ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 16日

小さな子リスの大事件(その2)


※8月15日の記事の続きです。※

**************



帰りのバスの中で、Sさんに宛てて
子リスが屋根裏の巣から落ちて戻れなくなった旨を知らせるメールを打ちました。

夜、Sさんからいただいた返信には
「仕事帰りに様子を見に行ったけれど、子リスの姿は見当たらず。
近くの木に、母リスが新たに巣を作っているようなので、
もしかすると子リスをそこに誘導できたのでは」といった内容が記されていました。


少しだけ安心したけれど、その夜は昼間に見た子リスの姿が頭から離れず
どうか無事に朝を迎えられますように。と、幾度となく考えてしまいました。



翌朝、いつも通りに夫を送り出して片付けものを済ませたのち
再びバスに乗ってフィールドへ向かいました。
到着すると...なんということでしょう。
昨日、子リスが潜り込んだ軒下の前に、Sさんが困り果てた顔で立っていたのでした。



子リスは母リスの誘導によって新しい巣に移れていたわけではなく
朝まで軒下で過ごしていたようなのです。
しかも、Sさんが着いた時にはカラスにさらわれる瞬間だったということ。
Sさんが咄嗟に、ご自分の荷物などを振りかざしたりしながら
カラスが足に掴んでいた子リスを引き離した、というではありませんか。
(カラスも同時期に子育てをしているわけだから、
決してカラスが悪いわけではないのですが...。
しかしその場にいたら、私もやはり同様の行動をとっていたことでしょう。)


九死に一生を得た子リスはその後、おびえて軒下に入ったきりだという。
母リスのおっぱいも飲めず、餌を自力で探せるにはもう少しかなという時期なので
このままだとどんどん衰弱してしまうでしょう。



e0235910_15470852.jpg

時おり、子リスは表に出てくるものの、母リスとの再会には至らず。
子リスは建物の壁を登ることはできませんが、
木を登る脚力は充分にあるようで、結構上まで行ったりもしていました。


その後、Sさんはお仕事へ行かなくてはならないということで
またしてもこの場所には私だけが残ってしまいました。



e0235910_15475825.jpg

Sさんが「カラスなどの外敵に見つからないように」と
傍にあった旧い立札で簡易囲いにした、その隙間から子リスが顔を出しています。



e0235910_15493711.jpg

(※屋根裏の巣の母リスとはまた別な母リスです。
今シーズン、このフィールドにて3匹の母リスがそれぞれの子リスを巣立たせましたが
この母リスの子供達が一番遅い時期に巣立っていきました。)



どんな状況になるにせよ、今日は日暮れまで居よう。
そう、決めて。
軒下の子リスと、屋根裏の母リスが現れるのを待ちました。



しばらく経って、屋根裏から母リスが出てきました。
母リスは、軒下の子リスに気づいてくれるだろうか???



e0235910_15503437.jpg

子リスを探しているような動きに見えなくもないのだけれど
母リス自身も腹ごしらえをしなくてはならないので
ほどなくして私の視界から消えてしまいました。



e0235910_15513087.jpg

そんなじれったい時間を過ごしていたのですが、ようやく
軒下から出てきた子リスと、建物近くまで戻ってきた母リスが
それぞれを認識して、2匹で同じ木に登ってくれました。



e0235910_15520128.jpg

果たして母リスはこのあとどんな行動に出るのだろう?
屋根裏の巣に、子リスを戻せるものだろうか??



e0235910_15523371.jpg

再会直後の様子。



e0235910_15525726.jpg

子リスは母リスのお腹にもぐり込みます。




e0235910_15533685.jpg

さぁ、ここからはお母さんと一緒に行動だよ。はぐれないようにね!




e0235910_15542279.jpg

私は見守るしか術がないので、2匹から少し離れた場所で見ていると、
なんと母リスは子リスを上手に誘導しながら、
前日のうちに近くに新しくこしらえていた「木の上の巣」へ
向かったのでした。




e0235910_15545622.jpg



e0235910_15550836.jpg



e0235910_15552071.jpg



e0235910_15553099.jpg



e0235910_15562359.jpg



e0235910_15563911.jpg

母リスの後をついて、子リスは無事に新しい巣へ向かって登っていきました。




e0235910_15565922.jpg

その後 母リスは、子リスが一晩過ごした軒下へ戻り、周辺の匂いを嗅ぎながら確認しています。
子リスがここに居たことをちゃんとわかっていたのですね。



しかし、元の屋根裏の巣に残された他の子リスはどうなるのでしょう?
離れている二つの場所それぞれに子リス、は、危険すぎます。


驚くことに、母リスは休むことなく、次の行動に出たのでした。




※(その3・ラスト)へつづきます。※





# by Okamekikurin | 2017-08-16 16:30 | 子リス | Comments(5)
2017年 08月 15日

小さな子リスの大事件(その1)


