2011年 03月 10日

空写し ひとり遊びの 雲占い

e0235910_71511.jpg


また空の写真なのぉ~~?
...と言われてしまいそうですが。

何故か、空を撮ってしまいます。
自分でも呆れるくらい、空ばっかり見てます。
空に何があるの?って言われても、空は空でしかないんですけどネ...
「雲があるから」と答えるかもしれない。

e0235910_73958.jpg


同じ空は二度とない
...って、そんなの当り前すぎることなのですが。

だからつい
「残しておきたい」と思ってしまう。
青い空に白い雲、は絵的にはばっちりだけれどそんな日ばかりじゃない。

それはそれで。

ヒトの心も同じかな。

e0235910_75241.jpg


自然の中の空も好きだけど、ビルの向こうの空も好き。
どんなに高いビルが建ったって
空にはかなわない。

e0235910_763119.jpg


木々のてっぺんで羽を休めているのは、カラスかな?
都会にも、野鳥は案外多く生息しているのよね。

e0235910_78759.jpg


列車内から景色を写すのはむずかしい。
何せ揺れるし、カメラや客室の蛍光灯などが写りこんでしまう。
でも。
「二度とない日」
と思うと、それでもいいから、と撮りたくなる。

e0235910_794964.jpg


車窓から景色を眺めるとき
人は何を想うのか

それぞれの人生
それぞれの想い

e0235910_7111458.jpg


「地震が来そうだな...」
この重たい雲を撮りながらふと、考えた日曜日の夕方。

e0235910_712586.jpg


空占い、雲占い。
ルールはテキトウ。
気楽に気まぐれに、私のひとり遊び。



今朝はまたまた白い景色に逆戻りだわ~。

# by Okamekikurin | 2011-03-10 07:26 | 空ト雲 | Comments(6)
2011年 03月 09日

その遅さ アナタの気持ち 痛いほど

e0235910_9282636.jpg


ケータイを新しくしてから ちょうどひと月が経ちました。

いまだから。
正直に告白いたしますと。
買ってから1週間くらいの間は、ホント泣きたい気持ちでした。

「いっそ買い換えようか」
...と、冗談抜きで
そう思っていたんです。ハイ。

これは相当個人差があることで、あくまでも「私個人」がそうだった、ということですよ。
...タッチパネル方式が、こんなにもツライとは思ってもみなかったのです。
何がどうツラかったのかというと、

私はあまりケータイのメイルを打つ方ではないのですが、それでも長いこと使っていますから、ボタンの位置はほぼブラインドタッチで身体にしみ付いていたわけですね。
でも、タッチ方式だと「まず目で場所を確認して」というのが前提なんですねぇ...
これが予想していたよりはるかにはるかに疲れる。
(何せ老眼世代なのでネ)
いや、タッチ方式であっても慣れてしまえばあのツルンと平らな面の「位置」だけでも正確に狙えるのかもしれませんが。自分の使用頻度だと、到底そんなレベルに行けるとは思えません。

そんなわけで、買ってから十日前後のあたりは、目ん玉周辺が痛いのなんのって。
ケータイにメイルが届くと、返信文字数が多くなりそうだったら一旦パソコンでテキスト打ってそれを自分のケータイに送信して転送...という、冗談みたいな恥ずかしいことをしていたんですワ。


...このところ、やっとこさ、慣れてきますた。


でも今、改めて、思います。
「ボタン」とか「でっぱり」とか「ポッチ」とか、そーゆーのはエライ!
地味にそこにあった“彼ら”の存在、役割はでかかった!!!

e0235910_9414622.jpg


# by Okamekikurin | 2011-03-09 09:47 | ツブヤキ | Comments(16)
2011年 03月 08日

“姉自慢” 今年もさせて くださいナ♪

e0235910_89185.jpg


先日、オホブラ百貨店TOKIさんから情報をいただき、お取り寄せしてみました。

鳩ぽっぽ付箋。シンプルなデザインですが、ほのぼのと温かさが感じられます。
使う時に、ウフフと楽しくなりそう。

e0235910_8154213.jpg


折り曲げて、立たせることもできるんですよ。
一言メモを添えて、誰かにココロを伝えてみたい (誰に?何を??(^_^;))

TOKIさん、いつもワクワク情報を有難うです!

