2017年 03月 14日

備忘録・ゆうばりファンタ2017


e0235910_19241420.jpg

※個人的 備忘録記事ですので、スルーしていただいて構いません m(__)m ※



かれこれ20年以上、毎年通わせていただいている『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』
(※以下、「ゆうばりファンタ」と記述)今年は残念ながら宿泊滞在することができませんでした。


親の介護問題や入院中の義母のこともあるのですが、
我が家の超高齢オカメインコ2羽の足が非常に弱ってしまい、
ゆうばりファンタ滞在期間いつも預けている 小鳥のお宿さんまでの移動が困難と判断しました。
このところ、夜中にもしばしば止まり木から落ちるようになり、
ゆうちゃん@並オカメは去年の10月に一度危篤状態にまで陥った経緯もあり、
いちにちいちにち、「今日も生きられたね、良かったね」と言っている現状なのです。



そんなわけで今年のゆうばりファンタ開催期間中(※3月2日~6日)の、
3月3日と5日に それぞれ日帰りで行ってまいりました。
毎年楽しみにしている深夜のイベントは断念でしたが、
少しだけでも映画祭の空気に触れられて「いつもの感触」は味わうことができました。



e0235910_19281035.jpg

今年は映画祭会場での写真は殆ど撮っていませんが、
まずは毎年お馴染み、カレー蕎麦でスタートです。



e0235910_19291852.jpg

3月3日の夕張は、吹雪になったり晴れ間が出たりの不思議なお天気でした。



e0235910_19294576.jpg

ぱんぢゅう屋さんは会場からちょっと離れているので
買いに行けない年もあるのだけれど、今年はタイミングよくゲットです♪



e0235910_19301651.jpg

熱々を頬張るときの、至福感がたまりません!



e0235910_19305578.jpg

昨年のグランプリ作品監督である、小林勇貴氏(※向かって左)が
新作を引っ提げてやってきてくれました。

相変わらず、やんちゃな悪ガキスタイルです。
出演者の裏エピソードも、公には話せないヤバヤバてんこ盛りでした。



e0235910_19314808.jpg

クロージング作品、『哭声/コクソン』に出演されていた
國村準さんもゲストでお越しになっていました。



e0235910_19321749.jpg

長編作品初監督の、“このお方”を見るために
熱烈ファンの女性は朝6時から並んでいたのだとか...
(ちなみに、作品上映は17時30分からでした)



e0235910_19332831.jpg

ティーチインでは、会場全体が撮影大会みたいになっていました。
スマホで動画を録るお人も大勢。

去年の某セーラー服映画の“天使すぎる女優さん”登壇の時は
撮影禁止アナウンスが繰り返し流れていたっけなぁ...
(あの作品、その後どうなったものやら (;^ω^))



e0235910_19345802.jpg

この作品に出演されていた神部浩さんが昔から好きなのです、私。



e0235910_19372637.jpg

今年のグランプリ作品は、残念ながら未見です。



e0235910_19375689.jpg

今年は審査員の一人として参加されていた(※去年は作品ゲストでした)ほたるさん
授賞式のコメントの中で、涙ながらに話されたその内容がずしりと響きました。



e0235910_19384044.jpg

授賞式、残念ながら例年よりも会場に空席が目立つなぁ...



e0235910_19392175.jpg

来年は、行けるかなぁ...かなり怪しくなってきた我が家事情ですが
応援し続けたい気持ちはずっとずっと、これからも。



e0235910_19395282.jpg

※2017年のゆうばりファンタで観た作品※

3月3日(※映画祭2日目/金曜日)
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(監督/パブロ・ラライン)
『逆徒』(監督/小林勇貴)
『blank13』(監督/齊藤工)
『ヨーロッパ企画のショートフィルム大連発2017』


3月5日(※映画祭4日目/日曜日)
『哭声/コクソン』(監督/ナ・ホンジン)
<授賞式・閉会式>
『KARATE KILL/カラテ・キル』(監督/光武蔵人)



