2017年 02月 09日

すぴぃくいんぐりっしゅ


e0235910_09243006.jpg

冬の国際的大イベント、『雪まつり』が絶賛開催中の札幌です。


世界の色ぉぉ~~んなお国から、
観光客さまが どどどっどどどっとお越しになっているようです。



e0235910_09253865.jpg

さて、大通11丁目の会場では
今年も行列ができていますねぇ...雪ミクグッズのオフィシャルショップ。



e0235910_09262791.jpg

ここ何年か、初音ミクの人気というのは、とにかくものすごい(らしい)

「わかるひとにはわかるがわからないひとにはぜんぜんわからない」その世界の、
ちなみにアタクシは後者ですが ( *´艸`)
ミク発祥の地、北海道に住んでいる者として
この「ミク現象」はとても興味深いのであります。



e0235910_09245926.jpg

今年の雪ミクさん雪像。



e0235910_09272282.jpg

ヒトがはいりこまない画を撮影したい人は、
ゆずり合い精神で順番待ちです。



e0235910_09280457.jpg

空港もさぞや賑わっていることでしょう。



**********

話はちょいと変わりますが
平日の午前中に雪まつり会場を訪れると
小学生の校外学習(というのかな?)な団体様とあちこちで遭遇します。
キッズたち それぞれの手には、雪まつりレポを記入するための用紙や筆記具が。

さて、この日出会ったキッズたちの実習課題の一つとして
【外国のお方に英語でインタビューする】
という必須項目があったらしい。

担任の先生による現地説明の後、ちりぢりになった数人グループのキッズたちが
あちこちで一斉に課題をクリアすべく行動を始めるので
立て続けに3グループの、外国のお人へのインタビュー場面を
至近距離でお目にかかることとなったわけで。



e0235910_09295373.jpg

英語での質問内容は予め決められていて

「どこから来ましたか?」
「日本に来た目的は何ですか?」
「日本は好きですか?」

というような感じだった。


聞き取った答えをキッズたちそれぞれがメモし、
最後にお礼と挨拶...という流れなのだが


オバちゃんの驚きは、ね。

キッズたちの英語の発音が スんバラシク良い!!!

...ということなのであ~~~る。

いや、そもそも何をもってして「良い」と言っているのかも
ツッコまないでネお願い状態なんだけど、さ (;´▽`A``


少なくとも、私が中学1年生で初めて学んだ英語
あの頃のPPAP(笑)とは比べ物にならない
滑らかな はちゅおん であることは断言させてください。


やっぱ、学び始めるのは少しでも若い時期がいいのかなー。
自分が学んだ当時の英語授業って、そもそも会話に結び付かなかったし...

な~んてことを、会場を歩きながら考えたもんさね。



e0235910_09302655.jpg

そういえば、つい先日
私が住む街の、隣にある某有名温泉街で開催された『湯まつり』の会場で
総勢100名ほどのフンドシ姿の若者が
騎馬戦スタイルでお湯をかけあうという
温泉街ならではのイベントを拝見したわけですが

ギャラリーでは大勢の、いわゆるインバウンドの方達が押すな押すな状態に。

「湯かけ合戦を至近距離で見るとお湯がかかってしまうので後方にずれてくださいっ!」と

スタッフのオジサンがそれを海外からのお客さまにも伝えたいのだが
なんせかんせ英語が喋れないわけネ ( ;∀;)
苦肉の策で、オジサンは湯桶を手にしながらジェスチャーを交えて

「おユ~~~、ジャーバジャァバ~~~! ジャバジャァヴァァァ~!!」と

妙な抑揚で叫んでいらっしゃいました (;^ω^)


毎年おそらく同じような状況になるのでしょうから、
英語の定型アナウンス作って必要に応じて流せばよいのになぁ。
...と、素朴に感じたひとこまでありました。



英語って、やっぱ喋れるようになりたいものですねー (*゚ー゚*)



e0235910_09310224.jpg

さっぽろ雪まつり会場の、私が立ち寄った売店では
おわか~~いキュートなおねぃさんスタッフが
フツーに、そりゃもう、ごくフツーに。
外国人のお客さまに滑らかぁな英語で対応されていました。