※- All About スタイルストア -
 http://stylestore.allabout.co.jp/



e0235910_819084.jpg


コチラ↑↑はMOTOKOさんからいただいた手づくりのつばきオイル石鹸。
お肌に安心&やさしい天然素材です。
プリチ~なニャンコ型。使うのがもったいないですなぁ。

MOTOKOさん、楽しいチロルチョコもありがとうね~。
雪が解けたら飲みに行こうぜよー!


e0235910_822309.jpg


ひと月前に、ひと月遅れで届いた(表現が複雑やな~)誕生日プレゼント。
送り主は、わが姉。
ねぇちゃん、サンキュ♪

メタルエンボッシング、という技法なのだそうで、姉の旧友がこれを作っているのです。
遠い遠いとぉーーーーーーい昔。金魚のフンフンのようにいつも姉にくっついてた私は、姉と一緒にこのお方のおうちにお邪魔したことがありました。
...小学生時代の話です...(激昔(T_T))

e0235910_8271797.jpg


子供心に「ねーちゃんの友達、うつくしやー♪」と思いながら見ていたわけですが。
いまもやはりお美しい女性なのですね~。
ご自分の教室もお持ちなのだそうで。
うー。
なんて素敵。

そしてそして。
この、バード缶の中に入っていたのが

e0235910_8292725.jpg


腕時計。
なななんとこの腕時計には....

e0235910_830213.jpg


ハイっ!
1年ぶりにやらせていただきます!
恒例の(笑)「姉自慢」シリーズでございます。

今年もトールペイントが!

今年はこんなところにっ!

世界に一つの腕時計。
ねぇちゃんありがとー(^^)/

# by Okamekikurin | 2011-03-08 08:45 | アート | Comments(16)
2011年 03月 07日

オムライス 穴は付きもの ご愛嬌

NHKの『スタジオパークからこんにちは』に3月1日ゲスト出演された田畑智子さんが紹介していた明太子風味の「和風オムライス」がなかなか美味しそうだったので、さっそく私もチャレンジしてみました。

e0235910_1144475.jpg

(※画像は2008年のゆうばり映画祭フォトセッションにて。お隣の男性は、いまや全国区の人気者になられた某お方)


■和風オムライスの作り方■
(※スタジオパークからこんにちはオフィシャルサイトより転載)

【材料】(※分量は適量)
卵・牛乳・ピザ用チーズ・バター・明太子・青じそ・ねぎ
ご飯・しょうゆ・塩・こしょう・のり

【作り方】
1、青じそは“細切り”に、ねぎは“みじん切り”にする。
2、熱したフライパンにバターを適量入れ、ねぎをいためる。
3、ご飯を入れ、更にいため、塩こしょうで味を調える。
4、明太子・青じそ・しょうゆを少々を入れいため、一旦取り出す。
5、溶き卵に牛乳・チーズ・こしょうを入れよく混ぜる。
6、熱したフライパンにバターを入れ、5を入れる。
7、程よく半熟になったら、4を中央へ入れご飯を軽く包んだら、皿にひっくり返す。
8、お好みで刻んだのりを乗せたら完成!


e0235910_11492010.jpg


番組で田畑さんが作っていたオムライスは、火を通す野菜は長ネギだけだったのですが、我が家でチャーハンやピラフを作るときは冷蔵庫にある色んなものを適当に刻んでぶち込みます(^_^;)
ヲタク夫が長ネギあまり好きでないという我儘亭主なので、長ネギは少な目。その代わりに、この日は野菜室にあったモヤシ、なばなをザクザクと刻み、ベーコンもあったのでそれも。

e0235910_11543056.jpg


ご経験ある方ならお分かりいただけるかと思いますが、料理を作りながら同時進行で写真撮影を一人で行うのはなかなか大変な作業でございます。
やはりできれば「作る人」「撮る人」二人三脚がよろしいかと。
...しかしさすがにこういうことを夫に手伝ってもらうのはヒンシュクなのでね..
あたふたと進めます。
カメラが濡れたらあかんので、気をつかいます。
手振れはこの際 見なかったことに。

e0235910_11574388.jpg


番組中、田畑さんがお醤油を入れるのを忘れるというアクシデントがありました。
田畑さん、男性アナウンサーに「お願いします!」と後で指示されてました(^_^;)
そう、お料理にはアクシデントが付きものです。

