...

(※画像はこれでも明るさをめいいいい~っぱい調整しているンです※)



e0235910_19483248.jpg

見えてないけれど、とりあえず、シャッターを切る...

家に帰ったら画像をパソコンモニタで明度上げて確認しようね、自分(/_;)

(※画像はこれでも明るさを...(ノД`)・゜・。 以下略※)




かくして、日付変更線をまたいでから『はまなすらしき列車』の撮影を終えました (-_-;)


アチラ側で撮影していたカメラマンさんがカメラのプレビューを見ながら
ゆっくりと近づいてこられました。
「お疲れさまでした~」「ごくろうさまでした~~」
どこの誰とも知らぬお方だけれど、深夜12時過ぎに
橋の上では貴男と私の二人だけ( *´艸`)


生まれるか? 恋(まさかw)
はじまるか??? 許されぬ愛(まさかwww)



カメラマンさん、笑顔でこうおっしゃる。
「臨時の列車には何を使うのかなぁと思ったら、ニセコエクスプレスだったんですね」


(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)(;^ω^)
「あ、ネットでも皆さん、何を充てるんだろうって書かれてましたよね」
アタシは、そう答えるのが精いっぱい。
それ以上もそれ以外も、何も語れません...鉄の世界のお話は。




e0235910_19510094.jpg

ふと、左方向を見やると、闇に怪しく眩いネオンの文字。



e0235910_19513586.jpg

嗚呼...アタシは、あっちの世界を撮りたいよ。
たぶん、その方が、アタシらしいんだ。うん、うん。



さ、さ。コンビニでワイン買って帰ろうっと♪







by Okamekikurin | 2016-03-22 23:37 | ツブヤキ | Comments(6)
2016年 03月 21日

日課


e0235910_22591777.jpg

(※平成28年3月17日撮影)








by Okamekikurin | 2016-03-21 23:00 | シャシン | Comments(2)