********************

以下、北海道新聞2017年3月14日夕刊記事より転載させていただきます。
↓↓↓↓↓

e0235910_19422708.jpg

『ゆうばり国際映画祭閉幕 評価定着 資金面に課題』

第27回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(実行委員会主催、北海道新聞社特別後援)が閉幕した。
再開後、10回目の節目の年になった今年は2日から6日までの期間中、約1万2500人が訪れた。
多くの才能を発掘してきた実績から、国内外で高く評価される一方で、安定した運営に向けた資金確保など
課題も残っている。 (中村公美)

「全国の人たちにSOSを発信する時期にきているのではないか」―。
同映画祭のゲストとして夕張を訪れた俳優の斎藤工は開幕初日の2日、名誉大会長を務める鈴木直道夕張市長に
強く訴えた。斎藤が応援していた「なら国際映画祭」が昨年、市の補助金が全額カットされたため、開催が
危ぶまれたことが念頭にあった。斎藤は「夕張の映画祭は監督をはじめ、多くの映画人を育ててきた邦画界にとって
特別な存在」としたうえで「より多くの人に協力を呼びかけ、100年の単位で存続を考えてほしい」と強調する。

斎藤のように「ゆうばり映画祭」の役割を評価する映画関係者は多い。2010年に初監督作品が北海道知事賞を
受章したことを機に映画の世界に入った韓国のヒョン・スルウ(30)は、昨年の福岡インデペンデント映画祭で
グランプリを受賞するなど国内外で活躍。夕張を訪れたヒョンは「ここで築いた人脈が、作品を製作する力をくれた。
この映画祭との出合いがなければ、自分は今、映画をつくっていない」と話す。
昨年のオフシアター・コンペティションでグランプリを受賞した小林勇貴、2013年から毎年作品が上映されている
酒井麻衣の両監督は、ともに年内に上映作品が公開される。いずれも「夕張」がきっかけのメジャーデビュー。
近年はこうした若手の活躍が顕著だ。

同映画祭の深津修一プロデューサーは、多くの才能を発掘し続けてきた理由の一つを「自治体などの公的な資金を
頼りにしない、民間主導ならではの自由な雰囲気」だとみる。
それは一方で、財政的な不安定さにもつながっている。同映画祭の運営費は人件費や会場費などで最低でも
6千万円が必要だが「毎回確保するのに“綱渡り”の状態」(事務局)。最大の頼りはスポンサーの協賛金だが
「景気に左右される面が大きく、常に不安がつきまとう」(深津プロデューサー)という。

そのため、一昨年から企業や個人から広く寄付を募る「サポーターズ制度」を導入。これまで40口の申し込みが
あるが、収入の柱となるにはほど遠い状態だ。今後は同制度の周知を徹底するほかインターネットを通じて協賛者を
募るクラウド・ファンディングの活用、「ふるさと納税」との連携強化などを視野に入れる。
これまで毎年苦労していたボランティアの人材確保には明るい動きもある。北海学園大が講義と映画祭の参加を
組み合わせて単位取得を認める「地域活性化プロジェクト実習」を初めて実施。昨年の倍近い約100人の学生が
ボランティアとして現地に滞在し、運営を支えた。同大4年の伊藤澄香さんは、総合受付を担当。「東京出身なので
地元の人の温かさが印象的だった。卒業後も観客としてまた帰ってきたい」と目を輝かせた。
実習を企画した同大の西村宜彦准教授は「現場に行くことで、講義の内容が身近なものになったのでは」とし、
来年以降も継続して取り組む考えだ。



『オフコンペ部門グランプリ「トータスの旅」丁寧な人物描写 評価』

ゆうばり映画祭の目玉部門で、若手の登竜門となっている「ファンタスティック・オフシアターコンペティション部門」は、
532本からノミネートされた7本を上映。グランプリを受賞した、父と息子の一風変わったロードムービー「トータスの旅」
(永山正史監督)は、登場人物を丁寧に描いていることや、70年代の音楽をうまく使っている点が評価された。