刻んだ青しそは火を止めてから最後に加えて、余熱でさっと軽くあおります。

溶き卵にピザチーズを加えて焼くのがポイントです。
(私は牛乳は使いませんでした)

e0235910_1263735.jpg


お皿に盛りつけたら刻みのりを乗せて完成です。
ポピュラーなオムライスと違いケチャップやデミソースなどは使いませんので、案外あっさりテイストです。

e0235910_12103847.jpg


タマゴは特売日以外はSサイズしか買えない我が家。
ゆえに、オムライス作るときは必死に薄~く延ばします。
...ので、常に破れます(T_T)(T_T)(T_T)

# by Okamekikurin | 2011-03-07 12:25 | 飲む食う | Comments(12)
2011年 03月 06日

「限定」に 弱い私は ヲタク妻

e0235910_8522665.jpg


先日、Myカメラをセンサー清掃お願いしに行って。

朝出して夕方受け取りなもので

さて、と。時間をどうやって潰そうか

e0235910_8541774.jpg


...それにしてもこのビル、なまらカッチョええんでないかぃ。
と、いつ来ても思う おのぼりさんなアタクシ。

e0235910_8555513.jpg


実家の用事を済ませても、まだ時間はたっぷり。
ランチタイムはどこも混んでいるだろうから...

混んでないとこで過ごすに限ります。
そんな時は、ココ。

e0235910_857590.jpg

e0235910_8572697.jpg

e0235910_8574530.jpg

e0235910_858347.jpg


そういえば先々月に、実家の火災警報器が止まらなくなって
こちらの方たちにお世話になったのでした。

感動的にお優しい方たちでした。
母とアタシは青年のバックドラフトなコスチゥムに萌え萌えでした。

e0235910_924081.jpg


こーいぅ場所にもガシャポンがあって。
4種類のまりもっこり君がいました。
受付のおねぃさまに「あのー。この4種類は何がどう違うんだべか?」と訊いたら
その1つを指して「コレだけは、ここ限定なんですYO♪」とおっしゃるものだから
「ならば、これ」

と、限定もっこりを
つい、つい(^_^;)
(『限定』好きなヲタク夫を責められんナ)

あ、欲しいお方がいらっしゃいましたら、差し上げますデスよ。「限定もっこり」(^^)

e0235910_951186.jpg

e0235910_953036.jpg

e0235910_95403.jpg

e0235910_954952.jpg


もうすぐ開通なんですねー。

# by Okamekikurin | 2011-03-06 09:11 | ツブヤキ | Comments(4)
2011年 03月 05日

やはり撮ってしまった@ゆうばり映画祭番外編

e0235910_10195035.jpg


ゆうばりに向かう途中に通る、K町の某所で...
今年もやはり車を停めてしまいました...

e0235910_10343811.jpg


新雪と空がとても綺麗だったもので...
...って、撮りたいのは「建物」の方ですホントはね。

e0235910_1036176.jpg


ゆるやかに朽ちつつなお、建物はひっそりとそこにありました。
勿論、除雪などは入っていないので、深い積雪に阻まれて建物までは行けません。

e0235910_10383715.jpg


いや、雪があってむしろ良かったというべきでしょう。
これで雪がなければ私はまたしてもこの建物に引き寄せられてしまうことになり...

e0235910_10401120.jpg


映画祭どころじゃなくなってしまったら、本末転倒ですからねぇ。
歩道から、しばし見つめ合って、建物とはお別れしました。

e0235910_10414647.jpg

e0235910_1042461.jpg


そう、とにかく映画祭に行かなくちゃ~~~!

(※平成23年2月26日午前撮影)



旧ぜんまい時代に、思わずここに入ってしまったのは いつの事だったかなぁと。
ハードディスクの中を探してみました。
...おととしの10月でした。
その時に撮影した一部↓↓↓

e0235910_10445055.jpg

e0235910_1045453.jpg

(※平成21年10月12日撮影)