※本記事は、平成29年6月上旬のお話です。※

**************


エゾリスさんの巣は大抵、老木の洞(うろ)や枝の股部分に巣材を集めて作りますが
稀に、ヒトの作った建物の屋根裏などを利用することもあるようです。


私がいつもお邪魔しているフィールドのリスも同様で
この春、1匹の母リスが木造の屋根裏に巣をかまえていました。
子リスは外敵に狙われることも多いため、ふいの襲撃を防ぐためにも
屋根裏という場所はなかなか良い環境に思えます。


しかし、この場所には大きな問題も...。


子リスは成長とともに、巣穴から出て次第に活動範囲を広げます。
野鳥のヒナは、一度巣穴を出ると再びそこには戻らないようですが
子リスは(わずかな期間ですが)巣を出て外で遊ぶようになっても
独り立ちまでの間は母・兄弟リスと同じ巣で過ごします。
木の枝や洞の巣には、脚力の弱い子リスも幹の凹凸を利用しながら駆け上がれるのですが
屋根裏の巣から落ちた場合、力に乏しく爪もちいさな子リスが巣に帰れないという
非常事態に見舞われることもあるのです。



「過去に、そんなことがあって...」という話を、
毎日このフィールドに通ってこられるSさんからお聞きしていたその日。

Sさんがお帰りになってから、何気なく巣の下辺りをぶらついていた時
いまさっき、聞いていたばかりの話が現実になってしまったのでした。



e0235910_11200938.jpg

屋根の上を、子リスらしき姿が横切ったので「お! いよいよ巣から出てきたな」と
ワクワクしたのも束の間、私の足元で、ちっちゃな子リスが駆けているのです。

事態を呑み込むのに時間は要りませんでした。



e0235910_11205088.jpg

子リスは、屋根から滑り落ちてしまったらしく
自力では垂直かつ滑りやすい木の壁を上がれない状態なのです。




e0235910_11213080.jpg

屋根裏からは、巣に残っている兄弟リスの走り回る音が聞こえてきます。
それに反応して、地面の子リスが上に戻りたくてたまらないという様子で
ミーミーと鳴き声を繰り返し発しながら建物の周りを走ります。




e0235910_11220487.jpg

おぼつかないジャンプもしてみるのですが、壁をつたう力はなく
10センチ程度跳ねては ぽたり、ぽたりと地面にたたきつけられてしまうのです。




e0235910_11222423.jpg

困った顔で、子リスが私のもとにも駆けてきます。
(※近すぎて、ボケて写ってます)


私の膝くらいまでは勢いで上がってくるものの、やはり地面にぽたりと落ちてしまいます。
しかし仮に、私の手で捕まえたところで、親リスが出入りする屋根裏の穴は高くて
脚立などを使わないと届かない場所です。
この時、その場にいるのは私ひとりだけ。
到底、子リスを巣の出入り口に戻すことは不可能でした。




e0235910_11235040.jpg

(ところで親リスは、自分の子供の数が足りないことに気づくものだろうか??)
咄嗟に、それを考えました。

例えば、生まれた子リスが1匹だけだったとしたら。
巣穴には子リスが残っていないという状況になり、
親リスは間違いなく異変に気づけるでしょう。
でも、子リスが複数匹となると...。

リスには「数の認識」があるものなのだろうか???
一度に産むリスの数は、たった1匹ということはないだろうから
子リスがまだ母リスのおっぱいを欲しがる時期だし
母リスは残った子リスの世話に手いっぱいな中では
「1匹、足りない」ことに気づけないのでは??