一方、講評ではノミネート作品全体の傾向について審査員の女優・ほたるから「女性の描き方がひどい。蔑視的な表現が
多すぎるし、女性が男性の欲望、性欲を受け止める存在か、母親としてしか描かれていない」との苦言もあった。
同部門のプログラミング・ディレクターを務めた映画評論家の塩田時敏は「今年のノミネート作品は監督が全員男性だった
こともあり、そのような受け止めもあったのかもしれない。今後は表現の自由は大切にしながら、バランスにも配慮したい」と
話している。



e0235910_19421686.jpg

(※その他、夕張市内で撮影した画像は近日中にアップさせていだだきます)






# by Okamekikurin | 2017-03-14 22:22 | エイガ | Comments(2)
2017年 03月 13日

マイペース


e0235910_17254638.jpg

シジュウカラさん達は、なかなか縄張り意識が強い。



e0235910_17264670.jpg

「美味しいものは、独り占めしたいのだよ~~!」



...しかし。そこに....



e0235910_17280465.jpg

何食わぬ顔で、分け入ってくる鳥がいる。



e0235910_17283591.jpg

...そう、エナガさん。



e0235910_17290514.jpg

エナガさんのマイペースぶりは すごい。



e0235910_17293394.jpg

威嚇されても、ぽわぁ~~~ん (*´ェ`*)



e0235910_17295845.jpg

「みんな なかよく ならんで食べればいーじゃない♪」

...とでも言っているかのような、ぽよん風味がたまりません。



e0235910_17314028.jpg

仕事帰りなアフターファイブ、屋台に並ぶサラリーマンのように

...あ、でも食べているのは焼き鳥じゃないよ(笑)



e0235910_17331810.jpg

エナガさん&エナガさん



e0235910_17333701.jpg

ヤマゲラさんの彼方に、ヤマガラさん。
一文字違いで、ややこしいね (;^ω^)



e0235910_17350094.jpg

異業種コラボ的、ビミョーな距離感たもちつつ。



e0235910_17354706.jpg

逆さも平気、ゴジュウカラさんの特技ですな。



e0235910_17363292.jpg

マイペースといえば、コゲラさんも忘れちゃならない ( *´艸`)



e0235910_17372583.jpg

群れでお越しのアトリさん達でしたが、枝に居た孤独な1羽を。



e0235910_17383989.jpg

(※平成29年2月  Tadashi Shimada The Bird Watching Cafe にて撮影)







# by Okamekikurin | 2017-03-13 17:53 | シャシン | Comments(0)
2017年 03月 12日

過ぎて、なお


e0235910_10194995.jpg

雪ミク電車を見かけるたび、思い出さずにはいられない。



あの年の、3月11日午後

私は 雪ミク電車に乗っていた。



e0235910_10205924.jpg

ふいに、電停でもない場所で 電車が止まる。


運転士さんのアナウンス

振り子のように揺れる車体

不安から、見ず知らずの隣の人と言葉を交わす。



e0235910_10215528.jpg

運転士さんが 電車の運転席でやり取りしている交信
その、あちら側から 途切れ途切れに
客席の自分の耳にも聞こえてきた言葉が

にわかには信じられないものであった。



e0235910_10233341.jpg

忘れられない、忘れてはいけない



あの日と、それからのこと。








# by Okamekikurin | 2017-03-12 10:32 | ツブヤキ | Comments(2)
2017年 03月 10日

ヤヤコカード


某7の付くコンビニのレジカウンターにて。


レジ店員さん:「ナナコカードはお持ちですか?」
Kikurin:「あ。あります。二千円、チャージお願いします。」


お財布からナナコカードと千円札2枚を取り出してアタクシ、
そんでもって そのあと
レジカウンターの店員さんにナナコカードを差し出して
千円札2枚をカードタッチのパネルにかざして。