# by Okamekikurin | 2011-03-05 10:53 | エイガ | Comments(12)
2011年 03月 04日

平成23年2月26・27日@ゆうばり映画祭

e0235910_9245012.jpg

e0235910_9251049.jpg

e0235910_9252017.jpg

e0235910_9252965.jpg

e0235910_9254159.jpg

e0235910_9255267.jpg

e0235910_926532.jpg

e0235910_926233.jpg

e0235910_9263269.jpg

e0235910_926454.jpg

e0235910_9265495.jpg

e0235910_927514.jpg

e0235910_9271849.jpg

e0235910_9274262.jpg

e0235910_9281064.jpg

e0235910_9282260.jpg

e0235910_9283316.jpg

e0235910_9284732.jpg

e0235910_929238.jpg

e0235910_9291673.jpg

e0235910_9293083.jpg

e0235910_9294019.jpg

e0235910_9294980.jpg

e0235910_11312490.jpg

e0235910_9295917.jpg

e0235910_930935.jpg

e0235910_9301820.jpg

e0235910_9305368.jpg

e0235910_931399.jpg

e0235910_9311240.jpg

e0235910_9312625.jpg

e0235910_9313858.jpg

e0235910_9314944.jpg

e0235910_9315868.jpg

e0235910_932993.jpg

e0235910_9322043.jpg

e0235910_9322985.jpg

e0235910_9324086.jpg

e0235910_9325357.jpg

e0235910_933286.jpg

e0235910_9331298.jpg

e0235910_9332456.jpg

e0235910_9333721.jpg

e0235910_9334757.jpg

e0235910_934174.jpg

e0235910_9341028.jpg

e0235910_9342083.jpg

e0235910_9343419.jpg

e0235910_934434.jpg

e0235910_9345265.jpg

e0235910_935714.jpg

e0235910_9351656.jpg

e0235910_9352699.jpg

e0235910_935359.jpg

e0235910_9354527.jpg

e0235910_9355653.jpg

e0235910_936567.jpg

e0235910_9361554.jpg

e0235910_9362491.jpg

e0235910_11314261.jpg


≪Special Thanks≫N@北方支部ご夫妻 
梅酒っ♪♪ 大変美味しくいただいております!
来年こそはっ!夕張の熱い夜を熱く熱くご一緒いたしましょ~!(*^。^*)

e0235910_10195528.jpg

e0235910_1020950.jpg




===============
◆二日間で観た作品◆
『孫文の義士団』(監督:テディ・チャン)
『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』(監督:エドガー・ライト)
『HELLDRIVER<インターナショナルバージョン>』(監督:西村喜廣)
『彗星の降る夜に-バイオ・サバイバル@JK-』(監督:やなぎさわやすひこ)
『極道兵器』(監督:坂口拓、山口雄大)
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(監督:本田隆一)
===============


日活が立ち上げたという「SUSHI TYPHOON(スシタイフーン)」レーベルの勢いが印象的だった今年のゆうばり映画祭。私は二日間のみの滞在でしたが、『HELLDRIVER』そして『極道兵器』の2本を観ることができました。『極道兵器』の原作は、永井豪とともに一時代を築いた漫画家、故・石川賢。
監督・主演である坂口拓が首の骨を折ってまで挑んだというアクションシーンは必見。故・川谷拓三の魂がそのまま入り込んだかのような仁科貴(川谷拓三のご子息)の演技にも注目でした。
既にパート2の企画も進められているという『極道兵器』、とことん楽しめる作品です。
(ちなみ多分、R15くらいでしょうか?...その理由↓↓)
ネタバレになりますが、“おっぴろげミサイル”(←山口雄大監督的表現)にはぶっ飛びました。
全裸女性(ポールダンサーでもある、泉カイさんが演じています)が“兵器”となり、文字通り“おっぴろげた”その部分から発射されるわけです。ありえなさすぎて、笑えます。笑うしか、ありません。
こういう映画に出会えてこそ、ゆうばり映画祭、なわけです。
『極道兵器』、最高でした!くれぐれも、お子様とはご覧にならないでネ。


「SUSHI TYPHOON」とは・・・
(※ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフィシャルサイトより転載)
2008年、北米を中心に海外の映画ファンを虜にした、驚愕なゴア・アクション作品『片腕マシンガール』(井口昇監督)と『東京残酷警察』(西村喜廣監督)が海外DVDセールスで驚異的なセールスを記録した。その作品を生み出した配給会社とその一団が、さらに作品のテンションを最大限に引き上げた映画を連打するため、日本初の本格的海外征服レーベルを立ち上げた。ターゲットは北米を中心にした海外。アクション、バイオレンス、ホラー、コメディ、そしてLOVE!世界の映画ファンが観たいと思う日本映画を提供するレーベル軍団。いま日本のクリエイターでとても活きの良い、新進気鋭を含む一癖、二癖もあるまさに旬な寿司ネタのような監督・スタッフ・キャストを起用し海外で台風を巻き起こす。