そんな不安が、私の中でどんどん膨れ上がります。




e0235910_11243518.jpg

(※画像は 母リスです。)

母リスが、地面に降りてきて、子リスを発見してくれれば...
そう、願うも。なかなかタイミングよく母リスが降りてきてはくれず。



次第にしょんぼりしてきた子リスは、地面と軒下の隙間部分に潜り込んでしまいました。
しかし、そこから建物の内側で屋根裏に伝わるルートがあるはずもなく



e0235910_11252986.jpg

しばらくすると、子リスは軒下から出てきては、また建物周囲をぐるぐると走りながら
ミーミーと鳴き(泣き)続けます。



さて...どうすればよいものか...

かといって、私がここに泊まって見張りするわけにもいかないし



e0235910_11260802.jpg

子リスが軒下の隙間から出てこなくなってしまった夕方前、
(母さんリスが見つけてくれますように...)と、祈る思いで
私はその場を後にしたのでした。



※(その2)へつづきます。※





# by Okamekikurin | 2017-08-15 11:51 | 子リス | Comments(6)
2017年 08月 14日

ぱけ(白オカメインコ)のこと


ブログ記事に暗めのワタクシゴト的お知らせはなるべく控えたいと思っているのですが
トリ友の皆さまへ、ちょっとだけ現状報告ということで...


我が家の“ぱけ”(白オカメインコ)が先週金曜日(8月11日)より急激に体調不良になり
何せ高齢ということもあり、今、かなり深刻な状況にいたっております。



...という話ですので、ペット・インコ関係にご興味のないお方は
本記事はスルーしてくださいませ。何とぞ宜しくお願いいたします<m(__)m>




e0235910_09184271.jpg

“ぱけ”は平成11年の4月29日に我が家に迎えたオカメインコなので
平成29年8月の現在から引き算するともう相当な「おじいちゃんインコ」です。

成鳥になってからのほとんどが毛引き状態から脱却できず
ゆえに見た目はかなりみすぼらしかったのですが
でも性格は明るくて、まいにち元気いっぱいでした。

何度か、札幌の小鳥のクリニックさんにもお世話になっていたのですが
最近は足が弱くなってきて止まり木から落ちやすくなったこともあり
「この先、病気になっても、クリニックさんまでの長距離移動による身体的負担を思えば
そのまま自然に任せる方がいいのかな」と、漠然と考えていました。


しかし、金曜日の症状があまりにも傍目に切なく、苦し気で
やはり病院を探さずにはいられなくなりました。

お盆と三連休、という条件が重なって、小鳥のクリニックさんはお休みなので
今住んでいる町で、鳥も診てもらえる病院、かつ、土曜日も開いているところ...と
探して、12日にそちらへ伺いました。
が、鳥に関しては専門ではないので...という(丁寧にお話いただきましたが)説明ののち
全身状態が極めて良くないことから、飼い主への心がまえその他のお話
せめてもの、栄養剤、という対応をしていただき病院をあとにしました。


餌を受け付けない状況ということもあり、おそらくもう時間の問題と覚悟はしつつ
13日に、かつて札幌に住んでいた時代にセキセイインコでお世話になっていた
ベテラン獣医さんの病院が土日も開いていることを思い出し
(でも、なにせお盆だしなぁ...)と
ダメ元で電話をしてみたところ「診察していますよ」とのお答えだったので
小さな箱に移した“ぱけ”を車に乗せ、札幌の動物病院へ向かいました。
たぶん、そちらの病院へ伺うのは20年ぶりくらいのことだったでしょうか。



本来、レントゲンや「そのう」の検査が出来れば病名の判断がしやすいとのことでしたが
衰弱ぶりが激しいので検査に耐えられないでしょう、とのお医者様のご意見。
それは飼い主から見ても頷かざるを得ない現状なので
先生の経験的なところの推測で、いくつかの病名をお聞きしました。

数種類、お薬や栄養剤関係もいただきました。


14日朝、“ぱけ”は まだ呼吸しています(かなり荒いですが)

しかし、【その日】はもう近いはずです。
それを、ちゃんと見届けて見送って、と自分に言い聞かせています。

そんなこんなの状況なので、しばしの間、長時間の外出などしづらくなりそうです。
かつ、色々、不義理をお許しくださいませ。




カレンダー上は平日ですが、お盆・夏休み期間という事もあり
道路は 場所によってはかなり混みあっているようです。
(昨日も札幌市内で結構大きな事故を見ました。)
お墓参りなどへ行かれる皆さま、くれぐれも安全運転でお出かけくださいませね。