...はた、と。気づく。



Kikurin:「えっと。ぎ、逆でしたね(赤面)」

レジ店員さん:「うふ。私もやりますよぉ~、それ(笑顔)」


店員さん、咄嗟のフォローありがとうでございまつ。
でもお若き貴女さまは、決してこんな間違いはされないでしょう。
それにしてもアタシ、最近(に限ったことじゃないか)こういうポカが多すぎるなぁ。

だいじょうぶか...じぶん。



e0235910_22551590.jpg

そんな失敗を棚に ぽいっと上げて 小声で言ってしまうけど
カードのたぐいが多すぎるなぁと、つくづく思うわけよね。


ワオン ポンタ サピカ エゾカ スイカ バナナ ナスビ...

って、どっから食べ物に変わってしまったかもワカランじゃないのよぉ~~って感じ。

で、最近はレジでその中の「どれか1枚」を出すのではなくて「それと、これ」の
複合型が増えてきたもんだから、よけいややこしい。
いっそ、ヤヤコカードって名前にしてもらいたいくらいだ。


某Tカードだって、某TショップでDVDをレンタルしたり週刊誌を買ったりするときに
レジで出していた...Tショップ限定と当たり前にそう思っていたけれど
最近、某ファストフード店でも「T~お持ちですか?」と聞かれるし
ガソリン入れた時でさえも「T~お持ちですか?」なので
「へっ??」と思わず二度聞きしてしまったものさね。



Tカード出して、支払いはワオンで、あれっっ?ここはポンタの店だったっけか。
てな状況で、もはや便利なのか混乱を招くだけなのか
そのうち財布の中のカードだけでかるた取りできちゃうんじゃないのかいと

思ったりする 今日このごろ。


あはれ、銭無き我が肥満財布ヨ...( ;∀;)



気を取り直して、歌でも聴こう♪








# by Okamekikurin | 2017-03-10 23:13 | ツブヤキ | Comments(4)
2017年 03月 09日

堅雪の森


e0235910_16075901.jpg

久しぶりに森にお邪魔してみると、残雪もすっかり堅雪になっていました。

陽射しエネルギーがそれを融かすのも
あと少しの時間を待つだけ、でしょうか。



e0235910_16082387.jpg

「はーーーい。先生~~っ!
Kikurinのブログサボりモードが慢性化つつあるようです~!」


...そうなんです。
サボることは、これ実に極楽ぅ~~ん♪


ずるずると、またクローズDaysをひっぱってしまいそうなので
森が「春のかほり」をぐんぐん漂わせる前に
往く冬の、一瞬。そんな頃の空気も感じつつ撮っておこうかな、と



e0235910_16090483.jpg

キクイタダキさんは、すぐに森の奥へ姿を消してしまったわ~。残念!



e0235910_16095844.jpg

エゾリスさんは、そろそろ夏毛への“衣替え準備”かな。



e0235910_16102427.jpg

この森は、ヤマガラさんがいっぱい。



e0235910_16104441.jpg

ゴジュウカラさんも、負けじとやってきます。



e0235910_16110864.jpg

相も変わらず平々凡々な 緩ぅ~~い記事ばかりになりますが
そそそそぉーっと再開いたします。(;^_^A



e0235910_16112998.jpg

(※平成29年3月6日撮影)







# by Okamekikurin | 2017-03-09 16:19 | シャシン | Comments(2)
2017年 03月 01日

弥生前半は


e0235910_18064242.jpg

ブログに載せる自分の画像は何故かパジャマ姿が多いKikurinです こんにちは (*´ω`)


明日から概ね十日間程度、ブログ更新をサボらせて休ませていただきます。
日々お越しいただく来訪者様はほんの僅かな拙ブログですが
ブロガーの(はしくれの)見栄で、お知らせ記事なんぞ書いちゃいます。

何とぞ、ヨロシクお願いいたしますです~ m(__)m



e0235910_18103407.jpg

1週間以上ブログを休むと
復活に気合いが要る ダメダメなアタクシです。

さて、今回はどうなることやら...(-_-;)