SUSHI TYPHOONレーベル『HELLDRIVER』


# by Okamekikurin | 2011-03-04 10:44 | エイガ | Comments(10)
2011年 03月 03日

我が家の大移動@ゆうばり映画祭

「一泊くらいなら、家で留守番させられないの~?」
というお声はちょくちょく聞こえてまいります。

がっ。

...そんなワケにはまいりませんのです我が家の座敷鳥。
今年も夕張滞在中は『小鳥のお宿りぃふ』さんにお世話になりました。

例年は、映画祭に行く前日にトリ達を預けに札幌へ行っているのですが。
今年はヲタク夫の休みの都合上、夕張入りする当日朝に一旦札幌へ。

オカメインコ達は車移動にあまり動じません。
不意の地震には大パニックになるのですが、予め「動く」ものだとわかってしまうと案外その状況を楽しめるようです。
...しかし、びび太@ヨウムはこれが全然ダメ。
身体が大きい分、リアクションもでかいので、雪解けの轍(わだち)だとか急なカーブだとか、いちいち大騒ぎの巻になります。
仕方がないので

e0235910_6451056.jpg


ケージ抱っこスタイルで札幌までGO~~~。
GO~(T_T)
GO~(T_T)

e0235910_6462079.jpg


びび太のケージは、オカメインコ達のそれよりも勿論重たいです。
びび太を迎えた最初の頃は「こりゃ宿泊旅行なんて無理かのぅ..」と思ったりもしましたが。
やればできる。
やれば慣れる。

e0235910_6475550.jpg


...ま、なんとかなるもんなのですねぇ~。
...って、視界は不良ですな。

転勤のときも、毎度このスタイルで移動しております我が家(^_^;)

e0235910_6491059.jpg


隣のケージはオカメインコのぱけ。
助手席に、オカメインコのゆうちゃんが乗ってます。シートベルト着用です♪

e0235910_6504894.jpg


毎回、『小鳥のお宿りぃふ』さんにトリ達をお願いして(今年は二泊三日)家に戻ったあとの「彼ら」はしばしの間とってもとっても上機嫌。
おそらくそれは
【Kikurin家の日常】→→→ ほぼ放置プレイ
【りぃふさんの数日】→→→ コミュニケーションたっぷり
この違いによる「余韻効果」と思われます(~_~;)


e0235910_6563175.jpg


ゆうちゃんの冠、なみへいチックですな。

e0235910_657483.jpg


なんでもいいから「紙」が好き。

e0235910_6582346.jpg


もぐるの好き。

e0235910_658504.jpg


のせるの好き。

e0235910_6591229.jpg


e0235910_6593487.jpg


かくれんぼ好き。

e0235910_6595594.jpg


紙と話すの好き。

e0235910_701985.jpg


平成10年生まれのゆうちゃん。
インコ年齢では、もうすっかりおじいちゃんなんですネ...。

# by Okamekikurin | 2011-03-03 07:16 | エイガ | Comments(10)
2011年 03月 02日

夕張なヒトビト@ゆうばり映画祭

ゆうばりに行くと、いろんな人に出逢います。
いろんなカッコしている人が
いろんな場所にいるので
ちょっとやそっとのことでは驚きません。

例えば↓こんな↓ヒト。

e0235910_8132692.jpg


e0235910_8133850.jpg


「んもう~、やんなっちゃうのよー。アタシもう信じられなーい!」
...と、言っているかどうかはわかりませんが。

e0235910_8154230.jpg


こんなお人もいますよ~。
正義の味方か、悪の味方か、どっちにしても強そうには見えない...(^_^;)

e0235910_8182116.jpg


ゆうばり乙女は皆さんミニスカです。
(え?マヂ?)

e0235910_8193291.jpg


ゆうばり式の挨拶です。
当たり所によっては激痛を伴います。

e0235910_8202999.jpg


とりあえず記念撮影なんかもしちゃいます。
どんなコラボなの~。

e0235910_8223730.jpg


うゎっ。
そんなとこ見ちゃっていいんですか~。
知られざる、メロン熊の舞台裏!