あまりにも素敵だったもので、1枚撮らせていただきました。
Webなのでお顔をお見せできないのが残念です。
咄嗟にポーズも作っていただき、オバサンなまら感激したべさ~ (≧∇≦)








# by Okamekikurin | 2017-02-09 10:00 | イベント | Comments(4)
2017年 02月 07日

睦月暮色


e0235910_21464140.jpg




e0235910_21465192.jpg




e0235910_21470267.jpg




e0235910_21471257.jpg

(※平成29年1月8日撮影)








# by Okamekikurin | 2017-02-07 04:53 | シャシン | Comments(0)
2017年 02月 06日

ヒトツニ、ナリタイ。その2(※閲覧注意※)


e0235910_10034679.jpg

2月3日の記事からの続きで
同様にレトロスペース坂会館さんにての撮影画像です。


若干のアダルトテイストを含みますので
以下のスクロールは くれぐれも
お好みで 宜しくお願いいたします。

m(__)m m(__)m m(__)m



e0235910_10074887.jpg




e0235910_10075819.jpg




e0235910_10080951.jpg




e0235910_10082036.jpg




e0235910_10083141.jpg




e0235910_10084143.jpg




e0235910_10085104.jpg




e0235910_10090271.jpg




e0235910_10091449.jpg




e0235910_10092602.jpg




e0235910_10093679.jpg




e0235910_10094586.jpg




e0235910_10095578.jpg




e0235910_10100734.jpg




e0235910_10101911.jpg

(※平成29年1月26日撮影)








# by Okamekikurin | 2017-02-06 10:18 | シャシン | Comments(0)
2017年 02月 05日

まだまだ続くよ


e0235910_13011347.jpg

雪だねぇ~~。



e0235910_13013262.jpg

雪見朝食♪



e0235910_13015090.jpg

さて、今度は何処へ...



e0235910_13021507.jpg

おいしそうだねー。

オバサンも、お腹ぐーぐーだよぅ~~ ( ;∀;)



e0235910_13031484.jpg

しゅたた、たたたっ。



e0235910_13033528.jpg

むぎゅっ。

暦の上では立春を迎えたけれど
森の冬はまだもう少し、続くのだよー。








# by Okamekikurin | 2017-02-05 06:12 | シャシン | Comments(0)
2017年 02月 04日

“見える”


e0235910_07005822.jpg

昨日の朝、ヨウムの「びび太」が
じ~~~っと ず~~~っと
居間の天井方向を見上げていた。


何かを見つめているようで、
そうしたら いきなり
相槌を、誰かに打っていた。


...だ、だ、誰が、そこに???



そういうことが、たまに。ある。




e0235910_20231534.jpg

もしかしたら、
「見えていない」のはヒト科だけで
「見えている」ことが当たり前

...なのだったりして (;^ω^)



e0235910_20243390.jpg

常に、ランダムなカットをしてくれます。
ありがたや~ ありがたや~ ( ;∀;)







# by Okamekikurin | 2017-02-04 07:02 | トリ | Comments(2)
2017年 02月 03日

ヒトツニ、ナリタイ。(※閲覧注意※)


e0235910_19174848.jpg

不定期的にお邪魔させていただいている
『レトロスペース・坂会館』さん。


ここで過ごす時間は
自分の内の、自分 と向き合うためのもの。


お人形さん達を通して、自分を感じ
ささやくこえに 耳を澄ませる。
贅肉のない裸像のシルエットに
過ぎた年月の数字を重ね見る。


垢も、塵も、涙も、錆も、時と生の勲章。


(※このカテゴリ、苦手なお方は 以下の画像はスルーしてくださいませね。)



e0235910_19190796.jpg





e0235910_19191749.jpg





e0235910_19192802.jpg





e0235910_19193885.jpg





e0235910_19194843.jpg





e0235910_19200085.jpg





e0235910_06422472.jpg

近日中に(その2)をアップさせていただく予定です。
万一、不快に感じられるお方は
しばらくの間、拙ブログにお立ち寄りいただかぬことを
おすすめいたします、です。(;^_^A