# by Okamekikurin | 2017-08-14 09:34 | トリ
2017年 08月 12日

折り返し急ぎ足


雨の中、近所のイオン駐車場では盆踊り大会を決行していた。

あの音色は、いつ聴いても心がキュンと切なくなる。
そして、盆踊りの音色が聴こえる頃には
北国の短い夏は折り返し地点。
後半の夏は、とても急ぎ足で過ぎていく。どんな年でも。


e0235910_20541720.jpg

アオバトの居る間に、あと何回岬に行けるかなぁとカレンダーを見る。

...もしかすると今シーズンはもう行けないかもな、この先のスケジュール (T_T)



e0235910_20555821.jpg

まだまだ、もっともっと、通いたいのになぁ。

自分の前世がアオバトだったのじゃないかと思えるほどに、
アオバトが好きでたまらないのだ。
特にあの、もの悲しく響き渡る鳴き声が。



e0235910_20582148.jpg

岩礁に止まらずに、海面突進のパターン。

どっちコースを選ぶのかは、どうやって決めるのだろう。
誰かが決定権を持っているのかな??



e0235910_21001038.jpg

天気や時間によって、海水の色は驚くほどに違って見える(写る)。



e0235910_21005769.jpg

アオバトが出て来るのを待っている間に登場してくれる、有難き顔ぶれ。



e0235910_21015586.jpg

こちらは おひとりさまで♪



e0235910_21021554.jpg

紛れ込んでみた ( ˘ω˘ )



e0235910_21024247.jpg

カラスが採れば、密漁にはなりません。



e0235910_21031425.jpg

絵画風味のカラー。



e0235910_21034097.jpg

いつも違う、いつもの風景。



e0235910_21043735.jpg

(※平成29年7月後半~8月前半撮影)







# by Okamekikurin | 2017-08-12 21:12 | シャシン | Comments(2)
2017年 08月 11日

いろいろ食べます。


e0235910_14122713.jpg

リスのイラストでよく見かけるのが、
クルミやドングリを抱えているシーンだけど

リスさんの行動を観察していると、案外色んなものを食べていることがわかります。

たしかに、木の実が生るのは秋だけだし
クルミをせっせと土に埋めておいたとしても次の秋まで足りるとは思えず
ペットではない彼らは、自力で餌を確保しなくてはならないから
貯めておいた実以外にも 季節のものを摂取しながら生きていくわけです。


e0235910_14175622.jpg

松ぼっくりの中の、松の実も 好物のひとつ。
実に到達するまでには結構時間を要します。



e0235910_14185891.jpg

初夏の頃といえば、やっぱりこれですね。



e0235910_14192459.jpg

キノコも好物のようです。
一生懸命食べるシーンによく遭遇します。



e0235910_14195967.jpg

ヒト科にとっての毒キノコは、リスさんにとっても毒なのかなぁ。
ちょっと気になるところです。



e0235910_14204895.jpg

これもキノコかな??



e0235910_14210764.jpg

シルエット風味。
授乳期の頃に撮影したので、おっぱい立派です。



e0235910_14214550.jpg

こちらは子リスさん。
おっきな口をあけて、何を食べているのかな。



e0235910_14222369.jpg

「んん~~。これはどうかなぁ?」

子リス時代は、色々とお試しもあるようです。



e0235910_14231014.jpg

「なにかな~。ちゅーちゅーしてみよっかな。」



e0235910_14241104.jpg

「あんまり おいしくないや...」



e0235910_14243401.jpg

「草のうえに かえしておくね♪」



e0235910_14250763.jpg

そ、それはもしかすると、枝より実の方が美味しいんじゃ...(*_*;



e0235910_14260581.jpg

繊維が豊富な感じ?



e0235910_14262436.jpg

うっかり見過ごしそうな場所にも、ちんまりとお食事中。



e0235910_14265175.jpg

言うまでもなく、リスさんの大好物!



e0235910_14271406.jpg

自分のシッポも味見しちゃう???( *´艸`)



e0235910_14274987.jpg

(く、くちゃい...っ! (>_<) )



e0235910_14290670.jpg

「おなか いたいです...」



e0235910_14294627.jpg

リスさんも ヒト科の皆さまも、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。







# by Okamekikurin | 2017-08-11 19:48 | シャシン | Comments(4)
2017年 08月 10日

ねがいごと


e0235910_21260673.jpg

うん、うん。
わかるよー。その気持ち。

きっといつか。可愛いにゃんこがおうちに来てくれるよ。



e0235910_21270821.jpg

(;''∀'') (;''∀'') (;''∀'')