e0235910_8233820.jpg


真剣に覗いております。
ナルホドナルホド。メロン熊の脳ミソはメロン果肉でできているのか~。

e0235910_8243024.jpg


メロン熊脳内記念撮影。
禁断ですな。

e0235910_825729.jpg


もう何度もゆうばり映画祭にいらしている水井真希ちゃん、の美脚です。
(※お名前でググるとえーぶいなサイトにバッシバシ飛びますので、変なサイトで地雷踏まないようにお気をつけてネ)

e0235910_8273763.jpg


おまぬけなショットだ...
どっちも闘う意欲は皆無と思ワレ..

e0235910_8283731.jpg


セルフな営業の『電人ザボーガー』様。
...もうハガキをもらってくれる人もいなくなって...

e0235910_8292480.jpg


最後にはまとめてどなた様かのバッグに突っ込んでおりました(^_^.)

e0235910_830325.jpg


ええ。
私もいっぱいもらいましたデス。

# by Okamekikurin | 2011-03-02 08:36 | エイガ | Comments(6)
2011年 03月 01日

カレー蕎麦@ゆうばり映画祭

映画祭滞在期間中の食事(※自分の場合)は、ホテルバイキングの朝食以外、昼および夜に関しては殆どがコンビニや売店で調達したものを上映の合間にお腹に詰め込む、というパターンになります。

しかし今年は珍しいことに、到着した日の昼と翌日の昼、どちらも「ちゃんと」お店でいただきました。
しかも、二日ともカレー蕎麦(笑
カレー蕎麦の元祖として超有名だった某蕎麦屋も今はなく。
それは本当に残念ですが、今年はずいぶんとあちこちのお店でカレー蕎麦をメニューに加えて“ゆうばり名物”としてアピールしていこうと頑張っているようですね。

e0235910_8351410.jpg


お店が変わると勿論ちょっとずつ中身(味・辛さ・とろみ加減etc)も違うようです。
それぞれの味を楽しむのもまた、面白いかな、と思ったり。

e0235910_8364953.jpg


夫が食べていた『豚丼』もなかなか美味しそうでしたよ。

e0235910_8372945.jpg


カレー蕎麦はたっぷりの玉ねぎが特徴的です。
出汁が効いてて甘さもあるけれど辛みもなかなか。
後半は汗がじわじわとにじみ出ますヨ。

e0235910_8393561.jpg


去年も散策の合間に立ち寄った、地元ご婦人たちによるアットホームなエリアで『お汁粉』を。
このお汁粉は100円です。
おにぎりは、なんとたったの50円。
ありがたや~。

e0235910_8411920.jpg


『石炭シュークリーム』は確か去年も食べたかな?
あ、そういえば今年は『シネガーまんじぅ』買うの忘れたな~~。



e0235910_8433840.jpg


映画祭ネタではないのですが。
↑コチラ↑の本を、すでに買われたお人もいらっしゃるでしょうか。

本屋さんで一度手に取って、いったんは戻したけれど、
「う~~ん、やっぱり買わずにはいられないっ」
(^_^;)
(^_^;)
(^_^;)

e0235910_8451347.jpg

e0235910_8452882.jpg

e0235910_8454523.jpg

e0235910_846122.jpg


管内の、すっかりおなじみ あの場所orこのお店がっ!(嬉嬉)
...ビミョーに、自分がいつも歩いている通りが出ていたりもするわけですが。


それにしても、この本に登場しているさまざまなお店を拝見していると
自分も随分といろいろ行ったもんだなぁ...としみじみ感じましたね~。
旧ぜんまい仕掛けの頃は、「ブログネタにしたくて」あちこち行ったりもしたものだわ(懐)
今はそんなことも全くなくなってしまったが.....(ブロガー失格ナリYo)
ブログを始めるもっと以前に、ヲタク夫にくっついて訪れたりした「ヲタクなお店」も幾つか載っていて、何とも懐かしい思いで眺めておりました。

あ、旧ぜんまい時代にアップした↓ココ↓も載ってましたよ~。

e0235910_8515657.jpg


覚えている方、いらっしゃいますか.....(^_^;)

ここは強烈だったなぁ...
エロも、極めれば芸術。
そんなことを思って、あの日は会館を後にしたのでした。


平成20年8月に撮影した画像の一部↓↓

e0235910_8533928.jpg


e0235910_8535136.jpg


また行きたいわー。

# by Okamekikurin | 2011-03-01 09:01 | エイガ | Comments(8)