# by Okamekikurin | 2017-02-03 06:08 | シャシン | Comments(0)
2017年 02月 02日

バレた!?


e0235910_15434747.jpg

「つまみぐいしてたの なんでバレたのかなぁ~??」







# by Okamekikurin | 2017-02-02 15:44 | ツブヤキ | Comments(0)
2017年 02月 01日

カラ・カラ・カラ


e0235910_09383065.jpg

朝の森で、いつも元気に登場してくれる「カラ」さん達。

ちっちゃな個体だけれど、ぴゅんぴゅんと飛び交って
とても愛らしい。(そして結構やんちゃでもある( *´艸`))



e0235910_09414851.jpg

にらみ合い? ゆずり合い??
ゴジュウカラさんとハシブトガラさんがお見合い状態。



e0235910_09425653.jpg

ゴジュウカラさんの定番ポーズ♪



e0235910_09433190.jpg

ん、しょっ!



e0235910_09435796.jpg

ヤマガラさんも、いってらっしゃ~~い ( ^^)/~~~






# by Okamekikurin | 2017-02-01 09:51 | シャシン | Comments(2)
2017年 01月 31日

海のまち、雪のまち


e0235910_08542549.jpg

海風の吹く街に越してきたのは、おととしの秋。


海のみえる街で暮らすのは、生まれて初めてのことだったから
「海だぁ~」「すごいわ~」と、
いちいち声を上げていた。越してきた当初。



e0235910_08545325.jpg

きっと、それでも、いずれ

彼方の水平線や波しぶき、飛び交うカモメも
それらは見慣れた景色となり、

暮らしに在る、海、が 当たり前になったら
海の写真も撮らなくなるのかな...なんて思ったり。



e0235910_08553054.jpg

だけど、ここに来て一年が過ぎてもまだまだ
日々の、海の表情には驚きがいっぱいなのだ。



e0235910_08555730.jpg

次の転勤で、或いは親の介護関係で この街を離れて
そうしてさらに時間が過ぎれば おそらく
この景色も たまらなく懐かしく感じられるのだろう。



*******


e0235910_08562471.jpg

そんな暮らしの中、久しぶりに真冬の空知へ向かう。


豪雪地帯、空知。



e0235910_08564844.jpg

住んでいた二十年余り、雪景色はうんざりするほど見てきたし
雪に泣かされ 雪を恨み 雪が怖いと感じることも多々だったけれど


やはり、改めて見ると。雪はステキだ。



e0235910_08572594.jpg

「雪はもう、いらないっ! 勘弁してよ~~!」とか
雪かき疲れと除排雪なき道を歩くことに辟易する
毎年一月二月あたりには決まってそう言っていたのに


こんなにも、感動してしまうなんて。
こんなにも、新鮮だなんて。



e0235910_08575550.jpg

自然の創る 色と形のシンプルアート。
ただただ、見入ってしまう。



e0235910_08585031.jpg

新十津川へは、一日に たったの一往復になってしまった鈍行列車。

それすら無くなるなんてことを 思いたくは、ない。






# by Okamekikurin | 2017-01-31 09:33 | シャシン | Comments(4)
2017年 01月 30日

ももひき


e0235910_06060368.jpg

オジロワシさん達の“ももひき”って
すごく立派であったかそうだ (*´▽`*)



e0235910_06070807.jpg

白鳥さんのももひきは
かなり短め。

もふもふももひきだったら
泳ぎづらいものね...



e0235910_06082468.jpg

昔、こういう裾のジーンズを穿いていたような記憶が ( *´艸`)







# by Okamekikurin | 2017-01-30 06:12 | ツブヤキ | Comments(0)