...どんだけコワい先生なのだろ...



e0235910_21280216.jpg

子供達のねがいごとは、シンプルでストレート、そして発想の柔らかさに驚かされます。


「ねがいごと」...さて、ひとつだけと言われたら、どんなことを挙げましょうか。






# by Okamekikurin | 2017-08-10 21:41 | ツブヤキ | Comments(4)
2017年 08月 09日

ぱんつの色


二胡レッスンの休憩時間、スマホに着信があり
発信元が非表示と出ていた。

自宅に居る時ならば、非表示の相手からの電話は
スルーすることに決めているのだけれど
教室の中で着信音が鳴り続けるのもアレなので
通話をオンにしてみる。

「ん~~、やはり無言か...」と通話解除してスマホを机に置くや
再びの着信音。


スマホを耳に当てながら廊下に出て「もしもし」と応答してみる。
(またも、無言かぁ...)と二回目の「もしもし」を言ったあと
聞こえてきたのは、あれまぁなんと。


「...ぱんつの色、何色???」



(´Д`)ハァ…
やっぱ、そっち系かぁ。

(そりゃ、ウン子色に決まってるっしょや~!)と、内心呟くも
まさかそれを大声で言う事も、周りの人目もあるのでできず。


それにしても、悲しき変態オトコのその一言に、かすかながらも
感動に近い気持ちを覚えてしまったわけです。実は。


何故ならば。


ケータイやらスマホなんちゅーものが SF小説にすら登場せず
電話はジーコロジーコロのダイヤルだった時代に、
「ぱんつの色、ハァハァハァ...」は、しばしば聞かせてもらったが
2017年の今日、スマホから聞こえてくるそれが、相も変わらず
あの時代と同じっていうのは何とも素晴らしい。

30年、40年前と、或いはもっともっと昔から変態構造は変わらんっていうことだもの。


でも、どうせ変態電話をかけてくださるのなら。
「いやぁ~、それはオバちゃんイッポンとられたわ!」と、
思わず唸る意外性ボキャブラ表現で、是非ともお願いしたいです。ええ。


しかし「ぱんつ」って言うあたり、“奴”も間違いなく昭和に生きた人種なんだべな ( *´艸`)



e0235910_23013238.jpg

そういえば、これは先日のことなのだが。

サツエキ直結地下ショッピングモールの、とあるベーカリーカフェで
隣に座っていたお若いカップルの話を聞くともなく聞いていた...
というか、聞く気がなくても近すぎて聞こえてしまっていた状況だったわけで


オトコの子が さらさらさらさら と喋る、そのさらさらの中に
「アウトーブガンチュー」って言葉がありまして。

ん?ん? んんんっ?「アウトーブガンチュー」ってなんだそれ?
新しくオープンしたエスニック料理屋さんの名前だべか??とか思いつつ
その後の話の流れをな~んとなく聞いていたら、
「アウトオブ眼中」って言っていたンですね (^_^;)


アウトオブ眼中...意味は、分かる気がするけれど
イマドキの若者の間で流行っているの?その言い方。

...と思いながら、カップルの隣でアタクシ、スマホでググったとですよ。

したらさ、「死語を集めたサイト」みたいなページで紹介されていました、「アウトオブ眼中」。

流行っていたことも知らず、身近な誰かがその言葉を口にしたってこともなく
それはつまり、アタシの暮らしは周りに若者が居ないってことなのか...
流行り、死語になり、それもこれも知らないまま。
ほんのすこぅし、さびしゅーございます (;ω;)


...ってか、なんで「眼中にない」じゃダメなのさ???
と、隣の席のオトコの子のお顔を 思わず見てしまったわけね。

そしたら、速やかに。
「さ、て。そろそろ行こうか~」とお若い二人は立ち上がって
挙動不審なオバサンの、視界からは消えていったのでありました。



「さっきのオバサン、なんかキモかったよね」って、二人で話していたんだべなぁ。


あれっ。「キモい」って、もしかして死語???
ぱんつの色変態オトコより、自分が時代に取り残されているのかも~~ (ノД`)・゜・。


e0235910_23040844.jpg

(※画像と本文は、一切関係はありません。)