# by Okamekikurin | 2017-03-01 18:23 | お知らせ | Comments(8)
2017年 02月 28日

残雪オジロワシ


e0235910_16262594.jpg

(今シーズンは もう会えないだろうなぁ...)と
半ば諦めて行ってみたら

ちょこんと止まっていました。
オジロワシさんの お気に入りの倒木。



e0235910_16275798.jpg

警戒心が強いので、かなり距離を置いて撮影。
この時、タイミングよく西日が射しこんでいました。



e0235910_16285440.jpg

なごり雪も降りながら

それでも北国の春が もうすぐそこまで来ています。



e0235910_16294517.jpg

日によって 或いは 時間帯によって
かなりの気温差がある時期です。

皆さまも体調管理を怠りなくお過ごしくださいませね _(._.)_






# by Okamekikurin | 2017-02-28 16:41 | シャシン | Comments(2)
2017年 02月 27日

丸井さんの「とうまん」


札幌市内に地下鉄もまだ通っていなかった、昭和40年代 前半の頃
たまに「街へ買い物に」出かける母の交通手段は もっぱら中央バスだった。

母が大通方面に出向く一番の目的は、
「カナリヤ」で洋服を作る生地を買い求めるためだった、と思われる。
デパートにも足を運んでいたとは思うが、何せ我が家は相当に貧乏だったので
高価なものは暮らしの中に何ひとつ見当たらなかった。


祖母に遊んでもらいながら、家で母の帰りを待つ。
母の帰りを待つことは、同時に「お土産を待つ」ことでもあった。
“近所の南郷市場”ではない、「街へ」行った母が、
今日は何をお土産に買ってきてくれるのだろう。
ちっぽけな想像の引き出しをパンパンに膨らませながら
それはもう、ワクワクそわそわしたものだ。



ある日、街から戻った母から手渡された土産は
赤いプラスチックの縁取りがついた手鏡だった。
姉と私にお揃いで買う、その小さな手鏡二つだって、
当時の母にしたら悩んだ末の痛い出費であったはず。


が、しかし。
幼い私にとって、赤い手鏡はまるで嬉しくない品物だった。
何故、もっと可愛いものを、もっと大きなものを、
母は 姉と自分のために買ってきてくれなかったのか。
待ちくたびれた寂しさも手伝って、私はその場で大泣きしてしまった。

泣いたら何故だか余計に感情の大波にまみれて悲しくなって、
なんと私はその傍にあった「もうひとつのお土産」の上に
どんと尻もちをつき、繰り返しお尻をぶつけながら潰してしまったのだ。


丸井さん(※丸井今井デパート)の包装紙に包まれた、
その中身が「とうまん」であることを、私はよく解っていた。
あの頃、街のお土産の定番は(我が家では)
ダントツ、「とうまん」だったのだ。
家族皆が、こよなく愛する「丸井さんのとうまん」。
それを、尻もちで潰すことがどれだけ母を悲しませるか
知っていたからなお、母に〈手鏡ショックの八つ当たり〉をしたかった。


あの時、母がどんな表情で愚かな娘の姿を受け止めていたものか
母の様子はまるで記憶に残っていない。
ただただ、自分がとんでもないことをやらかしたという
罪悪感、恐怖感、そういったネガティブ感覚が全身を支配して
更にわんわんと泣き続けてしまったのだった。




e0235910_17354286.jpg

去年の夏、認知症の父の介護疲れによる鬱病で入院した母が
自宅に戻って少しだけ元気を取り戻しつつあった頃
食卓のテーブルでお茶菓子を食べながらふと
「そんなこと、あったんだけどさぁ。お母さん覚えてる?」と
遠い昔の“とうまんエピソード”のことを母に話してみた。


「ええっ? ぜーんぜん覚えてないわ~」と母が笑う。


(いやそもそも、先日の入院中の記憶も、母は全然なくなってるよね)
...という言葉は勿論くちには出さず、
かろうじて笑いあえるそのひとときが、ただただ有難いと感じていた。



