ぜんまい仕掛け

pakeokame.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 16日

停まらない駅


e0235910_05504837.jpg

普通列車に乗っていても、この駅に停まったことがないので
不思議に思ってWeb検索してみたら、情報がいっぱい出てきました。

なるほど、なるほど。
歴史を知る...知れば知るほど、更に知りたくなるものですね。


以下、ウィキペディアから転載させていただきます。↓↓↓


==========

陣屋町駅(じんやまちえき)は、北海道室蘭市陣屋町2丁目1番地にある
日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線の貨物駅である。
当駅は、臨時の車扱貨物の取扱駅となっている。
2008年(平成20年)3月15日のダイヤ改正により、貨物列車の設定が廃止された。


〈歴史〉
かつては旅客営業も行っており、駅前面に広がる陣屋海水浴場の最寄駅として
夏季を中心に賑わったが、室蘭港拡幅に伴う埋め立て工事によって海水浴場が閉鎖。
また、1968年に行われた陣屋町・崎守間の複線化・経路変更によって
ホームの撤去が必要になり、1970年に旅客営業が廃止され、貨物駅となった。

==========



e0235910_05535826.jpg


貨物列車が通過していきました。


この街に来て、3年目の自分
まだまだ知らないことだらけです (._.)






by Okamekikurin | 2018-04-16 06:00 | ツブヤキ | Comments(2)
Commented by ibakasumi60 at 2018-04-16 21:11
寂しい風景ですね。
埋め立てが原因と言う事でしょうか。
海水浴場も廃止となって。
人が来なければ駅も廃れます。
走る電車は過疎地を横目に素通りですか。
妙に電車だけがハイカラに見えます。
寂しいですね。
Commented by Okamekikurin at 2018-04-16 23:14
★ibakasumiさん★
リスさんのフィールドへ行く際に、バスもしくは家のクルマ、それか普通列車を利用しているのですが、
列車で行くときにはいつも車窓からこの駅を見ていたのです。
トンネルとトンネルの合間に一瞬、という感じなのですが、
何せ普通列車が停まらないので今回は家のクルマで行ってみました。

鉄道好きな方たちには秘境的に地味に人気のあるスポットのようです。
かつては賑わっていたのだろうなぁと、街の様子を思い描きながら
貨物列車が通過するシーンを撮りたくてしばし待ちました(笑)
近くの林は鹿のフンがものすごい数で、歩くのが大変でした(;´Д`)


<< 定番!      羨望 >>