# by Okamekikurin | 2017-08-09 23:17 | ツブヤキ | Comments(4)
2017年 08月 08日

巣立ち後の夏


e0235910_06272381.jpg

初夏に巣立ったシジュウカラさん、少しずつ親鳥から離れながら
自力で餌を捕ることを学習していきます。



e0235910_06423373.jpg

頑張って餌を探しています。
親鳥さんもまだ同じフィールド内にいます。



e0235910_06451074.jpg

鳥さん達の行動を追いかけながら見ていると、
木々・草地には いかに虫が多いかという事がよくわかります。



e0235910_06460825.jpg

虫もまた、「命」であることには変わりないのですが

本当に、しみじみ思います...命のための、命。



e0235910_06480643.jpg

スズメさんの幼鳥も、大きさはもうすっかり親鳥と同じですが



e0235910_06483526.jpg

まだまだ親鳥に餌をねだっています。



e0235910_06485827.jpg

巣材を運ぶヤマバトさん。
ちかくに巣があるのでしょう...



e0235910_06493997.jpg

マイペースで歩きながら、繁みの中に消えていきました。



e0235910_06501297.jpg

(※平成29年 6月・7月中撮影)







# by Okamekikurin | 2017-08-08 18:42 | シャシン | Comments(0)
2017年 08月 07日

定点にて


e0235910_23354634.jpg

いつものアオバトさんフィールドにて、7月30日の撮影画像から。


この日は朝・夕それぞれ数時間の定点観察。
その間に、ハヤブサの襲撃(※同じ個体による)が4回あったものの
結局 一度もハヤブサは狩りに成功することなく終わりました。



e0235910_23361141.jpg

アオバトに逃げられて、森方向へ引き返すハヤブサ。



e0235910_23363437.jpg

一瞬、こちらを見ていた。



e0235910_23365403.jpg

再び定位置、或いは森の木陰からアオバトを狙うのかと思いきや



e0235910_23371866.jpg

こんなに目立つ場所に止まることも。



e0235910_23374047.jpg

強風かつ安定性もよろしくなかったようで
まもなくこの枝からは離れていきました。



e0235910_23381374.jpg

再び、フィールドを訪れてみたのは8月5日。
定位置の枝にハヤブサの姿を確認するも、なかなか飛び出しては来ません。



夕方、アオバト3羽が随分ゆっくりと岩礁にとどまっているにもかかわらず
一向にハヤブサが襲ってくる様子が見られない...



e0235910_23390310.jpg

と、周囲を油断させたのでしょう。
ものすごい速さで、突然の襲撃。


しかし、アオバトは尾羽を引きちぎられながらも一命は取り留めました。



e0235910_23393078.jpg

岩礁に残っていたもう1羽も飛び立ちました。(※ハヤブサの手前側)



e0235910_23395808.jpg

ハヤブサも、諦めるしかありません。



e0235910_23402581.jpg

その後、しばらくは定位置に居たけれど、
こうなってはアオバトも警戒して出てこなくなるので寝ぐらへと帰っていきました。



e0235910_23404902.jpg

厚い雲が立ち込めて、なんだかホラー映画みたいな日暮れ時。
私もいつもより早めにその場を離れました。



生き延びる命or失われる命、それはあまりにも「一瞬」のこと。
そしてハヤブサが生き続けるためには 翌日もまた翌日も
狩りを続けていかなくてはなりません。






# by Okamekikurin | 2017-08-07 23:47 | シャシン | Comments(0)
2017年 08月 06日

兄弟


e0235910_23384747.jpg

「探検」



e0235910_23390852.jpg

「笑顔」



e0235910_23393982.jpg

「ひみつきち」



e0235910_23395898.jpg

「内緒ばなし」



e0235910_23402089.jpg

「フィット♪」



e0235910_23403819.jpg

「相撲」



e0235910_23405703.jpg

「報告」



e0235910_23411280.jpg

「其々」



e0235910_23415036.jpg

さて、そろそろ子リスさん達の画像を整理しなくちゃね~ (;^ω^)

今シーズン、一体どれだけ撮ったことやら...┐(´-`)┌







# by Okamekikurin | 2017-08-06 23:47 | シャシン | Comments(2)