『とうまん』。

デパ地下には色鮮やかなスイーツが溢れかえるこの時代にも
丸井さんのとうまんは根強い人気を、今なお保ちつづける。


「丸井さんのとうまんが食べたいなぁ」
何かの拍子に、無性にその衝動にかられるとき私は
大泣きしたあの日の、幼き心のどん底的悲しさ、
小さな茶の間と小さな書斎にはさまれた
窓のない部屋 _ 家族四人の寝室兼 子供の遊び部屋 _ の薄暗さを
旧い映画の僅かなシーンのように思い出す。


もうそれは、手さぐりのおぼろげな断片の記憶でしかないのだけれど。




e0235910_17390032.jpg


【とうまん】(※以下説明文は、「北海道人」サイトより転載させていただきました。)

===============================
はちみつ風味の生地に白あんを入れ、専用の機械で焼き上げる「とうまん」は、
昭和27年に丸井今井デパートで最初に売り出された。
店頭で、ぐるぐる回る機械で作る様子が見られることから、子どもたちに大評判となった。
2号店は、昭和33年に札幌ステーションデパート(現・札幌駅南口地下街アピア)に開店。
カステラのような生地はふわりとやわらかで、ほんのり甘く、誰にでも好まれる味わい。






# by Okamekikurin | 2017-02-27 18:05 | ツブヤキ | Comments(10)
2017年 02月 26日

2015年5月の記録


e0235910_01220898.jpg

「2015年の春」、ということは
すなわち「おととし」になるのですね...
時のながれの早さに、今更ながら驚きです。

この年の 5月の日々は、ものすごく濃厚・濃密でした。

sadaさんフィールドのエゾフクロウさんが 洞から巣立つまで
早朝と日暮れ時、行ける日には髪振り乱して駆け付けておりました。


e0235910_01253552.jpg

最初にお邪魔した日の画像、4月30日の撮影です。

まだ母さんフクロウが抱卵中でした。
洞から尻尾の羽だけがちょこんと見えていて
動きはほぼ、無しでした。


最後に巣立った雛が森の奥へ行くまでの 約ひと月間に撮り溜めた画像を
実は未だに整理していなかったのでした。


e0235910_01274551.jpg

動画をやっとこさ繋ぎ合わせてみましたが、
何せフクロウさんは基本的に夜行性なので
活動を開始する時間帯は概ね暗くなってから。

故に、動画も暗いものが多いわけです。
雛や親鳥に不安を与えてはいけませんから
ライトは勿論使用せず、距離もかなり離れています。

そんなわけで、非常に見づらい動画は約13分。
「ヒマでヒマで気絶しそうだから観てやってもいいよぉ~」
というお方がもしもいらっしゃいましたら
再生してみてくださいネ ↓↓↓

※なお、洞の周りからの野鳥の声や風の音・雨の音・人の声
その他もろもろはそのまま入っています(&フクロウの声も)
再生時には、ボリュームの調整を宜しくお願いいたします。






※YouTubeページからご覧になる場合はコチラです↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=R02Dt9AZQQI



☆Special thanks : sadaさん (^^)/







# by Okamekikurin | 2017-02-26 01:42 | シャシン | Comments(2)
2017年 02月 24日

正面。

e0235910_16323032.jpg

アトリさん正面顔。



e0235910_16324811.jpg

シジュウカラさん正面顔。



e0235910_16331978.jpg

アカゲラさん正面顔。



e0235910_16333934.jpg

エナガさん正面顔。



e0235910_16335990.jpg

ヒヨドリ鉄砲。



e0235910_16341901.jpg

ヤマゲラ鉄砲。



e0235910_16343724.jpg

ヤマガラさんは万歳スタート♪



e0235910_16345920.jpg

うらめしやスタイル。



e0235910_16351795.jpg

キラリンお目目。



e0235910_16353095.jpg

キラキラ雪シーズンも、あと僅か。








# by Okamekikurin | 2017-02-24 16:38 | シャシン | Comments(0)